※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

786 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:22:13.40 ID:nmJd2yvf0

――…


('A`)「く、遅れをとってしまったぜ」

誰もいない教室で、一人寂しくノートを取る。

荒巻先生は親切にも今日の分の解答をくれたので、妄想で削られた部分を

必死で取り戻している。

('A`)(くそ、溜まってるんだな…。今夜は出しとかないと)

欲求は成果を妨げてしまう。

ボクシングでも、女酒タバコはご法度というくらいだ。

(主^ω^)「お…ドクオ、今日も頑張ってるお」

('A`)「あ、カレー」

カレーがけだるそうにバッグから顔を出した。

(主;^ω^)「昨日はひどい目にあったお。明け方までトーチャンから逃げ回ったお…」

('A`)「それで今日は元気が無いのか」

(主^ω^)「でも、バッグの中でぐっすり寝たから元気になったお!」


788 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:25:07.84 ID:nmJd2yvf0

カレーは大きなあくびをし、体を伸ばす。

('A`)(やっぱ猫、だよなぁ)

今更、この状況に疑問を持つ。

…カレーの世界を救うために俺はペンを動かしている。

もちろん、自分の為でもあるけれど。

('A`)「なんか、人生って何があるかわからんなぁ」

(主^ω^)「お?」

('A`)「いや、独り言だよ。それより、早く帰って勉強するか!」

(主^ω^)「ラジャーだお!」


790 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:26:59.75 ID:nmJd2yvf0

('A`)「…っ!?」


教室から一歩踏み出した瞬間、その足を止める。


人気の無い廊下に、人影。


…誰だ?


この時間、普段なら誰も来ないのに。




「お疲れ様モナ」






('A`)「なっ…!?」


792 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:28:59.78 ID:nmJd2yvf0


その人物が、俺の顔を見る。


ドクン、ドクンと


心臓の鼓動が激しくなる。



('A`)「お前は――」


特別進学コース、スカラシップ

VIP塾模擬試験、塾内第一位。最高点 496/500


( ´∀`) 「やぁ…君、模試の1位を目指すって言ったモナ?」



――天才、モナーが俺の目の前に立っていた。

798 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:31:26.26 ID:nmJd2yvf0

('A`)「ま、まあね。今回が最後だし、頑張ろうかなぁなんて…」

( ´∀`) 「ふぅーん…」

声が、震える。

足は棒になってしまったように固っている。

( ´∀`) 「ローマ帝国前期、パックス=ロマーナの下で繁栄した五賢帝時代の最初の皇帝は?」

('A`)「…え!?」

ローマ…? 歴史か?

五賢帝の最初の皇帝?

