※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マップエディター使用法」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

マップエディター使用法 - (2007/02/08 (木) 21:03:40) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 *マップディター使用法
 **まずはじめに
 
 ・マップを作成する前に、ALT+FでFogofWarを必ず解除してください。
 **各キーの役割
 
 : AまたはDキー|選択したオブジェクト、ユニットの高さを変更
 : ZまたはCキー|選択したオブジェクト、ユニットの向き・角度を変更(平面)
 : Xキー|角度変更(注:回転軸が3次元)
 : Sキー|選択したオブジェクト、ユニットの大きさを変更(通常は1)
 : Ctrl+C|コピー
 : Ctrl+V|ペースト
 : Ctrl+Z|やり直し
 : SHIFT|押しながら選択することで複数選択できます。
 
 *マップの作成
 
 ・まずは土台となるマップをつくります。これ無しにはマルチマップもシングルマップもできません。
 マップを作るにはまずF2キーを押します。これがマップ作成画面です。
 
 ・適当にオブジェクトを配置しTextureで塗ってみましょう。
 
 **オブジェクトの配置(entity)- 家アイコン
 
 ・一番上の家のマークはオブジェクトの配置です。色々触ってみるとわかるでしょう。
 
 ・humanやらvehicleがあるところですよね。ただ今作ってるのはマップであり、ミッションではないのでこれらはスルーしてください。(map作成画面で配置したhuman, vehicleはうまく動作しない虞あり)
 
 **地形とテクスチャ等の変更(land)- マス目アイコン
 
 ・テクスチャや地形を変更できます。
 
 ・Textureなんかちょっとややこしいですが慣れればコツがつかめるかと思います。最初は他のマップのテクスチャをインポートしながらやってみよう。(例えば市街地マップを作る時はファレーズのをインポートしてみたり)
 
 : heights|地形を変更します。SHIFTキーを押しながらだと地形を滑らかに、ALTキーを押しながらだとカーソルを合わせた場所と同じ高さの地形になります。
 
 : textures|テクスチャを作成、変更します。TEXTUREは言ってみれば地面の塗り絵です。色々試してみましょう。
 
 **境界線設定(clip)- カメラアイコン
 
 ・マップの境界線設定です。(ユニットの進入禁止区域設定など)
 
 *ミッションの作成
 
 ・3キーを押してミッションエディタに切り替えましょう。
 
 : 3キー|ミッションエディタに切り替えを行う。
 
 **天候と日時設定
 
 ・まずミッションエディタに切り替えて最初にやることはF6!天候と日時設定!これは既存のを選んでもいいし自分で参考にしながら作ってもOK。
 
 : F6キー|天候と日時設定を行う。
 
 **プレイヤー設定
 
 ・ミッション作成で次にやることはF9キーのPlayerの設定です。各ミッションにおいてそれぞれの軍にはすべてPlayerというのが設定されています。(ドイツなら2連合なら1など)
 
 ・まずはplayerの欄を見てください。2つの項目playerとdiplomacyというのがあります。最初に自分が動かす軍のplayerを決めてください。(0以外。1か2推奨)
 
 ・次にdiplomacyを決めます。diplomacyというのは各Playerに所属するユニットがお互いに対しどういう反応を示すか、ということをあらわしています。たとえばPlayer1は2に対して敵対、3に対しては友好、4に対しては中立、などです。
 
 : F9キー|プレイヤー設定を行う。
+
+**ユニットの設置
+
+・設置したユニットのPlayerを割り振るにはユニットを選択し、Playerの欄から選ぶ。この時例えば建物にユニットを配置したい、または乗り物に載せたいというときにはF1の画面を開く。テンキーの数字がそのまま動かすPlayerに対応している。(例えばPlayer2を動かしたい時にはF1画面を開いた後にテンキー2) 
+
+: F1キー|建物・車両へユニットを搭乗させる。