※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桃夏>フランシス・ドレイクさま、お願いします
フランシス・ドレイクはお辞儀した
Archieは拍手した
フランシス・ドレイクは書物台にお辞儀した
ドミノ・サラディーナは拍手した
room1:アマンダ・ウォーレス>63
フランシス・ドレイク>こんばんは、戦うパティシエことフランシス・ドレイクです
パートのおばちゃんは拍手した
アーセナルは否定した
りぴ>甘いもの好きには、たまりませんでしたよー!
フランシス・ドレイク>えー、始める前にご注意を
フランシス・ドレイク>私の出品は先に2点バザーして、そのあとで3点出します
フランシス・ドレイク>最初の2品を食べ終わったら次の3品を取りに来てください
ゆぐぐはTittyにお辞儀した
Tittyはゆぐぐにお辞儀した
アリス・セラフィムは拍手した
中也>ほう
フランシス・ドレイク>今日のテーマは秘密ですが、食べ終わったときには皆さんお分かりになられることと思います
QuilicoはTittyにガッツポーズした
フランシス・ドレイク>では、まずはこちらの2品をどうぞ
room1:ラドリック>ふむ・・・・
フランシス・ドレイク>はじめの2品は、どこにでもある『魚介のピザ』と、あまり見かけない『ビスコチョ』というお菓子です
room1:アマンダ・ウォーレス>カロリーたかそうだw
フランシス・ドレイク>ピザについては説明するまでもないですね、皆様おなじみの味です
フランシス・ドレイク>ビスコチョは、スポンジケーキのご先祖様といわれる焼き菓子です
エリス・ランバード>びすこ
room1:中也>姐さんにはつらい攻撃ですな
フランシス・ドレイク>よく味わってみてください
アーセナル>こちょこちょ
room1:アマンダ・ウォーレス>太っちょアマンダぷぅ
room1:ベネット>w
room1:ラドリック>w
フランシス・ドレイク>続いてこちらの3品、『乳』、『ビスコチョ』、『ププラン』をどうぞ
room1:アマンダ・ウォーレス>食い終わった?
フランシス・ドレイク>まずは口直しに絞りたてのミルクを、そしてもう一度ビスコチョをお召し上がりください
みーみー>またびすこちょ?!
room1:アマンダ・ウォーレス>おとと、失礼
フランシス・ドレイク>審査員の皆様、いま2つのビスコチョを口にされましたが、違いがお分かりでしょうか?
room1:アマンダ・ウォーレス>ぬぬ?
フランシス・ドレイク>初めの2品は、調理R5のセカンドキャラが神秘の香辛料を使って作ったものです
中也>むむむ
フランシス・ドレイク>後の3品は、調理R11+1の私が今この場で作ったものです
フランシス・ドレイク>しかしながら、ここで技量の優劣を論じたいわけではありません
りぴ>できたて!!
room1:アマンダ・ウォーレス>!!
room1:ベネット>むむむ…
フランシス・ドレイク>皆様にはビスコチョについてご説明いたします
room1:ラドリック>!
フランシス・ドレイク>ビスコチョは調理R9、卵、小麦粉、砂糖を3個消費する大変にコストパフォーマンスの悪いお菓子です
みーみー>揚げたてぷぷらーん
フランシス・ドレイク>実際には、高価な神秘の香辛料を使ったものがバザーで売られることはまずありえません
フランシス・ドレイク>素の調理ランクを+1すれば、バウムクーヘンが卵、小麦粉、砂糖2個ずつで作れますし、効率を考えれば魚介のピザを作るのが理に適っているといえましょう
room1:アマンダ・ウォーレス>そうなの?
room1:中也>だね
フランシス・ドレイク>ゆえに、売りに出されるビスコチョは、神秘の香辛料を除いて調理ランク9の職人が造っていると考えるのが道理であり、実際に私がお見かけした方はそのとおりでした
フランシス・ドレイク>しかし素の調理ランクが9あるのなら、鳥ニンニクを作るのが合理的です
room1:中也>正直ビスチョコは試しに作った以外はつくってない
フランシス・ドレイク>ではなぜ、これらのデメリットを承知でビスコチョを作るのか?
