※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HeightMap Editor  高さマップエディタ


The Heightmap Editor allows you to paint hills & valleys onto your map. Click the HeightMap Icon from the top toolbar and left-mouse drag in the main window to start editing the terrain. For more detailed information about the heightmap editor see below.
Heightmap Editorは、あなたの地図の上へ丘と谷を描くことができます。地形を編集し始めるために、メインウインドウで一番上のツールバーと左のマウスドラッグからHeightMap Iconをクリックしてください。heightmapエディタに関するより詳細な情報のために、下記参照。


The Heightmap Editor will allow you to paint hills & valleys onto your map with a variety of brushes:
Heightmap Editorは、いろいろなブラシであなたの地図の上へ丘と谷を描くことができます:

Left & Right Mouse Button Modes  左と右のマウスボタンモード


Can be independently set to Additive, Subtractive, Set Value or Smoothing modes.
Additive、Subtractive、Set ValueまたはSmoothingモードに独立してセットされることができます。

  • Additive  加える
    • Adds height to the terrain mesh. (1, 5)
高さを地形メッシュに加えます。

  • Subtractive  減じる
    • Subtracts height to the terrain mesh. (2, 6)

  • Set Value  セットされた値
    • Adjusts the terrain mesh to a set value height (3, 7)
地形メッシュをセットされた高さの値に合わせます

  • Smoothing  なめらかに
    • Smoothes the terrain mesh. (4, 8)
地形メッシュをなめらかにします

The button modes can be quickly set by pressing the 1, 2, 3, 4 Keys for the LMB and 5, 6, 7, 8 Keys for the RMB.
ボタンモードは、右マウスボタンのために1、2、3、4キーに、左マウスボタンと5、6、7、8キーをやかましく要求することによって、速くセットされることができます。

The CAP LOCK key will switch the brush mode from Additive to Subtractive. This is handy if the LMB is set to Add or Sub and the RMB is Smoothing.
CAP LOCKキーは、AdditiveからSubtractiveまでブラシモードを変えます。左マウスボタンがAddにセットされる、あるいは、Subと右マウスボタンがSmoothingであるならば、これは便利です。

Brush Size  ブラシサイズ

Can be set with a slider, or press Shift + LMB (drag left or right).
スライダーをセットするか、Shift + 左クリックを押すことでできます(ドラッグ 左か右)

Feather  羽

Adjusts the drop-off within the brush. Set to 0 provides a hard edge. Note the inner circle.
ブラシの範囲内で急斜面を調節します。0へのセットは、堅い端を提供します。側近グループに注意してください。

Height  高さ

Adjusts the height of the brush for Set Value Mode.
It can be set using the slider or by manually typing a number into the box below the height slider
Set Value Modeのためにブラシの高さを調節します。
それは、スライダーを用いて、または、高さスライダーの下で箱に手で番号をタイプすることによってセットされることができます

Presets  予めセットする

Contains a selection of pre-set heights.
予めセットされた高所のより抜きを含みます。

Strength  強さ

Allows you to set how strong your brush will be. Setting this lower will allow you to subtly edit the map.
A lower strength setting gives you greater control of the height.
強い方法にあなたのブラシ意志を課すあなたがそうすると認めます。これをより低く設定することは、微妙にマップを編集することができます。
下の強さセッティングは、あなたに高さのより大きな制御をします。

Precision  精度

Sets the style of the brush.
(Coarse) Groups smaller sections of the ground mesh together and allow you to edit large areas quickly.
This is good for roughing in maps surfaces.
(Fine) Affects the points on the ground mesh individually and gives you tighter control of the surface.
This is good for fine tuning the maps surface.
TAB will switch the precision from Coarse to Fine and back again.
ブラシのスタイルをセットします。
(粗い)地面のより小さな区画が一緒にかみ合わせて、あなたを許すグループは、速く広域を編集します。
これは、地図面で荒研削によいです。
(すばらしい)個々に基本のメッシュの上で点に影響を及ぼして、あなたに表面のより厳しい制御をします。
これは、地図面を微調整することによいです。
TABはCoarseからファインまで精度を変えて、再び後退します。

Render Grid  格子を提出してください

Shows the mesh immediately around the brush.
ブラシのまわりでメッシュをすぐ示します。

Update LODs  最新版ロー

Updates the level of detail on the terrain mesh.
The further away the terrain is from the camera the lower its level of detail is. This feature is useful for seeing what the distant mesh will look like in the game.
This feature does slow down the heightmap editing, so it is best to turn it off when it is not needed.
地形メッシュに関する詳細のレベルを更新します。
地形が離れてカメラからより遠いほど詳細のそのレベルは、より低いです。この特徴は、遠くのメッシュがゲームにおいて何のように見えるかについて見ることに役立ちます。
この特徴はheightmap編集を遅くしますので、それが必要でないとき、それをオフにすることは最高です。

Sample  サンプル

Samples a height from the terrain.
Left click the sample button and then Left Click the terrain or Ctrl + Left Click the terrain.
Once you sample or set the height, the set value brush (as opposed to additive, etc) will paint the terrain at that chosen height.
地形から高さを試してみます。
サンプルボタンとそれから左Clickをクリックする放っておく地形、あるいは、Ctrl +左Clickは、地形です。
一旦あなたが高さを経験してみるか、セットするならば、セットされた価値ブラシ(添加物、その他と対照的に)はその選ばれた高さで地形を描きます。

Toggle Wireframe  トグルワイヤーフレーム

Turns on (visible) and off the terrain mesh.
進行中の(見える)ターンと離れて地形は、かみ合います。


Tips:

  • Unsmoothed terrain mesh can cause impasses
  • Unsmoothed地形メッシュは、行き詰まりを引き起こすことがありえます

  • There is a limit on the maximum height and maximum depth of a map. The heightmap should never be set to those limits (The ground will not deform and damage correctly during gameplay.).
  • 制限が、地図の最大高さと最大の深い所にあります。heightmapはそれらの限度に決してセットされてはなりません(アースは、変形しなくて、ゲームプレーの間、正しく損傷しません。)。

  • The height editor's wireframe is also viewable in other modes when activated.
  • 起動するとき、高さエディタのワイヤーフレームは他のモードで見えもします。

  • Some extra tips on using the height editor can be found in this tutorial on drawing plateaus.
  • 高さエディタの使用法に関しては若干の追加チップは、台地を引くことに、この指導で見つかることができます。

  • Another tutorial here covers drawing stairways.
  • ここのもう一つのチュートリアルは、スケッチ階段をおおいます。

  • Terrain does not immediately provide shot blocking. E.g. The Axis pioneers on the left of the screenshot below will almost instantly get killed by the Allied troops on the right, as they shoot through the terrain. Creative use of groves, certain high walls or hedgerows can provide shot-blocking. Another solution is the epbs/gameplay/movement_blocker_shot_block_only blockers which can be placed on top of the heightened terrain to prevent soldiers or vehicles from shooting through it. (It's name is a bit misleading though, since it will block both movement and shots.)
  • 地形は、撃たれたブロッキングをすぐに提供しません。例えば。彼らが地形を打ち抜いて、下記の画面ショットの左の上のAxis先駆者は右で連合軍隊にほとんどすぐに殺されます。木立ち、特定の高い壁または生け垣の創造的な使用は、撃たれたブロッキングを提供することができます。もう一つの解決は、兵士または車両がそれを打ち抜くのを防ぐために高められた地形のトップに置かれることができる'epbs/gameplay/movement_blocker_shot_block_only' です。(それが運動とショットを妨害する時から、それは名前がしかし少しまぎらわしいということです。)


From Relic Community Wiki