ターメリック坊や【たーめりっくぼうや】

一人称は俺、カレーにうるさい。

(_,''' ▽ '')<さよならっきょう

待受【たいじゅ】

まちうけと読むと間違い。

大将【たいしょう】

小林ゆうのみが使用するちゃんこの別称。

大切なお知らせ【たいせつなおしらせ】

番組改編の時期、パーソナリティの口から発せられると「番組終了の告知なのか…」とリスナーを番組中ずっと怯えさせてしまう言葉。
本当に番組終了の告知である場合以外だと、ラジオDJCDの発売、イベント・公録の開催など番組にとっては嬉しい報告となるケースが多いので、天国となるか地獄となるか、どちらにせよ番組にとっての分岐点である。
「IT革命」においてはあまりに乱発されたせいで、「また大切なお知らせか…」と聞き流されてしまうようになってしまった。

代打【だいだ】

パーソナリティーが急病や他の仕事などで生放送に出演できなくなった時、急遽代理として呼ばれる人。
ウケると本来のパーソナリティーは結構凹む。

遅くても前日ぐらいに決まっていればいいが、本当に生放送開始直前に代打が必要になった場合、代打で出る側にも相当な負担が起こる。
  • 事例1:親友の番組に晴れて初ゲスト! と喜んで行ったらその親友が急病欠席でそのまま代打を任された。
  • 事例2:仕事の予定が無いので親知らずを抜いたら、そのタイミングで頼まれてしまい、血をダラダラ垂れ流しながら喋らされるハメになった。

大地の味がする【だいちのあじがする】

本当はしない。

第8スタジオ【だいはちすたじお】

A&Gの大半の番組で使用されているおなじみのスタジオ。浜松町・文化放送メディアプラス10階のA&G事業部内にある。壁に3本の茶色ラインが目印。
デジラジ開始を見据え、2006年の現社屋完成時から存在。
いろいろな扱い(飲み物こぼしたり、カフで事故したりなど。他のページも参照)をされてきて10年以上。
動画配信にはしばらくBSQR時代の機材を使っていたが、2013年4月にHD機材へ更新。配信形式も変わり、画質・音質ともに格段にアップした。
※ちなみに「アニスパ」→「エジソン」は9階にあるAMの情報ワイド番組用の第1スタジオ
(以前は「ビッグバン」もこのスタジオだった。「ふり~すたいる」や地上波番組など一部番組の収録でも使用)。東京湾側に位置するので、景色が素晴らしい。
「こむちゃ」は第4スタジオ、その他のAM番組は同じ9階にある周辺のスタジオを使っている。
そのスタジオを囲む打ち合わせスペースは番組のTwitterでもよく映るのでご存知の方も多いことだろう。

退避時間【たいひじかん】

「あおい・さおりの新番組(`・ω・´)」でしばしば起こる、最大2分にも及ぶ尺余り。
女性声優のトークを楽しみにしているリスナーが、次に放送されるゲスラジオを間違って聴いてしまわないための配慮と言われていた。

大仏【だいぶつ】

「森永理科のアウトローラジオ」に出る大仏のマスクを被った謎の人。
「小林ゆうの(仮)」のネゴシエーターではない。

台本【だいほん】

中村繪里子のおもちゃ。
  • 読まない
読まなくても進行可。熟読したはずの相方より、進行が詳しかったりする。
  • 消す
とりあえず都合が悪いことは消す。
  • 書き直す
都合が悪いことは(以下同

台本が噛んだ【だいほんがかんだ】

噛んでもそれなら仕方ない。

大門【だいもん】

都営地下鉄浅草線・大江戸線の駅。文化放送の最寄り駅の一つ。B1出口が直結している。
雨に濡れずにアクセス出来る利点があるが、サテライトプラスで結局濡れるのであまり意味がない。
大江戸線では「AMもデジタルもラジオの文化放送にお越しの方はこちらでお降り下さい」のアナウンスあり。

高尾山【たかおさん】

声優がこぞって登りたがる山。登った後の足はビアガーデンへと向かう。
先駆けはまなみんこと田中真奈美(でいいはず)。

高森奈津森【たかもりなつもり】

某雑誌の表紙における高森奈津美の誤植(表記間違い)。
「LadyGo!!」木曜ではこの事件をコーナー化し、運気アップのため開運の舞を踊らされる高森の姿が見られた。

鷹笑い【たかわらい】

「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」にゲスト出演した藤田咲(福岡ソフトバンクファン)の笑い声。
収録当時のチーム状態そのままの鷹笑いは、パーソナリティ二人に強烈なトラウマを残した。