フランシス・ドレイク>それは、我々がパティシエを志すものだからであります
フランシス・ドレイク>皆様は神秘の香辛料が何からできているかご存知でしょうか?
room1:アマンダ・ウォーレス>ぬお!
フランシス・ドレイク>神秘の香辛料は、カルダモン、コショウ、ガラムマサラから作られます
room1:ラドリック>おお!
フランシス・ドレイク>さらにガラムマサラの元をたどれば、ガーリック、クミン、コリアンダーです
room1:ニコル・シュアレス>神秘の香辛料は、アユタヤ傭兵艦隊からできるのです
フランシス・ドレイク>このガラムマサラのような複合香辛料を、俗に『カレー粉』と呼んでいます
フランシス・ドレイク>厳密には若干の差異がありますが、カレーの香りと辛味を出している主成分のひとつは先に挙げられたクミンです
room1:ラドリック>ちょwww
room1:アマンダ・ウォーレス>分捕りまくってます
フランシス・ドレイク>私の申し上げたいことがそろそろ察しがついたことでしょうか
フランシス・ドレイク>カレー味のピザはおいしいでしょう、カレーライスだっておいしいです
フランシス・ドレイク>しかし、カレー味のビスコチョ、カレー味のスウィーツはどうでしょうか?
フランシス・ドレイク>お菓子の形をしているから、食べれば一緒だから、それでよいのでしょうか?
room1:アマンダ・ウォーレス>・・・
フランシス・ドレイク>私は2年たっても調理ランク11、いまだパティシエになりきれない修行中の身です
room1:中也>上手いw
フランシス・ドレイク>この地に生まれついたときからパティシエを志し、パスタを除けば、お菓子とその材料以外のものを作ったことはありません
room1:ラドリック>聞かせるなぁ・・・
フランシス・ドレイク>そして、私の手は、いまだかつて一度たりともカレー粉にまみれたことはなく、今後もそうであります!
エリス・ランバードは拍手した
Titty>素敵だ('∇')
フランシス・ドレイク>我々スウィーツ職人は、皆様にお菓子を通じて甘い夢を見せるのが使命です
みーみーは拍手した
room1:アマンダ・ウォーレス>おぉ
アーセナル>パティシエ愛だな!
フランシス・ドレイク>我々の歩む道は甘くはないですが、夢を与えるものが相手を裏切り、安易な手段と不釣合いな材料でごまかすことだけはあってはならないと思います
フランシス・ドレイク>ゆえに、今回私の作成した3品は、全て私がたった今この場で作り上げたできたてであり、その材料も可能な限り市販品を避けてあります
フランシス・ドレイク>ププランに使うジャムだけは残念ながら市販品ですが、小麦、卵はジェノヴァにて自ら厳選したものを使用しております
フランシス・ドレイク>工芸が必要なものはセカンドキャラを使い、砂糖はマディラ産サトウキビから、植物油も直接採取ではなく草から手作りしております
フランシス・ドレイク>最後に、私の作りうる最高のお菓子、ププランをお召し上がりください
みーみー>調達8!
room1:中也>エライw
フランシス・ドレイク>私と、副官と、セカンドキャラが素材を厳選し、力をあわせ、心を込めて作った一品です
フランシス・ドレイク>このププランを3つ重ね、蜂蜜でコーティングし、木の実をちりばめ…
room1:ニコル・シュアレス>造船の客で、
フランシス・ドレイク>カレー粉をぶちまければ、はい!最高のお菓子ププランツリーの出来上がり!
room1:アマンダ・ウォーレス>正統派だな
フランシス・ドレイク>皆様、そのようなものを食べてみたいと思いますでしょうか?