('A`)「えっと…トラヤヌス帝?」

咄嗟に記憶を探り、答える。

すると、モナーの口がニヤリと微笑んだ。

801 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:33:17.53 ID:nmJd2yvf0

( ´∀`) 「あははー、外れモナ。正解はネルヴァ帝だモナ」

('A`)「な…そんなの教科書に載ってないぞ」

( ´∀`)「君は愚かだモナ。用語集、というものを知らないのかモナ?」

(;'A`)「な、そんな細かい知識まで暗記しているのか!?」

( ´∀`)「ふふ…悪いけど、今の僕は誰にも負ける気がしないモナ、あは、あはははははは」

(;'A`)「!?」

モナーの体から黒いオーラのようなものが浮かび上がる。

――闇、と言った方がわかりやすいかもしれない

(主^ω^)「ドクオ、この人操られてるお!」

バッグからカレーが顔を出す。

( ´∀`)「へえ、喋る猫モナ。この世界の住人じゃない奴が他にもいたモナか」

(;'A`)「操られてるって…どういうことだよ!?」


808 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:35:25.41 ID:nmJd2yvf0

(主#^ω^)「…フォックス。僕の世界の滅ぼした奴が、DATを使ってそのモナーって人を操ってるんだお」

カレーは、全身の毛を立たせながら、話す。

( ´∀`)「正解モナー。ふふ、この体は頭が冴えてて優秀モナ」

(;'A`)「じゃあ、お前はモナーだけど、モナーじゃないのか?」

( ´∀`)「そうモナ。…お喋りはこのくらいにして、喋る猫。お前のDATをよこすモナ」

モナーはカレーを睨み付ける。

だが、カレーも負けじと毛を逆立て睨み返した。

(主#^ω^)「お前なんかにDATを渡す気はないお!」

( ´∀`)「ふぅん。そういうこと言うんだ」

モナーはゆっくりと腕を上げる。

そして、俺の顔を指差した。

(;'A`)「何を…!?」

( ´∀`)「ならば勝負するモナ。1週間後の塾内模試で、僕が1位になったらあのペン形のDATと
      猫の持っているDATを頂くモナ。もし君が勝てば、僕は大人しく諦めるモナ」

813 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:37:52.74 ID:nmJd2yvf0

(;'A`)「く…」

恐ろしいほどの威圧感が体を圧迫する。

( ´∀`)「まあ僕が勝つと思うけど、やるモナ?」

(主^ω^)「何を企んでいるんだお!」

モナーは不気味な笑みを浮かべ、答える。

( ´∀`)「この体じゃ力ずくでDATを奪うのは難しいモナ。だけど、DATが模試の賞品とは都合がいいモナ。
      僕は手を下すまでも無く、DATを得ることができるモナ」

モナーは見下すような視線を向けてくる。

( ´∀`)「さ、どうするモナ? 負ける勝負を受けるモナか?」

絶対的な自信。

たしかに、モナーの頭の良さは超越している。

無理だ、勝てるはずが、ない。


818 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:40:40.06 ID:nmJd2yvf0

('A`)「お、俺は――」

その時、何かとがった物が右手に触れる。

('A`)(っ!? なんだ?)

ポケットに入っていたそれを取り出してみる。

('A`)「これは…」

それは、俺が何年も使っているペンだった。

何の変哲も無い、でも俺と共に走ってきたペンだ。

('A`)「っ!」

不意に、走馬灯のような物が頭を過ぎった。


821 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:42:14.14 ID:nmJd2yvf0

「おーいドクオ、遊びに行こうぜ!」

                     「いや、今日は塾があるから…」

「あいつつまんねーぞ、ハブこうぜ」

                     「…あいつらみんな馬鹿だ。付き合う必要は無い」

「ドクオ、お前には先生も期待してるぞ。難杉高校いけるぞ!」

                           「…はい」

「はい、明日は単語テストしまーす」

                           「一単語100回書くぞ、よし!」


825 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:44:15.32 ID:nmJd2yvf0

そうだ。

俺はこのペンと一緒に努力してきた。

精一杯やってきたんだ。

('A`)「俺は、自分を・・・信じる」

( ´∀`) 「モナ?」

俺はぎゅっとペンを握り、その切っ先をモナーに向ける。

('A`)「その勝負、受けてやるぜ」

(主^ω^)「ドクオ…!」

カレーの想いも、自分の努力も、プライドも、全部ひっくるめてこの勝負を受けてやる。

830 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:46:06.59 ID:nmJd2yvf0

( ´∀`)「その目、むかつくモナ。二度と勉強ができないくらいに打ちのめしてやるモナ。
      1週間後、楽しみにしてろモナ」

そう言うと、モナーは外へ出て行ってしまった。

俺はゆっくりとペンをおろす。

('A`)「カレー、俺たちも早く帰ろう」

(主^ω^)「うんだお!」

モナーに勝つには、普通に勉強しても駄目だ。

だったら、あれをやるしかない。


('A`)「地獄の18時間勉強、やってやる…!」


834 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:48:00.20 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「ドイツ帝国の初代皇帝は誰だお?」

