※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Spline Placement  スプライン配置




The Power Tool  強力なツール

The Spline Tool is a powerful tool that can perform a variety of tasks: places a line of objects, creates a row of splats, draws a height deformation in the terrain or do all three at once. This can be used to quickly create walls, hedgerows, roads, fields and more. Once placed, a spline can be very quickly edited, moved, lengthened or shortened.
Spline Toolは、いろいろな仕事を果たすことができる強力なツールです:場所で、物の線は縦長の平板の列が地形で高さ変形を描くことをつくります、あるいは、すぐに全3をしてください。これは、速く壁、生け垣、道、フィールドとより多くをつくるのに用いられることができます。一旦置かれるならば、スプラインは非常に速く編集することができるか、動かすことができるか、延ばすことができるか、短くすることができます。

To use the spline tool, press the spline tool Icon on the Toolbar. Before placing a spline make sure the desired texture are selected, the default objects settings are set, and/or the deform settings are set (See below about texture, object, and deform mode settings).
スプラインツールを使用するために、ツールバーにあるスプラインツールアイコンを押してください。確かなスプライン製造を置く前に望ましいテクスチャー(セッティングが課されるデフォルト物)が選ばれること、および/または、変形させるセッティングはセットされます(テクスチャー、オブジェクト、モードセッティング変形、について下記を参照)。

If you want the placed spline to display a texture, make sure the checkbox under the Texture Mode Switch button is checked. Do the same for the Object and deform checkboxes, if needed. Make sure no other splines are selected. Start placing the spline control vertices by Right-Mouse Clicking on the terrain. The vertices create a strip in the order they are placed. Press the Enter Key to end the initial placement. For more detailed information about Spline Placement see below.
あなたが置いたスプラインがテクスチャーを表示することを望むならば、''Texture Mode Switch''ボタンの下のチェックボックスがチェックされることを確認してください。オブジェクトのために同じようにして、必要ならば、チェックボックスを変化させてください。他のいかなるスプラインも選ばれないことを確認してください。地形の上に右クリックによってスプライン支配頂点を置き始めてください。頂点は、彼らが置かれるという命令で、一片をつくります。エンターキーを押して最初の配置を終えてください。Spline Placementに関するより詳細な情報のために、下記参照。



Spline Modes  スプラインモード

The dialog at the top of the Spline toolbar is used to switch between editing texture, object and deformation settings
スプラインツールバーの最も上のダイアログは、テクスチャー編集、オブジェクトと変形セッティングの間でスイッチするのに用いられます。

Splines have multiple functions in the World Builder. They can be used to place textures, to place objects and deform terrain. You switch between Texture, Object and Deform Modes by pressing the appropriate "Mode Switch" button in the top rollup.
スプラインには、World Builderで複数の機能があります。彼らはテクスチャーを置くことに慣れていることができます。そして、オブジェクトを置いて、地形を変形させます。あなたは、最高のロールアップで適当な「Mode Switch」ボタンを押すことによって、Texture、ObjectとDeform Modesの間で変わります。

During the creation of splines all three modes can be applied, just check the boxes for the desired modes in the default menu (below the mode switches). In order to check the default texture mode box a texture needs to be selected from texture list at the bottom of the texture mode, In order to check the default object mode box, there needs to be an object added to the default object list (see texture mode and object mode below).
スプラインの作成の間、全3つのモードを適用することができます。ちょっとデフォルトメニュー(モードスイッチの下で)で希望のモードのために箱をチェックしてください。テクスチャーがテクスチャーモードの底でテクスチャーリストから選ばれるために必要とするデフォルトテクスチャーモードボックスをチェックするために、デフォルトオブジェクトモードボックスをチェックするために、デフォルトオブジェクトリスト(テクスチャーモードとオブジェクトモードが下でわかります)に加えられる物である必要があります。

