「沙耶の唄」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

沙耶の唄」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *沙耶の唄
 【さやのうた】
 |ジャンル|サスペンスホラーアドベンチャー|&amazon(B0000V68BY)|&amazon(B002HWR46C)|&amazon(B06XDFJDZQ)|
 |対応機種|Windows 98~XP|~|~|~|
 |メディア|CD-ROM 1枚|~|~|~|
 |発売・開発元|ニトロプラス|~|~|~|
 |発売日|2003年12月26日|~|~|~|
 |定価|4,800円(税別)|~|~|~|
 |レーティング|BGCOLOR(black):''&font(#FF69B4){アダルトゲーム}''|~|~|~|
 |廉価版|NITRO THE BEST!:2009年7月31日/2,800円&br;あそBD:2013年2月28日/5,800円(共に税別)&br;Win10対応版:2017年4月28日|~|~|~|
 |配信|2009年7月30日/2,300円(税別)|~|~|~|
 |判定|なし|~|~|~|
 |ポイント|グロゲーの皮を被った純愛?&br;物語に特化した設計|~|~|~|
 |>|>|>|>|CENTER:''[[ニトロプラス作品リンク>Nitro+作品]]''|
 #contents(fromhere)
 
 ----
 #center{&size(25){''WARNING!!!!!!!''}&br;'''閲覧の際はゲーム本編のネタバレに注意してください。'''}
 ----
 **概要
 処女作の『[[Phantom>Phantom -PHANTOM OF INFERNO-]]』以来、ハードな作風で人気を博していたブランド「ニトロプラス」の第六作目。シナリオは『Phantom』を手がけた虚淵玄(うろぶち げん)氏が担当している。~
 当時の宣伝では、(ハードな展開に定評のある)虚淵玄が珍しい恋愛モノに挑戦していることが強調されていたし、発売前の宣伝には、キャッチコピーの''「世界を侵す恋」((エンディングの一つでは確かにそうなるので、間違ってはいないのだが……。))''など実に当たり障りのない文句が躍っていた。だがいざ発売されてみると、パッケージ裏には''「サスペンスホラーアドベンチャー」''とジャンル名が書かれ、異種陵辱モノを思わせるサンプルCGが載っていた。~
 
 ----
 **ストーリー
 ***あらすじ(ダミー?)
 以下は通販サイト「げっちゅ屋」の紹介記事に添えられていた宣伝文である(現在では別の物に差し替えられている)。当時の記事は[[こちら>https://web.archive.org/web/20101031065316/http://www.getchu.com/soft.phtml?id=36221&gc=gc]]
 
   ニトロプラス・アクションシリーズでお馴染みの虚淵玄&中央東口の両氏が、今回は得意とするアクション活劇路線はあえてとらず、男女の恋愛物語、そしてアダルトゲームとしてのHCGの充実など、新しい作風へとチャレンジした意欲作となっている。
   医科大学に籍を置く男女4人の恋物語。そして、ある日とつぜん郁紀(ふみのり)の家へと転がり込んでくる謎の少女・沙耶。人知れず悩みを抱えた一人の青年が、様々な人々との出会いと別れを経験し、ついには自分なりの人生を切り開いていこうと歩み出す……。
 
 一見普通に見える宣伝文だが、経験者には''「明らかにダミーだが嘘はついていない」''と思わせる、やけに巧妙な文となっていた。~
 
 ***実際のゲーム内容
 #region(''注意! ゲーム内容の重大なネタバレあり'')
 
 主人公の郁紀は事故で両親を失い、さらにその時脳に受けた障害のせいで、''「視覚に重大な後遺症を残し、それに引きずられて他の感覚も全て歪んで感じる」''ようになってしまった。建物の壁は内臓を裏返したかのような赤黒い肉の壁に、人間は異臭を放つぬるぬるした肉塊(しかも声にはノイズが入り、まともに聞き取ることすら困難)に、といった塩梅である。
 
 その一方で「原色のペンキを何種類か混ぜ合わせて塗りたくる」と、肉の模様が消え落ち着いた緑色に見えたりもする。普通の人間には「世界への憎悪をぶちまけたよう」でとても直視できない光景に映るのだが。
 
 そしてこの悩みは他人に打ち明けることが出来ない。郁紀は医大学生であったため、そんなことをすれば末期の精神疾患として隔離されるか、未知の後遺症のサンプルとしてモルモット扱いされることがわかってしまっていたからである。
 
 入院中の郁紀は上記の後遺症のせいで狂った世界にただ一人取り残される格好になってしまい、自殺する寸前にまで追い詰められていたのだが、沙耶と出会ったことで運命が変わる。沙耶は郁紀の世界で唯一まともな人間に見える存在であり、彼女もまた孤独な存在であった((育ての父が行方不明となってしまい、捜索の手がかりを求めて病院に忍び込んでいた。))。そして両者は夜な夜な逢瀬を繰り返した末に惹かれあい、互いを心の支えとするようになる。
 