('A`)「ウィルヘルム1世」

(主^ω^)「正解だお。次は…」

カレーは器用に一問一答をめくり、問題を出す。

その間、俺は歴史のノートを音読しながらひたすら書いて暗記していた。

(`・ω・´)「暗記には五感をフルに使え。耳、口、手、鼻、舌。できる限り全部だ」

トーチャンが隣からアドバイスを飛ばす。

18時間勉強をするとトーチャンに言った所、協力してくれると言われ、今に至る。

837 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:49:59.80 ID:nmJd2yvf0

('A`)「あれ、どうしてここにこの人が?」

(`・ω・´)「そこはこういうことだ」

分からないところがあると、トーチャンが後ろからフォローしてくれる。

トーチャンは経済的な理由で大学は行けなかったが、東欧大確実と言われていたらしい。

(主^ω^)「じゃあ、次の問題だお。日本の~」

('A`)「これは…こうかな?」

(`・ω・´)「こっちの方が速く解ける。だからここは~」


3人がかりで勉強を続ける。

睡眠時間は4~5時間に削り、トーチャンは会社を休んでまでサポートしてくれた。

そして、幾多の困難をお互いに支えあい、18時間勉強は順調に進んで行った……


841 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:52:30.78 ID:nmJd2yvf0

1週間後…

【VIP塾内模擬試験】

朝。

案内の看板を確認し、指定された教室へ向かう。

ゆっくりと、廊下を歩く。

ミセ*゚ー゚)リ「あ、おーい! ドク…オ?」

廊下を歩いていると、ミセリに声をかけられた。

('A`)「おはよう、ミセリ」

ミセ*゚ー゚)リ「え、う、うん。おはよう」

('A`)「どうした? 俺の顔になにかついているか?」

ミセ*゚ー゚)リ「う、ううん。なんでもない! 今日は頑張ろうね!」

('A`)「ああ」


843 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:54:09.99 ID:nmJd2yvf0

俺はそれだけ話すと、教室へ向かう。

もう少し会話をしていたいが、模試が始まるまでの1分1秒がおしい。

ミセ*゚ー゚)リ(ドクオ…あれが本当にドクオ? オーラが違う…)


教室へ入り、参考書を取り出す。

最後の詰め込みは、暗記物だ。

英単語、社会、理科…こういった暗記物を直前にやれ、とトーチャンは言っていた。

( ´∀`) 「おやおや、最後の悪あがきモナか?」

英単語を何度も書く。

スペルミスは許されない。

(#´∀`) 「おい、無視かモナ?」

後30分で始まる。時間配分も注意しないと。

(#´∀`) 「何とか言えモナ!!」

('A`)「…お前、勉強しなくていいの?」


850 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:56:05.11 ID:nmJd2yvf0

英単語を書きながら、仕方なく答えてやる。

( ´∀`)「笑わせるモナ。モナは天才モナよ? 勉強する必要が無いモナ」

('A`)「ふーん」

( ´∀`)「君のような凡人は、絶対に僕を超えられないモナ。せいぜい足掻くモナ!」

そう言うと、モナーは席に戻る。

('A`)(わかってないよ…お前は、何も)



そして、試験時間10分前になり、試験官が姿を現した。


853 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:58:53.52 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「それでは、VIP塾模擬試験を始める」

解答冊子と問題冊子が配られる。

俺は静かに目を閉じ、精神を集中する。

(主^ω^)(ドクオ…頑張るお!)

('A`)(これが、俺にとって最後の模試だ。・・・絶対に勝つ)

( ´∀`)(モナは天才なんだモナ。フォックス様、待っててくださいモナ)

ミセ*゚ー゚)リ(ドクオに勝つぞ~! パンッと弾けるチョコ!)

それぞれの想いが教室に溢れる。



――時は訪れた。



(’e’)「試験、始め!!」



858 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:01:03.09 ID:nmJd2yvf0

('A`)「―-―!?」

開いた瞬間、場が凍りついた。

問題形式が、変わっている!?

