「ロックマンシリーズ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ロックマンシリーズ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *ロックマンシリーズリンク
 #contents(fromhere)
 ----
 **ロックマンシリーズ
 ***ナンバリングタイトル
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''本編''|
 |>|FC|[[ロックマン]]|シューティング性を持つ骨太アクションがウリの記念すべきシリーズ第一作。&br;ボスの武器を使って攻略するゲーム性と斬新さが評価された。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン2 Dr.ワイリーの謎]]|ボリュームと遊びやすさがUP。歯応えは健在。後のシリーズの礎を築いた。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?]]|様々な要素を追加・再調整。操作性などが良好で遊びやすくなった。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン4 新たなる野望!!]]|溜め撃ちの登場により、デフォルト仕様が充実。以降のシリーズのスタンダードに。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン5 ブルースの罠!?]]|個性豊かなギミックと多数のプレイヤーサポートを搭載したFCロックマンの集大成。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン6 史上最大の戦い!!]]|どこか地味ながらも、良質な出来は相変わらず。ファミコン最後のロックマン。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|SFC|[[ロックマン7 宿命の対決!]]|SFC移行、ライバル登場、シリーズは新たな展開へ。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|PS/SS|[[ロックマン8 メタルヒーローズ]]|新ハード移行で、演出・システムが大幅に向上した。SS版は追加要素あり。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|Wii/PS3/360|[[ロックマン9 野望の復活!!]]|COLOR(blue){DL専売。}まさかのFCグラで帰ってきたロックマン。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン10 宇宙からの脅威!!]]|COLOR(blue){DL専売。}FCグラで再び登場、シリーズ初のイージーモード搭載。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|PS4/Switch/&br;One/Win|[[ロックマン11 運命の歯車!!]]|シリーズ30周年記念作。久々の最新グラフィックと新システムをひっさげて帰ってきた。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''移植・リメイク''|
 |>|MD|[[ロックマンメガワールド]]|『1』~『3』のリメイク。新ステージが追加されたが、操作性に違和感あり。|なし|
 |>|PS|[[ロックマンコンプリートワークス]]|『1』~『6』の移植。残念な事にバラ売り。|なし|
 |>|PSP|[[ロックマン ロックマン]]|PS版『1』のリメイク。新ボスも追加。&br;ステージ自作もできボリューム満点だが、ポップな絵に反して高難易度。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|3DS/PS4/One/&br;Win/Switch|[[ロックマン クラシックス コレクション]]|『1』~『6』の移植。&br;ステージを再構成したチャレンジモード、設定資料などを集めたミュージアムモードを搭載。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|PS4/One/&br;Win/Switch|[[ロックマン クラシックス コレクション2]]|『7』~『10』の移植。チャレンジモード、ミュージアムモードも引き続き搭載。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||Switch|ロックマン クラシックス コレクション 1+2|『クラコレ1』のゲームカードと『クラコレ2』のダウンロード版のセット。&br;『クラコレ1』収録作にプレイをやり直せるリワインド機能を搭載。||
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''番外編''|
 |>|SFC/GBA|[[ロックマン&フォルテ]]|シリーズ外伝。選べる2人の主人公と歯ごたえのある難易度。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|WS|[[ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者]]|コンロマン! ダンガンマン! エアコンマン! コンパスマン! コムソウマン! クロックメン! その名から、お察し下さい。|BGCOLOR(khaki):シリ不|
 
