「パックマンシリーズ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

パックマンシリーズ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *パックマンシリーズ
 #contents(fromhere)
 ----
 **ドットイート
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|AC/FC/GB/&br()GG/NGP/PC((PC-8800、X1、FM-7、MSX、Mac))|[[パックマン]]|ドットイートゲームの原点。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||ATARI2800|[[パックマン>パックマン (ATARI2800)]]|ゲーム史上に残る糞移植。|BGCOLOR(lightsalmon):ク|
 |~|GBA|[[ファミコンミニ パックマン>ファミコンミニシリーズ]]|FC版のベタ移植。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|AC|[[Ms.Pac-Man]]|海外におけるパックマンシリーズ第二弾。主役は後のパックマンの奥さん。|なし|
 |>|~|[[スーパーパックマン]]|国産におけるパックマンシリーズの第二弾。鍵で扉を開けてフルーツゲットだ。|なし|
 |>|~|BABY Pac-Man|海外のみ。ビデオゲームにピンボールがくっついた。マップの下に出るとピンボールステージへ。&br;ピンボールステージでパワーエサなどを獲得しないとマップに出てこない。|執筆禁止|
 |>|~|Jr.Pac-Man|海外のみ。パックマンシリーズ初のスクロール。||
 |>|~|[[パック&パル]]|国産におけるパックマンシリーズの第三弾。新キャラのミルたんに萌えるゲーム?|なし|
 |>|~|パックマニア|パックマンが3D化。なんとジャンプできる。||
 |>|~|パックマン・アレンジメント|『ナムコクラシックコレクション Vol.2』に収録。『パックマニア』以来9年ぶりのACタイトル。||
 |>|GC|パックマン vs.|対戦に特化した異色作。当初は通常販売されなかったが、後に『ナムコミュージアムDS』に収録。||
 |>|PSP|パックマンアレンジメント|『ナムコミュージアム』に収録。上記AC版とは別物。||
 |>|~|パックマンアレンジメントプラス|『ナムコミュージアム Vol.2』に収録。||
 |>|360/PS3|パックマン チャンピオンシップ エディション|COLOR(blue){DL専売。}新要素をひっさげ、一定時間内のスコアアタックに特化。||
 |>|~|パックマン チャンピオンシップ エディション DX|COLOR(blue){DL専売。}シリーズ30周年記念作品。||
 |>|PS4/One/Win|パックマン チャンピオンシップ エディション2|COLOR(blue){DL専売。}ハード世代が上がり演出面が更に進化。||
 |>|Switch|パックマン チャンピオンシップ エディション2 プラス|COLOR(blue){DL専売。}2P対戦モードを搭載。||
 |>|PS4/Win|PAC-MAN 256|COLOR(blue){DL専売。}有名なバグをモチーフに進化したドットイート、崩壊するステージから逃げ続けろ!||
 |>|AC|[[パックマンバトルロイヤル]]|アーケードでやる価値はあるのか? よみがえっただけのドットイート。|なし|
 |>|~|World's Largest Pac-Man|米RAW THRILLS社との共同開発。海外向けだが、日本でも少数稼働している。&br;108インチの超巨大LEDスクリーンで楽しめ、2人同時プレイにも対応。&br;[[ギャラガ]]もカップリング収録している。||
 