 郁紀の退院後、沙耶は郁紀の家に居候することとなり、郁紀自身も障害を隠して大学に復学した。しかし友人達は「化け物」としてしか認識できなくなり((しかもゲーム開始直後に「化け物に見える友人達」と対面することになるため、プレイヤー側でも心の準備が必要になる。))、かつてのように付き合うことはできなくなってしまう。
 
 本作は狂った世界でもがき苦しむ郁紀の視点と、彼を心配しながらもその苦しみを理解できない友人達やその他人物の視点とが入れ替わりながら進行していく。
 
 #region(''結末は……'')
 そしてある出来事をきっかけとして、郁紀は「このまま沙耶と一緒に生きる」のか、それとも「事故の後遺症を治療し、かつての日常を取り戻す」かどうかの選択を迫られることになる。この選択でストーリーが大きく分岐し、最終的に3つのエンディングへと至るのだが、どのエンディングを選んでも郁紀は沙耶と離別し、破局を迎えることになる。
 #endregion
 
 ストーリーからしてこれで、さらに要所でグロいシーンが挿入されるため本作はグロ&鬱ゲーに分類されるのだが、このゲームの経験者の大半は''「純愛を描いたストーリーだ」''と評している。これは''「ヒロインの沙耶が劇中で取っている行動のほとんどが、つまるところ郁紀への愛に由来している」''という理由からである。
 
 まず、前述の通り郁紀は(自分の狂った世界では)唯一まともな人間である沙耶に救いを求めていくのだが、実は沙耶にとってもこの世界は似たような物なのである。沙耶は郁紀とは逆に''「『普通の人間には名状しがたい何か』であり、狂ってしまった郁紀にしかまともに認識してもらえない状態」''なのである。そんな中でも、沙耶は郁紀がこの狂った世界でも生きていけるよう知恵を出し合うなど献身的に接し、さらに「私なら郁紀の異常を治し、人としての生活を取り戻すことができる」とゲーム中盤で告白する。そんなことをすれば異常の治った郁紀にも沙耶が「化け物」として映るようになり、この生活が続けられなくなることは明白。にもかかわらず郁紀の治療を申し出る沙耶は「健気」としか言いようがないのである……((ただし郁紀以外の人間は割とどうでもいいようで、不法侵入者を「撃退」したり、間接的にではあるが善良な一家庭を不幸な目にあわせたりもしている。))。
 
 物語の設定は『クトゥルフ神話』をベースにしている。また、「狂った世界とただ一人まともに見えるヒロイン」という構図は、手塚治虫の漫画作品『火の鳥 復活編』のオマージュであり、本編中でも郁紀の口から「昔見た漫画で(今の郁紀の状況と)同じようなことが描いてあった」と語られている。
 #endregion
 
 **特徴
 -アドベンチャータイプのマルチエンディング。
 --ゲーム全体を通して選択肢は2つしかない。そしてどちらも結末に大きく作用する。
 
 //低価格設定の短編ものではあるが、両氏の作り出す新しい作品に触れてみてはいかがだろうか。
 
 -ボイススキップなしかつ全ルートをプレイしても10時間もあれば終わる。
 --そのため、ゲームというよりは「読み物」(ビジュアルノベル)とみなした方が妥当と思われる。
 
 -グロ画像カット機能を搭載。
 --ただし残念なことに背景にしか適用されず、後述するシーンはどうやっても回避できない。
 
 -使用曲名はすべて「S」で始まっている。
---テーマソングの名前もズバリ「''沙耶の唄''」である。唄っているのはニトロファンにはわりとお馴染みのいとうかなこ女史。近年では『[[School Days]]』のバッドエンドテーマ曲を唄っていた。
+--テーマソングの名前もズバリ「''沙耶の唄''」である。唄っているのはニトロファンにはわりとお馴染みのいとうかなこ。近年では『[[School Days]]』のバッドエンドテーマ曲を唄っていた。
 
 ----
 **評価点
 -プレイ中の没入感は高い。
 --一般的な8,800円のアダルトソフトと比べると低価格だが、それは決して「手抜き」という訳ではない。
 --CG・テキスト・BGM・声優陣の熱演、どれもがプレイヤーを魅了するのに十分過ぎるクオリティを誇っている。
 ---これらの相乗効果により、序盤どころか開始1クリックで異様な雰囲気に引き込まれる。
 --プレイ時間が短い分、遊びが少なく物語の根幹に関わるシーンばかりの構成であり、物語に集中しやすい。
 