 ***ロックマンワールドシリーズ
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |GB|[[ロックマンワールド]]|どこでもロックマン。携帯機デビュー。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |~|[[ロックマンワールド2]]|ステージは増えたが、なんか違う?|なし|
 |~|[[ロックマンワールド3]]|良外注再び。ワールドシリーズ髄一の高難易度。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |~|[[ロックマンワールド4]]|盛り込まれた新要素は本編にも影響を与えた。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |~|[[ロックマンワールド5]]|ワールドシリーズの集大成にして完全オリジナル作品。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 
 ***アーケード
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|AC|[[ロックマン ザ パワーバトル]]|ボス戦を切り抜いてアーケードにロックマンがやってきた!&br;難易度はロックマンらしかぬ低さだが、その分気軽に楽しめる。&br;CPシステム基板で作られた最後のゲームでもある。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン2 ザ パワーファイターズ]]|『8』よりデューオが先行参戦、ロックマンの必殺技「ロックアッパー」が初登場。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||PS2|ロックマン パワーバトルファイターズ|AC2作のカップリング移植。||
 |>|NGP/NGPC|ロックマン バトル&ファイターズ|ネオポケ唯一のカプコン作品。FCレベルのグラフィックながら面白さはAC譲り。||
 
 ***その他
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |FC|[[ワイリー&ライトのロックボード ザッツ☆パラダイス]]|二人の博士が主役なボードゲーム。&br実はロックマンの出番はほとんどない。|なし|
 |SFC|[[ロックマンズサッカー]]|Jリーグブームに乗っかってロックマン達のサッカーもキックオフ。&br''量産されたロック''が見れるのはたぶんここだけ。|なし|
 |PS|ロックマン バトル&チェイス|レースゲーム。知ってる人は知っている名曲「風よ伝えて」の初出作。||
 |PS/SS|[[スーパーアドベンチャーロックマン]]|アニメーショングラフィックをQTEとFPSで進むアドベンチャー式ロックマン。&brクイックマンが倒せない。|なし|
 
 &br
 **ロックマンXシリーズ
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''本編''|
 |>|SFC/Win|[[ロックマンX]]|更なる未来を舞台とした、第2のロックマン。&br;ダッシュと壁蹴りでステージを駆け抜ける爽快アクションで新機軸を生み出す。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||PSP|[[イレギュラーハンターX]]|新訳・ロックマンX。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|SFC|[[ロックマンX2]]|新開発チップによる表現が魅力。シリーズ中でも屈指の人気を誇る。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|SFC/PS/SS/Win|[[ロックマンX3]]|安定した正統進化を遂げた3作目。意欲的な新要素も多数追加された。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|PS/SS/Win|[[ロックマンX4]]|W主人公になったXシリーズの新境地。ボイスやアニメーションが挿入され、よりドラマチックに。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|PS/Win|[[ロックマンX5]]|シリーズに暗雲が立ち込め始めてきた。&br;予算の影響か演出面が悲惨な状態に。新要素も練り込み不足だがゲーム自体はそれなり。&br;シリーズ最終作として作られていた名残か、無印・X過去シリーズのオマージュ要素が多い。|なし|
 //これで2回目だが「垂れ込める」は天候の変化に使用することはあっても不穏な空気などの意味に使う慣用句としては通常使用しない。逆に天候の変化に対しては「立ち込める」は使用しない。つまりこの場合は「立ち込める」が正しい。
 |>|PS|[[ロックマンX6]]|苛烈極まりないステージ構成、凶悪な性能の雑魚敵は正に悪夢。&br;君は全ての救助者を助けることができるか…?&br;しかし、探索要素とステージに適応したカスタマイズにより、難所を突破する爽快感を評価する声も。|BGCOLOR(lightsteelblue):スルメ|
 |>|PS2|[[ロックマンX7]]|責任者も苦言を呈する程の、シリーズ1の問題作。&br;3Dフィールド追加等の新要素どころか従来のシステムすらも出来が悪く、ゲーム性がとんでもない事に。|BGCOLOR(lightsalmon):ク|
 |>|PS2/Win|[[ロックマンX8]]|非常によく練りこまれたゲームバランスと新要素。シリーズ「再生」の兆しを見せた渾身の一作。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''番外編''|
 |>|GB|[[ロックマンX サイバーミッション]]|シリーズ初の番外編かつ初携帯機作品。|なし|
 |>|GBC|[[ロックマンX2 ソウルイレイザー]]|任意で操作キャラを切り替えるダブルヒーローシステムが初登場。&br;携帯機ながら遊び応えがあり過去キャラの再登場もあるが、大量のバグが評価を落とした。|なし|
 |>|PS2/GC|[[ロックマンX コマンドミッション]]|『ブレスオブファイア』スタッフが手掛けるRPG。&br;シリーズのシステムを巧みにRPG仕様へアレンジし、外伝作ながら本家に匹敵する良クオリティに。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''移植・リメイク''|
 |>|Win/&br()Switch/PS4/One|[[ロックマンX アニバーサリー コレクション]]|コレクション1に『X』~『X4』、コレクション2に『X5』~『X8』を収録。&br;ミュージアムモード、Xチャレンジ、かけだしハンターモードなど追加要素も充実している。&br;しかし、操作遅延など見逃せない問題も見られる。|なし|
 |>|~|[[ロックマンX アニバーサリー コレクション2>ロックマンX アニバーサリー コレクション]]|~|~|
 |>|Switch/PS4|[[ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2>ロックマンX アニバーサリー コレクション]]|上記2作のセットパッケージ。Switch版は『1』のゲームカードと『2』のダウンロード版のセット。|~|
 