Once a spline has been created you can still added or removed modes to affect the spline. In the current menu click the Add/Remove buttons of the modes you wish to affect, doing this will apply the default settings, for those modes you selected, to your spline. The Bake buttons also removes the mode from your spline but in a different way. The Object bake button will convert the spline objects into individual objects. The Deform Bake buttons bakes the height deformation into the terrain.
一旦スプラインがつくられるならば、あなたは加えられて静まることができるか、スプラインに影響を及ぼすためにモードを削除しました。現在のメニューでは、あなたが気取りたいモードのAdd/Removeボタンをクリックしてください、こうすることは、あなたが選んだそれらのモードのために、デフォルトセッティングをあなたのスプラインに適用します。Bakeは、また、距離にボタンを掛けますあなたのスプラインから、しかし、異なる方向でモード。'Object bake'ボタンは、スプライン物を個々の物に変えます。Bakeがボタンを掛けるDeformは、地形に高さ変形を焼きます。



Initial Placement  最初の配置

Before placing a spline make sure the desired texture are selected, the default objects settings are set, and/or the deform settings are set (See below about texture, object, and deform mode settings). If you want the placed spline to display a texture, make sure the checkbox under the Texture Mode Switch button is checked. Do the same for the Object and deform checkboxes, if needed. Make sure no other splines are selected.
確かなスプライン製造を置く前に望ましいテクスチャー(セッティングが課されるデフォルト物)が選ばれることおよび/または変形させる、セッティングはセットされます(テクスチャーについて下記を見て、反対して、モードセッティングを変形させます)。あなたが置かれたスプラインがテクスチャーを示すことを望むならば、Texture Mode Switchボタンの下のチェックボックスがチェックされることを確認してください。Objectのために同じようにして、必要ならば、チェックボックスを変形させてください。他のいかなるスプラインも選ばれないことを確認してください。

Start placing the spline control vertices by right-clicking on the terrain. The vertices create a strip in the order they are placed. Press the Enter key to end the initial placement. A spline will be created with the width specified in the "Width" edit box of the "Shape" rollup.
Note: there must be at least 4 control vertices in the spline. You now have a spline.
地形を右ボタンをクリックすることによってスプライン支配頂点を置き始めてください。頂点は、彼らが置かれるという命令で、一片をつくります。最初の試用期間を終えるために、エンターキーを押してください。スプラインは、「形」ロールアップの「幅」編集ボックスで幅を指定してつくられます。
注:少なくとも4つの支配頂点が、スプラインになければなりません。あなたは、現在スプラインを持ちます。



Manipulating Splines  スプラインを操作すること

Basic spline manipulation is similar to that of Splats (See Splat Placement page). Left-mouse dragging moves the spline. Shift + left-mouse dragging will rotate the spline around its center point. H key + left-mouse dragging will raise and lower deform splines. C Key + left-mouse dragging will copy the spline. Scaling is handled a bit different with splines (See Changing the Spline Width below). CV manipulation is exclusively for splines (See CV Manipulation Mode below).
基本的なスプライン操作は、Splats(Splat Placementページを参照します)のそれと類似しています。引きずられている左のマウスは、スプラインを動かします。引きずられているシフト+左のマウスは、その中心の点のまわりでスプラインを回転させます。引きずられているHキー+左のマウスは、スプラインを上げて、より低く変形させます。引きずられているCキー+左のマウスは、スプラインをコピーします。スケーリングは、スプライン(Changingを見る下記のSpline Width)で少し異なって取り扱われます。CV操作は、スプライン(下記のCV Manipulation Modeを見ます)のためであるだけです。



CV Manipulation Mode  CV操作モード(CV:支配頂点)

