※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時間作動をローカルチェックしたい人向け(簡易)

ソースはTwitter Bot BBSから

1.下記のような構成のPHPファイルを作る。
2.そのファイルをPHPが使えるサーバーにアップさせる。
3.そのPHPファイルにアクセスする
(エラーがある場合は、エラーログが出る)

●メインファイル
<html lang=ja>
<head>
<title>PHP動作チェック用</title>
<body>
<h3>動作チェック</h3>
<?php
require("読み出しファイル名");
?>
<hr>
</body>
</html>
上記を適当な名前を付けて拡張子.php(PHPファイル)で保存する。

●読み出しファイル(例)
<?php
if(date("G") > 23 || date("G") < 6){
echo "24時~5時に表示されるよ";
} 
elseif(date("G") > 17 || date("G") < 0){
echo "18時~23時に表示されるよ";
}
elseif(date("G") > 11 && date("G") < 18){
echo "12時~17時に表示されるよ";
}
else{
echo "6時~11時に表示されるよ";
}
?> 
こちらも同様に適当な名前を付けて拡張子.php(PHPファイル)で保存する。
直接メインファイルに書いても効果があるが、別ファイルにしておく事で
書き換えたい場合、こちらのファイルを書き直すだけで済む。
読み出しファイルなので必要に同じ書き換えてください。


リプライパターンファイルの簡易チェック

上記のメインファイルをreply_pattern.phpと同じディレクトリに入れるかディレクトリを参照させる。

上記のメインファイルの
<?php
require("読み出しファイル名");
?>
とあるところを
<?php
require("reply_pattern.php");
print_r($data);
?>
と書き換える。
または
同時に調べたい場合は<hr>の下に付け加える
<h3>リプライパターン定義チェック</h3>
<?php
require("reply_pattern.php");
print_r($data);
?>
<hr>

結果の表示は、しっかりと定義されたかどうか。
{ } , " の過不足など、エラーチェックができる。
ただし、正規表現は対象外。