 &br
 **ロックマンDASHシリーズ
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |PS/N64/Win/PSP|[[ロックマンDASH 鋼の冒険心]]|広大な世界を冒険する新しいロックマンがここに。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |PS|[[トロンにコブン]]|ボーン一家を主人公にしたスピンオフ作品。&br;『ロックマンDASH2 エピソード1 ロールちゃん危機一髪!』も収録。|なし|
 |PS/PSP|[[ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産]]|2作目もその出来は安定している。''続編への期待も大きい。''|BGCOLOR(lightgreen):良|
 
 &br
 **ロックマンエグゼシリーズ
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''本編''|
 |>|GBA|[[バトルネットワーク ロックマンエグゼ]]|世代交代。今度の舞台は近未来&電脳世界。&br;アクション、カードゲーム、RPGの要素を持った独自のシステムで送る新たなロックマン。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||DS|[[ロックマンエグゼ オペレートシューティングスター>バトルネットワーク ロックマンエグゼ#id_81fa3510]]|『流星』とのコラボ。追加要素が上手く溶け込んだ良移植。|~|
 |>|GBA|[[バトルネットワーク ロックマンエグゼ2]]|正当進化し、システムの基盤は概ね完成された。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[バトルネットワーク ロックマンエグゼ3]]|初期三部作の完結編。革新的な要素を備えると共にそのストーリーが魅力のシリーズ人気No.1。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[バトルネットワーク ロックマンエグゼ3 BLACK>バトルネットワーク ロックマンエグゼ3]]|『エグゼ3』のマイナーチェンジ版。&br;WHFのイベント・コロコロコミックの通販での限定販売だったが後に一般販売に。|~|
 |>|~|[[ロックマンエグゼ4 トーナメントレッドサン/ブルームーン]]|シリーズ初の2バージョン同時発売。&br;システムやグラフィックの一新によって大変革を起こすが、周回制によって評価を大きく損ねた。&br;通信対戦にも大きくメスが入り、対戦バランスが大きく見直された|なし|
 |>|~|[[ロックマンエグゼ5 チーム オブ ブルース/チーム オブ カーネル]]|シミュレーションバトルを融合した「リベレートミッション」が特徴。&br;『エグゼ4.5』で好評だった他ナビの操作もできる。|なし|
 ||DS|[[ロックマンエグゼ5DS ツインリーダーズ>ロックマンエグゼ5 チーム オブ ブルース/チーム オブ カーネル#id_c863df4d]]|『エグゼ5』2バージョンをカップリング移植。DSを活用した新要素と向上した音質が特徴。 |~|
 |>|GBA|[[ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ/電脳獣ファルザー]]|最終作。DSではなく世話になったGBAで終わらせたいと語ったスタッフによるエグゼの最終章。|なし|
 //無断で「良作」に変更されていたので修正。
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''その他''|
 |>|GC|ロックマンエグゼ トランスミッション|制作はアリカ。本家を意識した横スクロールアクションで送るエグゼ唯一の据置機。&br;時系列は1作目とエグゼ2の間だが、キャラの性格はアニメ準拠。||
 |>|WSC|ロックマンエグゼ WS|エグゼ初の横スクロールアクションでワンダースワンにて発売。&br;アニメ版を原作にバンダイ指揮のキャラゲーという形式で制作され、カプコンは非関与。||
 |>|~|ロックマンエグゼ N1バトル|同日発売され、基本内容も共通している。&br;しかし、ハードの性能差からか『N1バトル』はボリューム面でやや劣る。||
 |>|GBA|ロックマンエグゼ バトルチップGP|~||
 |>|~|[[ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション]]|4において別売の周辺機器でプレイ可能だった「オペレーションバトル」に特化した作品。&br;ロックマン以外のナビも使用可能。|なし|
 |>|AC|ロックマンエグゼ バトルチップスタジアム|||
 
