※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

で、デヴィ夫人それはセクハラ!!!
デヴィ夫人がさ梶にさ「そのほくろはずしたほうがいいわよ」セークーハーラー!!!(興奮)
んもう、西野が「セクハラ!」と叫んで梶の肩を抱けばいいのに。と思った。
んでさ、あの種を選んだときさ
「もし高かったらみんなで育てようね」
って・・・薬だったら?って聞かれたらさ
「みんなで飲もうね」


かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいんですけど!!!!


え、なにこの可愛さ!!アホじゃないの!?(アホはお前だ)キュン死しそうだった。あはん、かわいい(キモイ)


ギリギリッスみた!?舌!しーーーーーーーーーーた!!!でてた!!!舌でてた(うるさい)

たーたらたたたたー♪
塚地、やったね★でもその塚っちゃんがさ梶原みてさ「太ってるチビやせろー!!」無理なんだよ!!?
そんで梶原「余裕のパス宣言!!」かわいい(お前なんでもかわいいしかいってないやんけ)


「大道具さんVS梶原」
負けた。負けちまった(泣
でも、あの大道具さんが意外とお笑いもいけるということが証明された。証明してもしかたねーし。


んで、特にネタはないが、恒例の小説ー。












「あー。今日も買ったぁ・・・もういやだー(泣)」
「でも、今日比較的安いものばっかだったな」
「俺ら金銭感覚なくなってきてんじゃねーの?あれ別に安くねーぞ」
わかってるーと梶原が腰に手を当て背伸びをした。
「じゃ、着替えに行きますかー」
みんなで普段着に着替えるためゾロゾロと部屋に戻っていく。
「・・・あれ?西野がいないんやけど」
「西野?あぁ、そういえば。さっきまで見てたんやけど・・・」
「部屋に戻ったかもしれん」
梶原が鬘をはずした。いつもの短髪が顔をのぞかせた。
「おれ、見てくる」
梶原が楽屋に走っていった。
「あーあ。着替えてからでいいのに」
馬場がつぶやいた。
塚地がその台詞にため息をついた(また襲われるで、あんな格好で行ったら・・・)
それでもま、いっかと追いかけたことなど一度もなかった。



「西野?」
梶原が楽屋の戸から顔をのぞかせた。
部屋は薄暗く、西野はその中でひっそりと座っていた。
「西野、暗いよ。引きこもり?」
梶原がぷっと笑って、部屋の電気をつけた。
「西野?」
呼ばれた西野は梶原のほうへ顔を向けた。

西野が目を見開いた。
「おまっ・・・、その格好」
「え、あ・・・あぁ、西野がいなかったから・・・」
西野がおでこに手をのせ、ため息をついた。
「着替えてからこいよ」
梶原が西野の隣にこしかけ、顔を覗き込んだ。
「・・・・すまん・・・」
「いいよ、誤らなくて・・・早く着替えてこいよ」
「西野?お前、どっか悪いんとちゃう?」
「いたって健康体だよ」
「う・・・そやろ。おまえ、いつもだったら俺のこと押し倒して、ニヤニヤしてるやないか」
西野が横目で梶原をみた。
西野が梶原の両肩をつかみ、壁にやさしく押し付けた。
「なに?押し倒して欲しいんか」
梶原にぞっとする幸福感が襲った。
しばらくの間沈黙が続いた。
「・・・・・ん」
西野が「へ?」と素っ頓狂な声をあげた。
「・・・・・・・・・・・ん」
梶原がもういちどうなずくと、序所に西野の顔が近づいてきた。
梶原が自然に目を閉じる。




こつん、とおでことおでこが触れ合った。
「・・・・は?」
梶原が眉をひそめた。
「熱はないみたいやな。でも、今日は早く帰って寝たほうがいいで。着替えは俺がもってきてやるから」
梶原はしばらく開いた口がふさがらなかった。
「・・・・ちょ、ちょちょちょ・・・・西野!!」
「あーはいはい、悪いとおもってるから、な。こんど押し倒してやるから。今日は無理!」
な、なんで?とかすれた声で梶原が問うた。
「ちょっと俺も風邪気味。なおるまでちょっとの辛抱や」
梶原は真っ赤に頬をそめると「ばか」と叫んで部屋を飛び出していった。
西野はうつむいたまま「馬鹿はお前だ」とつぶやいた。








風呂はいらなくちゃ(黙れ)
では、また来週。