room1:ニコル・シュアレス>北欧重ガレーの材料を採集で全部集めた人がいたな
フランシス・ドレイク>答えは私が申し上げるまでもありませんね
フランシス・ドレイク>どうぞ皆様、街の片隅でビスコチョ売りを見たら思い出してください
room1:アマンダ・ウォーレス>またえらい遠回りなw
桃夏>時間となりました ここで採点に移らせて頂きます
フランシス・ドレイク>彼らは修行にあたって、安易な道を歩むことのできない、不器用で誠実な、未来の夢の職人達なのです
フランシス・ドレイク>御清聴、ありがとうございました
ドミノ・サラディーナは拍手した
フランシス・ドレイクはお辞儀した
Archieは拍手した
パートのおばちゃんは拍手した
みゅう.は拍手した
ゆぐぐは拍手した
みーみーは拍手した
フランシス・ドレイクはお辞儀した
エリシアは拍手した
Viperは拍手した
桃夏はフランシス・ドレイクを拍手した
中也は拍手した
オルタネートは拍手した
Yuki★kazeは拍手した
Chiaraは拍手した
ドミノ・サラディーナ>素晴らしい
枇杷聖は拍手した
Quilicoは拍手した
りぴ>甘党の味方ハラショー!
アマンダ・ウォーレスは拍手した
アーセナルはフランシス・ドレイクを拍手した
Moonlake☆は拍手した
エリス・ランバードはガッツポーズした
りぴは拍手した
Archie>熱いね
エリシア>^^
桃夏>ありがとうございました!まずは技術点お願いします
アーセナル>感動したね!
エリス・ランバード>・・・さむ(格好が
アマンダ・ウォーレス>4
ベネット>5
ラドリック>4
中也>4
桃夏>続いて調和点お願いします
中也>2
ベネット>3
アマンダ・ウォーレス>3
ラドリック>3
桃夏>愛情点お願いします
ラドリック>5
アマンダ・ウォーレス>5
中也>4
ベネット>4
桃夏>インパクト点お願いします
中也>4
アマンダ・ウォーレス>4
ラドリック>4
ベネット>4
桃夏>最後にアイデア点お願いします
中也>5
ベネット>4
ラドリック>4
アマンダ・ウォーレス>4
桃夏>ありがとうございました コメントと総評をお願いします
アマンダ・ウォーレス>効率ではなく、あくまでも真摯に追求する姿勢に感動しました。
ラドリック>ドレイクさんのパティシエに対する思い入れ、痛いほど伝わりました。その熱い思いに敬礼を送りたいと思います。
ベネット>出来立ての料理はやはりいいですね。パティシエを志す、という心意気にも惹かれます。今回見せてくれた拘りを今後も貫いて欲しいと願い、技術点にプラス評価しています。
中也>神秘を使わずにいつの間にか料理カンストをしてた調理師の僕にとって、熱いプレゼンでよかったと思います。ただ、アイディアのためにコースの調和が取れていないところは、同じく調理師の僕としては残念です。
ラドリックはフランシス・ドレイクに敬礼した
ラドリック>これからもパティシエ道を極めてください
フランシス・ドレイクは桃夏にお辞儀した
room1:アマンダ・ウォーレス>流石前回覇者だけあるコメントだw
桃夏>ありがとうございました 続いて次の審査に入ります
フランシス・ドレイク>ありがとうございました
Archieは拍手した
room1:中也>ww
ゆぐぐはフランシス・ドレイクを拍手した
フランシス・ドレイクはゆぐぐにお辞儀した
room1:アマンダ・ウォーレス>79
room1:中也>いあ、アイディアに料理がひきづられるのはいくないw
Yuki★kazeは拍手した
ドミノ・サラディーナは拍手した
オルタネートは拍手した
枇杷聖はフランシス・ドレイクを拍手した
みーみーはガッツポーズした
Moonlake☆は拍手した
パートのおばちゃんは拍手した