 **賛否両論点
 -かなり人を選ぶストーリーなので、人によっては「開始5分でギブアップ……」という事態になるかもしれない。
 
 -グロ、残酷描写がある。描写は間接的だが、それが却って恐ろしく感じられることもある.
 --直接的なものもあり、特に郁紀の友人が彼らの「ご馳走」を見てしまうシーン(通称「冷蔵庫」)はトラウマ必至。また、頭蓋骨のアップもある。
 
 -ジャンル的には「エロゲー」だが……
 --行為に及ぶシーンも少なく、「その全てが郁紀の視点から見たものである」ことを注記しておく。
 --中央東口氏の影が濃い画風やゲーム全体の雰囲気も相まって、劣情を催すというよりは背徳の要素が強い。
 
 **問題点
 -話の骨子はしっかりしているが、短編という事情もあって全体的に話の進行は駆け足。
 
 -性的なオカズにする意味では全く期待できない。もっとも当時のニトロにそれを期待するのは筋違いでもある。
 
 -バックログ閲覧機能の操作性が少し悪い。ベスト版では改善された。
 
 ----
 **総評
 ''ニトロプラスの、いや18禁ゲームというジャンルにおける大問題作。''~
 扱っている題材が極端であり、陰惨な描写があちこちに存在するため、軽い気持ちで手に取ることは絶対に避けたほうがいい。仮に覚悟を決めてプレイしたとしても、何とも言えない気持ちにさせられるのだから。~
 ただし、ただ「グロい」「救いがない」というだけではない。このゲームのエンディング全てが郁紀と沙耶の離別であることはすでに述べたが、3つ全てが「悲しくも美しい別れ」であり、プレイした人全てが「愛」について深く考えさせられる内容となっている。~
 そのため本作はニトロプラスとシナリオライターの虚淵玄氏を語る上で外せない作品となっており、ファンも非常に多い。発売後長い年月を経てもなお語り継がれていくであろう作品であることは間違いない。
 
 ----
 ----
 **余談
 -『クトゥルフ神話』『火の鳥 復活編』のオマージュであることは上で触れられた通りだが、ヒロインである沙耶の設定や恋愛描写の一部は新井素子のSF小説『グリーン・レクイエム』が元ネタと思われる。
 
 -虚淵玄氏が脚本を担当したアニメ「[[魔法少女まどか☆マギカ>魔法少女まどか☆マギカ ポータブル]]」が大ヒットを記録した2011年には本作も再注目されて売り上げを伸ばし、半年足らずの間に新作ゲーム一本分ほどの利益を稼ぎ出したという。
 --同作には「さやか」という名前の、愛する男性への献身を発端として化け物に成り果て破滅してゆく女性キャラが登場するため、本作と絡めた「&bold(){さやかの唄}」というネタが存在していたりする。
 --初出は「まどマギ」コミカライズ単行本2巻のカバー裏。つまり公式ネタである。
 
 -その「グロで覆い隠された巧妙なシナリオ」「醜さを見せたが故の美しさ」からか[[ライアーソフト>ライアーソフト作品]]の『腐り姫』と一緒に語られる事も多い。
 --某画像掲示板などでは、「[[二人はグロキュア>https://www.nicovideo.jp/watch/sm3654375]]」なんてネタもあったり…。
 
 ''外部出演''
 -沙耶はキャラ人気が高く、後にニトロプラスが製作した対戦格闘ゲーム『ニトロ+ロワイヤル』『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』にも出演した。やっていることはある意味原典以上にえげつないのだが、こちらはお祭りゲーなだけに陰鬱さは微塵も感じられない。
 
 -なんとアメコミにも進出。アメリカ向けにリメイクした結果なのか沙耶はセクシーな大人の女性に、郁紀は''ガチムチの尻顎男''になっている。また、本編でははっきり描かれなかった沙耶の真の姿は昆虫のようなエイリアンとして描かれている。
 --ちなみにシナリオは原作ゲームを踏襲しながらも、独自の展開となっている。
 
 ''移植等''
 -Androidアプリにも進出している。当然18禁。
 -18禁要素がどうしても切り離せないがゆえか、虚淵玄氏の作品の中では唯一小説版が存在していなかったが、2018年12月、実に15年越しで発売されることとなった。既に続編の刊行も決定しているという。
 
 -発売から10年以上経過した2017年にWindows10対応版が発売。
 --エロゲー業界では珍しいロングセラーである。
 
 -とまあ、上述のような作品ではあるのだが、メーカーサイト等での謳い文句は''『ニトロプラス入門作』''である。
 --Windows、ブルーレイ、Androidと様々な媒体でプレイ可能で、セール期間を狙えば1,000円程度で購入可能、短編作品ゆえお手軽にプレイできる、と確かに間違ってはいないのだが……。
 --もっとも、ニトロプラスというブランドの作風を理解するにはうってつけなので、そういう意味では確かに入門作と呼べるのかもしれない。