Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地質学

『プチ風水―計画された開発を通じ、健やかに生きて行きましょう』

Cho Zei Nurwin著

(ページ2)
昔私たちは家屋の位置をこれといった決まりもなくでたらめな感じで決めていました。配置というものは重要で、私たちの無意識が操るエネルギーに影響するということを考えることがなかったのですね。

周囲のものと調和するように家屋を建てることで、私たち一族はマーラ島へと連れて来たカオスから生まれた、平和で穏やかな環境を作り上げたのです。
(ページ3)
この本は、ご自宅の方角を変えることで平和がくるとか、そういうことを鼻にかけているわけではありません。

多くの場合、簡単な解決方法があるわけではありません。このような使用に合わせて家を建て直すのは、いつもいつも可能なわけではないのですから。

ですが、シンの村がこのように成功したという実例をしれば、風水のことを覚えておいてもいいか、ぐらいに思うようになるでしょう。
(ページ4)
風水とは何でしょう?

風水とはとても簡単な占いです。小石を使って未来を占うすべなのです。

本当はもっと複雑なのですが、。環境を変化させること、これ自体が変化をもたらすのです。

変化とは、マイナスのものにもプラスのものにもなりえます。その変化に影響を及ぼすものが何かを知ってさえいれば、プラスの結果を増幅させることすら可能にになるのです。
(ページ5)
シンの村は計画された開発のよいお手本です。

はるか遠くの土地で起こったお互いの不幸から、ここにやってきた家族達は、幸運にも言質でホウィッスリングフィストのモンクたちというご近所さんを見つけました。

山と海のあいだで家々の配置を慎重に決めていくとこで、Brother Luk Kiは大宇宙のエネルギーと交信しました。そのエネルギーは我々が気付くずっと前から我々の土地に繁栄の力を与えてくれのです。
(ページ6)
水と山が重なるところに四風の塔の場所を選定するにあたって、ホウィッスリングフィスト・クランのBrother Luk Kiは風水を用いました。

水の流れは空気を清め、山々は四風の塔のような重要な建物を建てるための堅固な土台の役割を果たします。Brother Luk Kiは塔の周りを取り囲む家屋を安定した扇形にあしらいました。

この家屋、遠い昔にはモンク自身が使っていましたが、もはや彼らには必要なくなったのです。私たちはなんともラッキーですね!
(ページ7)
私たちはBrother Luk Kiという人のことを知りませんでした。この村が作られたのは、私たちがやってくるずっと前のことだったからです。

ですが、彼に代わって浜辺の近いこの小さな島に名前をつけさせていだけたのは、本当に名誉なことでした。ホウィッスリングフィストはランドマークにまったく名前をつけませんでした。彼らに取って、そんなことは取るに足らないことだったからです。

ですが、私たち一族は、世界の中における新たな土地を知るという安全が必要だったのです。なぜならば、"大粉砕"は私たちの過去との絆を断ち切ってしまったような気がしてならなかったからです。
(ページ8)
私たちが作物を育てている畑は、シンの村の東側にあることにはお気づきでしょうか。これは一日の始まりの東を目一杯活用するためです。作物の成長に太陽の光は欠かせないものですからね。

また、シンの村をもと水の(命を与えるもの)近くにめぐらせることも可能です。

水とは時に命を滅ぼすこともあります。海が航海できないほど荒れていた時代、多くの者がそのことを痛感しました。ですが、水なくしては、成長というものはありません。そして収穫もありません。
(ページ9)
山々はシンの村を抱擁し、あたかも揺りかごのように優しく包んでいます。山々は大地に根を張り、私たちを大地に結びつけてくれているのです。

私たちはこの山を七峰山と名付けました。ですがこの山は明らかに7つ以上の峰を有しています。

もしかしたら、私たちが生き延びていれば、後の世代の人々がそれぞれの峰に相応しい名前をつけることになるかもしれません。
(ページ10)
ただし、いつもいつもそう緑起のよい場所を見つけられるとは限りません。というわけで、小さなスケールに視線を移し、周囲にバランスを取り込む方法を考えてみましょう。

お住まいのエリアに山がなければ、石や岩を北側と西側に置くことで代用ができます。同じように、南と東を流れる川は、噴水や水瓶のようなもので代用可能です。水が新鮮であることに注意するようにしてください。

もしあなたが幸運な人で、緑起のいい場所に住んでいるのでしたら、あずま屋や橋のようなものを立てるといいでしょう。そうすれば身の回りの美を楽しむことができます。
(ページ11)
シンの村が緑豊かな丘陵地のふもとに定められたことに注意しましょう。

樹々は海岸からやってくるそよ風にそよぎます。私たちが健やかに生きて行くために、瑞々しい植物は必須なものなのです。

樹を鉢植えにすることで、屋外の環境を自宅に持ち込むことができます。庭を持たない家屋であれば、そんな鉢植えを玄関や窓に置く事でちょっとした庭を模すことができます。
(ページ12)
Brother Luk Kiが現在のシンの村を作った際に風水を用いたということがわかって、私たちはとっても幸運でした。

丈夫で安全な家を立てるのに必要な要素を考慮に入れる事で(必要な時は小さなオブジェを代用することで)来るべき次の世代のために環境を設計することができるのです。