 &br
 **ロックマンゼロシリーズ
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|GBA|[[ロックマン ゼロ>ロックマンゼロ]]|Xの更に未来。壊滅した地球から始まる赤のロックマン。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン ゼロ 2>ロックマンゼロ2]]|プレイスタイルに応じてゼロは進化する。&br;独自の要素を保ちつつ従来のシリーズに近いシステムへ。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン ゼロ 3>ロックマンゼロ3]]|屈指の熱いストーリーで描かれるゼロの隠された過去。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[ロックマン ゼロ 4>ロックマンゼロ4]]|ロックマンにおける「敵の武器を使う」という事に特化したシリーズ完結作。&br;そして、すべてがゼロになる。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||DS|ロックマン ゼロ コレクション|GBA版4本+新要素でこの御値段!!||
 
 &br
 **ロックマンゼクスシリーズ
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |DS|[[ロックマンゼクス]]|Zから更に未来、今度のロックマンは探索アクション!?|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |~|[[ロックマンゼクス アドベント]]|アクションとしては普通だが明らかに詰めの甘い部分が目立ち、イマイチな出来に。|BGCOLOR(khaki):シリ不|
 
 &br
 **流星のロックマンシリーズ
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |DS|[[流星のロックマン ペガサス/レオ/ドラゴン]]|エグゼの後継作。&br;少し鬱要素が多いがストーリーが魅力的。&br;前評判は少々厳しいものだったが、完成度は中々のもの。|BGCOLOR(lightsteelblue):賛否両論|
 |~|[[流星のロックマン2 ベルセルク×ダイナソー/ベルセルク×シノビ]]|新たなシステムを搭載し、戦闘の幅が広がった。&br;しかし異常なエンカウント率が評価を損ねてしまう。|なし|
 |~|[[流星のロックマン3 ブラックエース/レッドジョーカー]]|良好なBGMや、エグゼとの差別化をはかった対戦システムが好評。&br;ストーリーも最終作にふさわしいものに。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 
 &br
 **国内未発売
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |PS2/GC/Xb|Mega Man Anniversary Collection|ナンバリング8作品と『パワーバトル』『パワーファイターズ』を収録。||
 |PS2/GC|Mega Man X Collection|Xシリーズ6作品と『バトル&チェイス』を収録。||
 |GG|[[MEGA MAN>MEGA MAN (GG)]]|ロックマン4と5がベース。ロックマンシリーズで唯一コンティニューがない。|BGCOLOR(khaki):劣化|
 |PC|Mega Man|海外メーカーにライセンスを提供して製作された非カプコン製メガマン。内容はオリジナル。||
 |~|Mega Man III|↑の続編。『II』がどこに行ったのかは永遠の謎。||
 |~|洛克人IQ旋風 Rockman IQ Challange|台湾で発売された学習ゲーム。||
 |~|洛克人の黄金帝國 Rockman Gold Empire|台湾で発売されたシミュレーションゲーム。||
 |~|洛克人大戰 Rockman Strategy|同じく台湾で発売された戦略シミュレーションゲーム。||
 