滝【たき】

流すもの。

BG<ジャー

抱き枕【だきまくら】

花嫁修業の道具(大橋彩香談)。

タケネットタケシ【たけねっとたけし】

鷲崎健の販売するCDなどを「アニスパ!」内で販売する際に使われるコーナータイトル。

竹達にゅるにゅるー【たけたつにゅるにゅるー】

高森奈津美が竹達彩奈と会ったときに交わす挨拶。

たこ焼き【たこやき】

AiRIが得意とする料理の1つ。「AiRIの2h」で当時のアシスタントパーソナリティの入江玲於奈がAiRIに「作り方教えてくださいよ」と言ったら、「だし 白だし 絹ごし豆腐 白ワイン」を入れると美味しくなる。と入江玲於奈に伝授した。
料理が壊滅的にできない田中美海が唯一作れる料理の1つ。

ダジャレ【だじゃれ】

みんなの永遠のアイドル。
ちなみにラジオ界では、「ダジャレメインのコーナーが続くと、番組は末期」と言われているらしい。

たすかに【たすかに】

巽悠衣子の「確かに」はこう聴こえる。
本人としてはちゃんと発音しているつもりらしく、頑なに認めていなかったが、最近「あどりぶ」の放送を改めて聴いてみて、「…言ってる」と認めざるを得なかった模様。

たそ【たそ】

  1. Rayのこと。
  2. 内田真礼のこと。
  3. 内田雄馬のこと。

ただいま【ただいま】

「小林ゆうの(仮)」及び「豊崎愛生のおかえりらじお」内で使用されるあいさつ。
返事は「おかえり」。

竜雄【たつお】

音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ」が「Lady Go!!」火曜日のスポンサーとなっていた期間、番組内でデモンストレーション用に使われていたタブレットPCの愛称。
公募で決定された。
パーソナリティの小松の代表作「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄監督が由来と思われる。

巽語【たつみご】

巽悠衣子が使う言葉の事。
例)たすかにー、タシーカニー

縦四方固【たてしほうがため】

「アニゲラ!ディドゥーーーン!!!」で使われているSE(規制音)。
柔道の寝技の一つ。

伊達ルミ男【だてるみお】

「Lady Go!!」水曜日に隔週で現れていたイケメン。
リスナーの男らしい行動に対して、メンズナックル風の至高のキャッチコピーをイケメンポーズとセットで付けてくれる。
職業は自宅警備員。「ユウスケ」という弟分がいる。
コーナー最終回で「謎の組織に追われてる」などと言ってどっかへ逃げて行った。
2015年7月12日に渋谷公会堂で行われた「Lady Go!!5thデート」に登場。ハニー枝織と結婚していたことが判明。
「俺っち結婚しちまったぜ~~枝織~~fooooo!」

妥当!【だとう】

番組内でグッズ等の値段が発表された時に、丁度良い値段であると感じたときに書き込まれる。
元は「洲崎西」において、西明日香がイベントチケット代金やグッズ価格などにコメントした際の発言。
ものによっては「お安い!」や「お高い!」に変化する。

ダニ声優【だにせいゆう】

花澤香菜のこと。
由来はダニにやられた事から。

谷間【たにま】

胸が小さいパーソナリティの番組(木曜Girlsなど)でたまに見られる蜃気楼現象。
眼科へ行け。
「谷間見えてない?」「マイクの影です」

だぬ神【だぬしん】

だから
ぬーさんは
神奈川出身だと
沖縄出身のキャラを担当しているからといって沖縄出身というわけではない。

種田仁【たねだひとし】

中日・横浜・埼玉西武で活躍した元内野手。中日在籍時後期から取り入れた独特の「ガニ股打法」で人気を博した。
別段野球が特別好きそうでもない西明日香が、しばしばモノマネのネタとしている。

楽しそうでなによりです【たのしそうでなによりです】

パーソナリティが楽しそうに話す姿を見るのはリスナーにとって幸せなことである。
話してる内容を理解・共感できるかどうかは置いといて。
2割

田のつく声優【たのつくせいゆう】

原田ひとみ・下田麻美・廣田詩夢のこと。
「スマイル☆シューターThe RADIO」の出演者のうち、名前に「田」のつくこの3人は揃いに揃って危険人物である。

だは巻【だはまき】

だから
はやみんを
巻き込むな
魔境のような火曜日に放送されていた(当時)からといってゲス番組とは限らない。

タバスコ【たばすこ】

  1. キダチトウガラシ(木立唐辛子)一品種でタバスコペッパーを使った辛味調味料。本渡楓の大好物。
  2. A&Gの番組では△コーナーのリスナーである△戦士達が命がけのメール投稿により、タバスコを用いる。

