※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝【誇りの戦士 タフガイ】


第四話


255 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:47:10



( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝

              【誇りの戦士 タフガイ】 第四話


256 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:47:40
裏路地にひっそりと佇む、小さな酒場。
その店の奥にある扉を開けると、そこには地下へと続く長い階段がある。

一歩一歩、降りていくたびにどこからか歓声のようなものが聞こえてくる。
やがて一筋の光が見えてきた。


「K・O・B! K・O・B!」


興奮のるつぼと化した観客の視線の先。
中央に位置するリングの上に……俺は、立っていた。


257 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:48:10

(司´∀`) 「レディースエンジェントルメ―ン!
       俺は司会のジョンソン。そしてこちらが解説のミッシェルさんだ!」

(ー´ー`)「よろしくお願いします」

司会役がマイクで紹介を始めると、会場の熱気は一気に上がった。

(司´∀`)「さて、今回は3on3によるエキシビジョン!」

(ー´ー`)「ツワモノが揃ってますねー」

何百人という観客の視線がリングに釘付けになる。
俺はただ、じっと立っていることしかできなかった。
未だかつて、こんなにも人に注目されたことは無い。
緊張のあまり、視線は宙を舞い、頭は熱をもったようにぼーっとしている。

(M'A`)「ねえ…君、見ない顔だね」

ふと、隣で妙な機械をいじっていた男が話しかけてきた。
小柄な体で、見たところまだ未成年と言った所か。

「ああ…俺は今回が初出場だ」

(M'A`)「そうなんだ。僕は同じチームのドク。よろしくね」

ドクは右手を前に出し、握手を求める。
俺は「よろしくな」と、軽くドクの手を握り答えた。


258 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:48:51

(,,゚Д゚)「馴れ合ってんじゃねえよ。餓鬼とデカブツが」

「……何?」

腕を組みながら、こちらを睨みつけている男。
その背には翼……のような物を装着している。

(,,゚Д゚)「今回は楽勝みたいだな。相手は馴れ合い野郎と新参デカブツ、そしてジジイだ」

从'ー'从「うん、そうだね~。あ、初めまして~。今回対戦させて頂くアヤカ・ワタナベです。
     こっちの人は、ギコさん♪」

緊張感の無いしゃべり方で、ワタナベはぺこりと頭を下げた。
馬鹿にしたような微笑み。…分かり易い挑発だ。


259 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:49:49

(M#'A`)「なんだと! お前ら……なめるなよ」

ドクが睨み返す。
ギコはふ、と鼻で笑い

(,,゚Д゚)「餓鬼は家でママに甘えてな。ギコハハハッ!」

(M#'A`)「ッ!」

ドクの顔色が一気に変わった。
瞬間、スパナを拾い上げ笑っているギコ目掛けて振りかぶる。

(,,゚Д゚)「馬鹿が。引っかかってんじゃねえよ糞餓鬼…」

ギコの右腕に、火球が握られている。
俺は咄嗟にドクを止めようとするが、間に合わない。

「ドク! ちっ――!」

ドクのスパナが振り下ろされようとした瞬間、ギコも攻撃動作に入る。
直撃する、誰もがそう思い歓声が挙がる。


260 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:50:23

だが、二人の攻撃は重い音と共に止められた。

(,,゚Д゚)「――ッ!?」

(M#'A`)「あ、あなたは…」

二人の間には、さっきまでリングの後ろで静かに座っていた男。
両手には野球のグローブを装着し、二人の攻撃をものの見事に受け止めていた。

一茂「お前ら、まだ試合開始の合図は鳴ってないぜ……」

(M'A`)「一茂……さん」


261 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:51:16

一茂と呼ばれた男は、静かに立ち上がりズボンを掃った。

(,,゚Д゚)「一茂……? チッ! 命拾いしたな、糞餓鬼」

ギコはばつが悪そうに自分のコーナーへ戻る。
一茂は、ドクのほうに振り返ると「落ち着いていこう」と笑顔で言った。

(M'A`)「…すいません。興奮し過ぎました」

俺はすれ違う一茂を横目で見る。
一茂は小声で「肩に力が入ってるぞ」と俺の肩を叩いた。
……何者なんだ? あの落ち着き様、相当な大物だろう。

(司´∀`) 「えー、試合開始……したいのですが、秋葉選手がまだのようですね」


262 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:51:47

司会が首をかしげながらマイクで話す。
会場の歓声は、直ぐにどよめきへと変わった。

(司;´∀`) 「えーっと、どうしましょうか……少々、話し合いの時間を頂きたい」

強烈なブーイングが会場を包む。

(M'A`)「まだ来てない選手がいるみたいだね」

「遅刻、か」

遅刻と聞いて、苦い思い出が頭に浮かぶ。
どんな理由であれ、試合に遅れれば罰は免れない。

(思えば、あの時もツンは…気付いていたのかもな)

……おっと、今は思い出に浸っている場合じゃない。
集中、しなければ。


263 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:52:22

从'ー'从「あれれ~試合が始まらないよぉ?」

(,,゚Д゚)「面倒くせぇ……おい、司会! こっちは二人で十分だ。さっさと始めろ!」

ギコが司会席に向かい、大声を張り上げる。
司会の人はひっ、と小さく悲鳴をあげ、

(司;´∀`) 「で、では。試合を始め――

ゴングを鳴らそうとした時だった。

(秋#^ω^)「もるすぁぁぁっぁあっぁああああ!!」

奇声と共にドアが蹴り開けられた。
会場の誰もが、その音の方へ視線を移す。

「な、なんだあいつは…」

アニメのキャラが印刷された紙袋を手に持ち、妙な服に身を包んだ男がそこにいた。
男はふん、と小さく気合を入れ、跳躍――リングの上に降り立った。


264 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:52:52

(秋#^ω^)「ふ……アニメイトは俺を狂わせるぜ。秋葉、ただいま参上!」

秋葉が手を高々とあげる。
すると、静まり返った会場が再び興奮に包まれた。

「あ、あいつが相手チームの三人目か?」

その滑稽な見た目に、俺は我が目を疑う。
華奢な体に、猫背。どう見ても格闘家には見えない。

(秋#^ω^)「おー、なんかでっかい人もいるねぇ。楽しみ楽しみ!」

(,,゚Д゚)「秋葉、てめぇ遅れやがって……一言くらいしゃ――

ギコが秋葉の胸倉を掴む。
だが、その手は瞬く間に捻りあげられた。

(,,゚Д゚)「痛っ――! は、離せ!」

(秋#^ω^)「あ~やだやだ、文化を知らない奴は」

観客から、また歓声があがる。


265 :タフガイ:2007/03/15(木) 10:53:22

(司;´∀`) 「ええっと……ブーンファイトぉ!」

収拾がつかないリングに、甲高いゴングの音が鳴り響いた。
俺は素早く構え、戦闘体制に入る。

一茂「……いくぞ、二人とも」

一茂は、争っているギコと秋葉を目掛けて突進した。





:誇りの戦士タフガイ 第4話
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――外伝 つづく