 上記のほか、韓国で携帯電話向けシューティングゲーム『Rockman Go Go!』がリリースされていた(本wiki対象外)。
 
 &br
 **関連作品
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''蒼き雷霆 ガンヴォルト''|
 |>|3DS/Win|[[蒼き雷霆 ガンヴォルト]]|『ゼロ』『ゼクス』の作風を受け継ぐ、2Dアクションゲーム。&br;ロックマンシリーズに縛られない新鮮なシステムや世界観が楽しめる。 |BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|3DS|[[蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪]]|ガンヴォルトとは異なる能力を持つ「アキュラ」がプレイアブル化。&br;amiiboで『[[ショベルナイト]]』との共演が実現。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||3DS/Switch|蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック|『ガンヴォルト』『ガンヴォルト爪』が一つのパッケージに。||
 //|>|Switch/PS4/Win|白き鋼鉄のX(イクス)THE OUT OF GUNVOLT|&color(red){2019年9月26日発売予定。}||
-
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''マイティガンヴォルト''|
 |>|3DS/Win|マイティガンヴォルト|FCドットテイストになった『ガンヴォルト』の番外編。&br;ガンヴォルト以外に、『ぎゃる☆がん』のえころ、『Mighty No.9』のベックが使用可能。||
 ||PS4/PSV|ぎゃるガンヴォルト|更新データと有料DLCが全て入った『マイティガンヴォルト』の移植版。||
 |>|Switch/3DS|マイティガンヴォルト バースト|||
 ||PS4|ぎゃるガンヴォルト バースト|||
 |>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''その他''|
 |>|PS2|鬼武者 無頼伝|エグゼ版ロックマンとゼロが友情出演。||
 |>|~|デュエル・マスターズ ~邪封超龍転生~|エグゼ版フォルテが友情出演。コラボイベントも存在する。||
 |>|GBA|[[続・ボクらの太陽 ~太陽少年ジャンゴ~]]|『エグゼ』『流星』とのクロスオーバーイベントが存在する。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|~|[[新・ボクらの太陽 逆襲のサバタ]]|~|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|DS|ボクらの太陽 Django & Sabata|~||
 |>|AC|[[crossbeats REV.]]|アーケードリズムゲーム。『ロックマン2』よりワイリーステージ1のアレンジ曲が収録。|BGCOLOR(lightsteelblue):賛否両論|
 |>|WiiU/PS4/PS3/&br;One/360/PC|Mighty No.9|稲船敬二による久しぶりの『ロックマン』最新作! …え? これ&color(red){''『ロックマン』じゃない''}の?!||
 |>|Switch|Dragon Marked For Death|『ロックマン ゼロ』シリーズの系譜を受け継ぐアクションゲーム。||
 |>|>|[[CAPCOMクロスオーバー関連作品シリーズ]]|||
 |>|AC/NG/PS2/Xb|[[SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS]]|SNKプレイモア製作による、SNKとカプコンの競演格闘ゲーム。&br;ゼロが「ロックマンゼロ」名義で参戦。|なし|
 |>|>|[[大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ]]|ロックマンがファイターとして参戦。||
 |>|>|[[スーパーロボット大戦シリーズ]]|シリーズ30周年記念で『X-Ω』にまさかの参戦。&br;ロックマン、ロール、フォルテ、ブルースと『2』のボス達が出演。||
 |>|>|[[モンスターハンターシリーズ]]|『クロス』『ワールド』にロックマン風オトモ装備が登場。||
 
 &br