卵【たまご】

ニワトリの味がする。(下田麻美談)

卵年【たまごどし】

竹達彩奈にとっての2011年。

黙っていれば美人【だまっていればびじん】

A&Gの女性パーソナリティの大半。
なお、一部「黙っていても芸人」のパーソナリティもいる模様。

たまゆら【たまゆら】

2010年に制作されたOVA、2011年と2013年に制作されたテレビアニメ、および2015年から制作されている劇場アニメシリーズ。メインキャストを超!A&G+の番組パーソナリティが占めているため、しばしば話題にのぼることがある。
2011年には当時月曜夜に連続で放送されていた「井口裕香のむ~~~ん⊂( ^ω^)⊃」、「阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ」、「竹達・沼倉の初めてでもいいですか?」を横断したキャスト勢ぞろい企画を実施したり、2013年にはA&G+にて番組のラジオ「たまゆらじお~もあぐれっしぶ~」も放送された。

タミニー【たみにー】

=民安なう
民安ともえでオナニーをすること。
某エロゲメーカー社長が民安でオナニーすると言った発言から生まれた言葉である。
「じゅうはちキン!」のコーナータイトルにもなった。
このコーナーはあくまで民安ともえが担当したCVのキャラについて語るコーナーなのでタミニーの本来の意味とは少し異なっている。

誰も知らない名曲集【だれもしらないめいきょくしゅう】

金曜超ラジのコーナー。
誰も聴かない名曲集じゃないので注意。よくカットになる。

ダルビッシュ【だるびっしゅ】

西明日香の兄。
似ているらしいが、アフロで少々太っているとのこと。

たんすケータイあつめタイ\(^o^)/【たんすけーたいあつめたい】

経済産業省が行った使用済み携帯電話の回収促進実証事業。
つまりちゃんとした国のお仕事である。
テーマソングを大亀あすかが歌っている。

タンクトップ【たんくとっぷ】

着ると二の腕が太った幼稚園児のようになる。
松岡禎丞のVネックTシャツの次に標準装備となる。

丹下桜のRadio・A・La・Mode【たんげさくらのらじおあらもーど】

2009年秋から始まった1週間を生き抜くための30分間。元祖癒し系声優である丹下桜による癒し系ラジオ。
第1回にしてたちまち人気番組となり、気がつけば2016年には放送7年。さらっと長寿番組の仲間入りをしている。
ちなみに、この番組を某動画サイトで紹介すると、癒しを求めるモノたちのおかげで必ずヒットするという。
2018年10月の番組改編で、番組当初から長く続いていた日曜の夜から水曜の夜に放送枠が移動。「週の残りの2日間を乗り切るための30分」となった。

誕生日回【たんじょうびかい】

番組パーソナリティの誕生日を、番組全体でお祝いする特別企画回。
たいがいの場合、パーソナリティにとってろくでもない小ネタ企画の連続である場合が多いが、最後に憧れの人からのコメントが流されるなどの大感動が待っていることも。

誕生日ケーキ【たんじょうびけーき】

A&Gゾーン番組においては、パーソナリティの誕生日前後の放送にて多くの番組で出てくるお約束。
井口裕香は番組外でスタッフと分けて食べる。某番組ではチョコレートケーキが極端に小さい場合もあった。
リスナーもケーキを用意して誕生日放送時にお祝いをする。
声優の誕生祭でTwitterなどでもトレンド入りになり、よくみかけるパターンが各自用意してお祝いをする。
なお、生放送で映像がない限り目の前に当の本人はいない。

男性器数え歌【だんせいきかぞえうた】

鷲崎健によって歌われたヒット曲。
別名チンコの七不思議。実況では七不思議などと呼ばれる。
七不思議どころではない。

団地妻【だんちづま】

寿美菜子さんじゅうきゅうさい。

ダンボール山本希望【だんぼーるやまもとのぞみ】

「☆佳村はるかのひみつきち☆」のノベルティであるダンボールの切れ端について、「ノベルティ希望の人はメールに『ダンボール希望』と書くように」と言ったところ、何人ものリスナーが思わずこう書いて送ってきた。最近はあまりに多いので「もうこれでいいや」ということになっているらしい。
当人の二つ名というわけではもちろん無いので注意のこと。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。