Control vertices of a spline may be manipulated. To enter CV manipulation mode, select a spline and press the spacebar. The CVs for all selected splines will become visible, and they may be moved and rotated using the same controls as above. To rotate CV’s at least 2 points must be selected. Individual CV height manipulation only works on Deform splines. Object splines respond a bit differently (See Object Edit Mode below). To exit CV manipulation mode, press the spacebar again, or press the ESC key.
スプラインの支配頂点は、操られるかもしれません。CV操作モードを入力するために、スプラインを選んで、スペースバーを押してください。全ての選ばれたスプラインのためのCVは見えるようになります、そして、彼らは動かされるかもしれなくて、上記と同じ規制を使って交替するかもしれません。CVの少なくとも2ポイントを回転させることは、選ばれなければなりません。個々のCV高さ操作は、Deformスプラインに取り組むだけです。オブジェクトスプラインは、少し違って、反応します(下記のObject Edit Modeを見る)。出口CV操作モードにとって、もう一度スペースバーを押してください、さもなければ、ESCキーを押してください。


Changing the Spline Width  スプライン幅を変えること

To change the width of a spline uniformly you can SHIFT+Right-Mouse Drag the spline. To Change the width of CV’s go into CV Mode and select one or more point, SHIFT+Right-Mouse Drag over those CV’s. The width of a spline can also be adjusted in the Shape Menu. The width can be adjusted in the width box numerically (type in any number) or through Width Presets drop down menu (widths based on assumed size generalizations.). Select one or more splines and press the Set To Preset Width button. This will set the entire length of the spline to the numeric value in the width box.
あなたがSHIFT+Right-Mouse Dragを缶詰にして一様にスプラインの幅を変えるためにスプライン。CVの幅が持つChangeにとって、CV Modeに入って、一つ以上の点(それらのCVの上のSHIFT+Right-Mouse Drag)を選んでください。スプラインの幅は、Shape Menuで調節されることもできます。幅は数値的に、幅ボックス(どんな番号でも入力します)で調節されることができるか、Width Presetsを通して下のメニュー(偽りのサイズ一般化に基づく幅。)を落とすことができます。一つ以上のスプラインを選んで、Set To Preset Widthボタンを押してください。これは、スプラインの全ての長さを幅ボックスの数の価値にセットします。

The presets menu also controls the width of newly create splines.
予めセットする、メニューも新しく幅をコントロールしますスプラインをつくる。


Shape Menu  形メニュー



The Presets and Set To Preset Width button are discussed above.
PresetsとSet To Preset Widthボタンは、上で議論されます。

Set To Optimum Width  最適の幅にセットされます

The Set To Optimum Width button only affects Texture splines. Select a texture spline and Click the Set To Optimum Width button. The entire width of the spline will adjust, to the optimum width the texture. After this is done, click the Fix Tiling To Width button. This will re-tile the texture along its length to match up with its new width (For more information on this see Texture Edit Mode below).
Set To Optimum Widthボタンは、Textureスプラインに影響を及ぼすだけです。Set To Optimum Widthがボタンを掛けるテクスチャースプラインとClickを選んでください。スプラインの全ての幅は、調整されます、最適の幅にテクスチャー。これがされたあと、Fix Tiling To Widthボタンをクリックしてください。その長さに沿ったテクスチャーがその新しい幅(これの詳細については、下記のTexture Edit Modeを見てください)とマッチさせるこの意志re-tile。

Refine CVs Button  CVボタンを純化してください

Pressing this button allows you to insert CVs into the spline. To use the refine button select two or more adjacent control vertices and press the Refine CVs button. A new CV will be inserted between each pair of selected CVs.
このボタンを押すことは、CVをスプラインに書き入れることができます。使う精製する、ボタンは2つ以上の隣接した制御頂点を選んで、Refine CVボタンを押します。新しいCVは、選ばれたCVの各ペアの間で付け加えられます。

CV’s can also be added or removed from a spline using the Control Points menu, just select a spline and click one of the Add/Remove buttons. The Add/Remove To Front and the Add/Remove To Back buttons add and remove CVs on the ends of the spline.
CVは、加えられることもできるか、制御点メニューを用いたスプラインから削除されることもできて、ちょうどスプラインを選ばれることもできて、Add/Removeボタンのうちの1つをクリックされることもできます。Add/Remove To FrontとAdd/Remove To Backボタンは、スプラインの端で、CVを加えて、削除します。



The Various Modes  いろいろなモード



From Relic Community Wiki