(;'A`)(そ、そんな。こんな問題は過去問には載ってなかったぞ)

準備していた頭の中が真っ白になる。

落ち着け、落ち着けと心の中で呟くが、頭の中には何も浮かんでこない。

( ´∀`)(モナモナ。余裕モナー)

カリカリと、他人がペンを走らせる音が聞こえる。

落ち着け、落ち着けってば。

手の震えが止まらない。

867 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:04:46.10 ID:nmJd2yvf0

(;'A`)(駄目だ…ちくしょう。このままじゃ――)

ふと、腕に巻いたミサンガが目に入る。

('A`)(カレー…)


~~~~~~~~~~~~~~~

(主^ω^)「これ、僕がつくったお! 手作りのお守りだお!」

(;'A`)「お前、器用だな…。猫の手も侮れないもんだ」

(主^ω^)「僕、これくらいしかお手伝いできないけど、頑張ってお!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~


('A`)(そうか…そうだよな)

俺は一人じゃない。

こんなことでうろたえてるんじゃ、カレーや父ちゃんに笑われちゃうぜ。

871 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:06:13.50 ID:nmJd2yvf0

('A`)(問題形式が変わったから何だ? 落ち着いて考えれば答えは――出る!)

俺はもう一度、問題を見る。

そして、スッスッと素早く解答を書いていく。

(’e’)(あの生徒・・・目つきが変わった!?)

('A`)(おらぁぁっぁっぁああ!!)


――――――



―――


875 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:08:11.75 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「解答やめ!指示があるまで筆記用具に触れないこと!」

チャイムが教室内に響いた。

最後の教科を終え、生徒のため息やペンを机に置く音が一気に鳴り響く。

(’e’)「特進クラスの生徒の答案は明日返却します。それ以外のクラスは2週間後です」

(’e’)「では、本日はお疲れ様でした」

セントジョーンズ先生が礼をすると、塾生たちはがやがやと教室を出て行った。


('A`)「う~ん、疲れた」

(主^ω^)「お疲れ様だお!」

外に出ると、カレーがバッグからこっそりと顔を出す。

('A`)「ふう、無事終わったよ。結果は明日にならないとわからないけど」

(主^ω^)「大丈夫だお。ドクオは頑張ったんだお! 努力の量はドクオが一位だお!」

(;'A`)「おいおい、俺が1位を取れなかった後のコメントみたいだな」

881 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:10:03.16 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「いやいや、僕はドクオが一位を取れるって信じてるお!」

('A`)「はは。まだわかんないよ」

俺は笑いながらカレーと話す。

とりあえず、やれることはやった。

後は結果を待つだけだ。

( ´∀`)「やあ。どうだったモナ? 僕? 僕はもちろん最高の出来モナ」

('A`)「聞いてない。さ、行こっか、カレー」

(主^ω^)「うんだお。今日はゆっくり休むといいお」

俺はカレーの入ったバッグを抱え、帰路についた。

…なんだか、すごい疲れた。

今日はもう帰って寝よう。

(#´∀`)「む、無視するとは生意気モナ。どうせ僕の勝ちモナ! ふん!」

886 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:12:01.19 ID:nmJd2yvf0

('A`)「ふう」

風呂から上がり、自分の部屋に入る。

疲れてる時の風呂ってどうしてこんなに気持ちいいんだろ。

('A`)「極楽ダーイブ」

(主#^ω^)「ふぎゃ!」

ベットにダイブする。

が、何かモコモコしたものが毛布の中にいたようだ。

(主#^ω^)「殺す気かお!?」

('A`)「ご、ごめん。いるとは思わなかった」

(主^ω^)「まったくもう…」

カレーが毛布から体を出し、隣に座る。

891 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:14:21.49 ID:nmJd2yvf0

('A`)「カレー」

(主^ω^)「にゃお?」

('A`)「もし、さ。DATがあいつ・・・モナーの手に渡ったらどうなるんだ?」

