Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1章 嘆きの乙女

マージダルにいる間、私はテロランチュラと呼ばれる悪党一味に奴隷として囚われている少女に出会った。懇願する乙女、Shanは、私にこっそりメモを渡し、ギャングのリーダーのTe'toaのものだったマージ・ダルにある装飾品を集めるようにと懇願した。彼のところに装飾品が戻れば、Shanは自由の身になれるだろう。

Te'Toa

Te'Toa the Terrible >>> こちらから呼ばないかぎり、勝手に俺やTerrorantulasの仲間と口をきくんじゃない。さあ、失せろ。
(Say)  誰と口をきくかはこちらの勝手だ。
Te'Toa the Terrible >>> じゃあ教えてやろう。トランチュラと俺は、いつでも好きなときに好きな相手を叩きのめすことができる。バラシャール、命が惜しかったら言葉に気をつけたほうがいいぞ。
(Say)  面白い。
Te'Toa the Terrible >>> "面白い"だと? それはいったいどういう意味だ?
(Say)  それをよく考えるんだ。

Shan

Shan >>> お願い、助け……いえ……放っておいてください。さあ、ひどい目にあわされる前にお行きなさい。あなたのためです。
(Say)  大丈夫? 助けが要るのでは?
Shan >>> 行ってください。あなたにできることはありません。テロランチュラのみんなはお友達です。[Shanはしわくちゃの巻物を床に落とした]
(Say)  [しわくちゃの巻物を手に取る]落としたのでは?
Shan >>> いいえ。そんな紙くず知らないわ。それを持って、早く消えてったら。Te'Toaに見つかったら崖から突き落とされるわよ。[Shanはウインクする]
(Say)  ああ……そうだな、わかった。では気をつけて。

シャンからのメモ

お願いだから助けてください。Te'toaとTerrorantulasは私の友人ではありません。Te'Toaの宝が彼の手元に戻らない限り、私は彼らの捕虜なのです。私の家族は全員ハグラーです。私たち一家は、宝がTe'Toaの家から盗まれたものとは知らずにそれを購入し、他の者に売ってしまったのです。品物が戻ってくるまで、彼は私の家族に私を捕虜として差し出させました。しかし私の家族は年老いており、宝も厳重に守られています。