 &br
 **アクション
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|AC/FC/PCE|パックランド|シリーズ初の横スクロールアクション。||
 |>|SFC|ハロー! パックマン|リアクション系お笑い芸人パックマン。||
 |>|SFC/GB|[[パックインタイム]]|2Dアクションゲーム。難度の高い謎解きが多数。|なし|
 //↑判定欄が空になっていましたが、SFCソフト一覧のページを調べた所「なし」判定なのが確認できたため、判定欄を空欄から「なし」に変更しました
 |>|PS|パックマンワールド 20th Anniversary|シリーズ20周年記念作品で、初の3Dアクション。『パックマン』も収録。||
 |>|~|ミズパックマン メイズマッドネス|ミズパックマン、再び。今回は3D迷路。『Ms.Pac-Man』も収録。||
 |>|PS2|パックマンワールド2|3Dアクション第2弾。&br()『パックマン』『Ms.Pac-Man』『パックマニア』『PAC-ATTACK』も収録。||
 |>|DS|[[パックピクス]]|パックマンを描いて戦うアクション。ずさんなバランス調整が牙をむく。|BGCOLOR(khaki):不安定|
 |>|~|[[パックンロール]]|タッチペンを用いて少年パックマンを転がせ! 完成度は上々だが、ボリュームに難あり。|なし|
 ||Wii|パックンロールリミックス|『みんなで遊ぼう!ナムコカーニバル』に収録。『パックンロール』のアレンジ移植。||
 |>|3DS|パックマン ティルト|『パックマン&ギャラガ ディメンションズ』に収録。3DSを傾け、パックマンをゴールへ導け!||
 |>|3DS/PS3/WiiU|パックワールド|3DS以外はDL専売。アクションゲームとしては普通。ローカライズはやや中途半端。||
 |>|3DS/PS3/WiiU/360|[[パックワールド2]]|3DS以外はDL専売。アニメの世界を再び体験しよう。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 
 &br
 **その他ジャンル
 |>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |>|AC|Mr.&Mrs. Pac-Man|海外のみ。純粋なピンボール。現地デザイナーが描いているため絵が変。|執筆禁止|
 |>|~|Professor Pac-Man|完全に海外のみ。クイズゲーム。||
 |>|SNES|PAC-ATTACK|『コズモギャング・ザ・パズル』のキャラ替え版。日本未発売。&br()システムと見た目の一致はオリジナル以上。||
 ||GB|パックパニック|↑の移植版。日本で発売されたのはこちら。||
 |>|Wii|パックモトス|『みんなで遊ぼう! ナムコカーニバル』に収録。&br()ACゲーム『モトス』のキャラ差し替え版。||
 |>|~|パックマンパーティ|ボードゲーム+ミニゲーム集。||
 ||3DS|パックマンパーティ 3D|~||
 
 &br
 **カップリング・オムニバス
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |Win|ナムコヒストリー Vol.3|『パックマン』『Ms.Pac-Man』『スーパーパックマン』『パック&パル』を収録。||
 |PS|ナムコミュージアム Vol.1|『パックマン』を収録。||
 |~|ナムコミュージアム Vol.3|『Ms.Pac-Man』を収録。||
 |~|ナムコミュージアム Vol.4|『パックランド』を収録。||
 |~|ナムコミュージアム Vol.5|『パックマニア』を収録。||
 |PS2|[[ナムコミュージアム アーケードHITS!]]|『パックマン』『Ms.Pac-Man』『パックマニア』を収録。|BGCOLOR(khaki):劣化|
 |~|ナムコアンソロジー2|『PAC-ATTACK』を収録。||
 |GBA|[[パックマンコレクション]]|『パックマン』『パックマニア』『PAC-ATTACK』『パックマンアレンジメント(AC版)』を収録。|なし|
 |~|ナムコミュージアム|『Ms.Pac-Man』を収録。||
 |DS|ナムコミュージアムDS|『パックマン』『パックマン vs.』を収録。||
 |PSP|ナムコミュージアム|『パックマン』『Ms.Pac-Man』を収録。||
 |PS3|ナムコミュージアム.comm|COLOR(blue){DL専用。}『パックマン』を収録。||
 |Wii|みんなで遊ぼう! ナムコカーニバル|『スーパーパックマン』『パック&パル』『パックマニア』を収録。||
 |360|ナムコミュージアム バーチャルアーケード|『パックマン』『Ms.Pac-Man』『スーパーパックマン』『パック&パル』『パックマニア』を収録。||
 |Switch|[[ナムコミュージアム>ナムコミュージアム (Switch)]]|『パックマン』『パックマン vs.』を収録。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 
 &br
 **関連作品
 |''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
 |AC|[[湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE]]|パックマンがゲスト出演。|なし|
 |~|[[マリオカート アーケードグランプリシリーズ>マリオカート アーケードグランプリ]]|パックマン、ミズパックマン、アカベイがゲスト出演。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |FC|[[バトルフリート]]|パックマンが進行役。|なし|
 |PS3/360/PSV|ストリートファイター×鉄拳|パックマンがゲスト参戦。||
 |PS3/PSV|みんなのGOLF 6|DLCにて、パックマンがゲスト出演。||
-|>|[[太鼓の達人シリーズ]]|||
+|>|[[太鼓の達人シリーズ]]|演奏中のちびキャラやシリーズの一部BGMが収録された他、「セッションでドドンがドン」ではセッションキャラとして登場。||
 |>|[[THE IDOLM@STERシリーズ]]|パックマンやゴーストをモチーフにしたアクセサリーが登場||
 |>|[[ファミスタシリーズ]]|パックマンが架空の球団・ナムコスターズ(現在はナムコレジェンズ)の不動の4番打者として登場。||
 |>|[[リッジレーサーシリーズ]]|||
 |>|[[大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ]]|『[[for>大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U]]』『[[SP>大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL]]』にパックマンが参戦。||
 &br