※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝【誇りの戦士 タフガイ】


第三話


246 :タフガイ:2007/03/14(水) 21:36:20



( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝

              【誇りの戦士 タフガイ】 第三話



異能者見ながらひっそり投下


247 :タフガイ:2007/03/14(水) 21:37:08
薄暗い廊下。
俺は頭を抱えながら、医者が出てくるのを静かに待っていた。

「…俺は馬鹿だ。本物の大馬鹿野郎だ」

ツンは、自分の病気に気づいてないと思い込んでいた。
病状だって、たいした事は無いだろうと軽く見ていた。

一番、近い位置にいたのに、どうしてツンの苦しみに気づいてやれなかった?

どうして、もっと支えてやれなかった?

「くそ……何を見ていたんだ、俺は」

拳を握り締める。
爪が刺さり、血が出るほど握り締める。
痛い。いや、ツンの苦しみに比べたら…こんなものは痛さの内に入らない。

やがて、何時間経っただろうか。
コツコツ、と足音を立てながら、医者が姿を現した。


248 :タフガイ:2007/03/14(水) 21:37:46

「先生……ツンは、ツンは大丈夫なんですか!?」

俺は勢い良く立ち上がり、医者を問い詰める。
医者は慣れた様子で「落ち着いてください」と、一言だけ放った。

「病状から言って…あまり良い状態とはいえません」

医者の言葉の一つ一つが、俺の思考を揺さぶる。

「熱はすぐ下がりますが、2週間は発熱を繰り返し、苦しい時期が続くでしょう」

「そんな…嘘でしょう? だって、今まであんなに元気で、病気なのか疑うくらい快調で…」

俺は医者の目を見る。
だが、医者は表情を変えず、沈んだ顔で続ける。

「2週間以内に……手術を行わなければ、生存確率は20%未満になります」

俺の目の前が、一瞬で真っ暗になる。
頭の中でこの現実を否定する言葉が幾多も浮かび、身体は震え、涙が無意識の内に溢れ出す。

ツンが死ぬ? ありえない。

まだ20年も生きてないんだぞ?

ツンが、死……?

――――…


249 :タフガイ:2007/03/14(水) 21:38:44

通常の病室に戻されたツンは、静かに寝息を立てている。
その横で、俺はいつものように椅子に腰掛けていた。

「なあ、ツン。俺、気がつかなかったよ。お前がこんなに苦しんでたなんてさ」

俺はツンの手を握る。
その小さな手から、暖かい体温が伝わってきた。

「俺、兄貴失格だよ…。でもさ、せめてもの償いに、名誉挽回するチャンスをくれないか?」

返事は無い。それでも、独り言のように話し続ける。

「KOBに勝って、手術代を持ってきてやる。…約束だ」

俺は小指をツンの指に絡める。
そして、静かに立ち上がり、病室を後にした。

目指すは、夜の街……秋葉原。

負けられない想いを背負い、俺は決戦の舞台へと向かった。




:誇りの戦士タフガイ 第3話
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――外伝 つづく