俺はカレーの目を見て、言った。

カレーも、真剣な目つきになる。

(主^ω^)「そしたら…フォックス――僕の世界を壊した奴の力が上がってしまうお」

沈黙が流れる。

負けた時の光景が、頭に浮かんでくる。

すぐに、その考えを振りほどいた。

('A`)「ま、明日になればわかるし、負けた時のことを考えても仕方ないな」

(主^ω^)「大丈夫にゃお、ドクオなら勝てるお!」

カレーが膝の上に乗り、励ましてくる。

…一番、怖いのはカレーだろうに。

こんな時まで他人を励ますなんて、お人よしだな。

896 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:17:56.69 ID:nmJd2yvf0

('A`)「俺たち、もう友達だよな」

(主^ω^)「お? 当たり前だお! ドクオは僕の友達だお! 」

友達、か。

久しぶりに聞いたな、その言葉。

('A`)「友達だから言うんだけど、俺、この模試で1位になったら告白するんだ…」

(主^ω^)「ちょwwwまじかお!?」

('A`)「ああ、決めた。今まで、ずっと今の関係が壊れるのが怖くて、自分の気持ちを隠してたんだ。
    …けどさ、もう迷うのはやめたんだ。男らしくビシッと決めるよ!」

(主*^ω^)「若いっていいにゃお…。ああ、青春だお」

('A`)「前から思ってたんだけど、お前何歳だよ…」


その夜は、お互いに腹を割って話した。

二人で話しているうちに、不安も薄れ、気づいたら深い眠りについていた。

903 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:20:00.97 ID:nmJd2yvf0

特進クラスの教室。選び抜かれた生徒が席に座っている。

今日、模擬試験の結果が明かされるのだ。

('A`)「いよいよだな」

(主^ω^)(うんだお)

カレーはバッグに隠れつつ、小声でささやく。

俺が教室に入ると、嫌な顔が目に入った。

( ´∀`)「やぁ。いよいよモナね。覚悟はできてるモナ?」

('A`)「それはこっちの台詞だぜ、モナー。…いや、モナーを操ってる馬鹿」

(主^ω^)(そうだお! 勝つのは僕達だお!)

( ´∀`)「へぇ、ずいぶん大口叩くモナ。ふふ、今のうちにいきがってろモナ」

モナーは不適に微笑み、席に戻った。

('A`)「ふん」

908 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:21:40.21 ID:nmJd2yvf0

ミセ*゚ー゚)リ「や、ドクオ。ついに結果発表だね」

席に座ると、隣の席にはすでにミセリがいた。

('A`)「おう、ミセリ。ちゃんと賭けは覚えてるよな?」

ミセ*゚ー゚)リ「もちろんwでも僕、自信あるよ?」

('A`)「俺だって自信あるぜ。ま、まぁ俺が勝ったら…その」

ミセ*゚ー゚)リ「?」

ミセリの顔を見る。

目が合い、その瞳に吸い込まれそうになる。

('A`)「い、いや、結果を見てからにしよう」

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、何? 言いづらいことかな~いやらしぃw」

(;'A`)(ちぇ、分かってるくせに…)

その後、緊張した沈黙が教室を支配した。

一分が、まるで一時間のように感じる。

そして、教室のドアが開いた。

914 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:23:29.61 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「では、答案を返す。順番に取りに着なさい」

セントジョーンズ先生がそう言うと、答案が返され始める。

どんどん答案が返され、順番が近づく。

('A`)(…カレー)

(主^ω^)(…ドクオ)

バッグの中に手を入れ、カレーの前足をしっかりと握る。

(’e’)「次、モナー君」

( ´∀`)「はいモナ」

モナーが答案を受けとる。

だが、裏側にしたままで中を見ていない。

…見なくとも勝利を確信してるってか。

( ´∀`)「ふふ、君がどんな絶望した顔を見せるのか楽しみモナ」

('A`)「…」

924 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:25:20.88 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「次、ドクオ君」

俺の名が呼ばれたる。

ゆっくり、ゆっくりと教卓のほうへ足を進める。

心臓の音が、はっきり聞こえる。


そして、答案を受け取り――――



(主;^ω^)


( ´∀`)


ミセ*゚ー゚)リ




           5教科合計 497/500

            塾内順位 1位


935 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:27:32.16 ID:nmJd2yvf0

('A`)「――あ」

結果を、見た。

一位、そう書かれている。

何度見ても、その数字は変わらない。

(’e’)「おめでとう、ドクオ君。君が一位だ」

セントジョーンズ先生が、そう言った。

( ´∀`)「ほーらやっぱり…え?」



('A`)「よっしゃぁぁー!!!」

俺は拳を高く掲げ、ガッツポーズを取った。

本当に、やったんだ。

俺が勝ったんだ…!!

947 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:29:38.68 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「ドクオー!」

('A`)「カレー!」

カレーがバッグから飛び出して、俺に抱きついてくる。

('A`)「やった、やったよ!」

(主^ω^)「うん、うんだお…! ドクオはやってくれたお!」

俺はカレーを抱きしめ、涙を流して喜ぶ。

その光景に、教室にいた生徒は呆然としている。

(’e’)「ド、ドクオ君、その猫は君のペットかね?」

セントジョーンズ先生が声をかける。

俺は、涙を拭いて答えた。

('A`)「いえ、こいつは…カレーは友達です」

('A`)「辛い時や、負けそうになった時…励ましてくれて、支えてくれた」

(主^ω^)「ドクオ…」

958 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:33:02.88 ID:nmJd2yvf0
「すごいよ。おめでとう!!」
「お前、頑張ってたもんな。すげぇよ」
「俺もガンプラばっか作ってないで努力するよ!」


('A`)「みんな…グスン。ありがとう」

ミセ*゚ー゚)リ「ドクオ、賭けは私の負けだね」

('A`)「ミセリ」

俺は、優しく微笑む。

('A`)「今日の5時に、3丁目の土手に来てくれないか?…話したいことがあるんだ」

ミセ*゚ー゚)リ「う、うん。わかった」

967 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:35:06.29 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「さあ、賞品の贈呈だ!」

ワァァァァァ、と歓声が沸いた。

(主^ω^)「ドクオ、いくお」

('A`)「おう!」

俺はセントジョーンズ先生の前に立つ。

そして――

(’e’)「本当におめでとう!」

そのDAT――VIP塾のオリジナルペンを受け取った。

('A`)「よっしゃぁぁぁ!」

再びガッツポーズを決める。

その後、教室の机や椅子を廊下に出し、盛大な胴上げが行われたのであった。



(  ∀ )「バカナ…ボクガ5位ナンテ…ドウシテ…」

975 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:37:03.67 ID:nmJd2yvf0

胴上げも終わり、塾の外へ出る。

夕日がアスファルトを赤く照らし、蕎麦屋の笛の音がどこかから聞こえてくる。

('A`)「これで、終わったんだな」

(主^ω^)「うんだお! …ドクオ、本当にありがとうだお」

カレーは俺に向かって頭を下げる。

('A`)「そりゃ俺が言う台詞だぜ。正直、一人だったら絶対にどこかで挫折していたよ」

(主^ω^)「ドクオ…」

('A`)「でも、さ。お前がいたから最後まで頑張れたって言うか…うまく言えないけど、そんな感じだよ」

983 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:39:01.18 ID:nmJd2yvf0

お互いに目を合わせ、微笑む。

傍から見たら、猫と目を合わせて笑っている変な人にしか見えないだろうけど

俺は、この心地よい空間を満喫していた。

('A`)「そうだ、DATをお前に渡さないとな」

俺はバッグからDATであるペンを取り出した。

('A`)「はい」

(主^ω^)「ありがとうだお! これで、僕の世界の復活にまた一歩近づいたお!」

カレーにペンを渡そうとする。



だが、その手はカレーに届く前に、止められた。

989 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:40:50.25 ID:nmJd2yvf0

( ´∀`)「フリーズ!」

('A`)(主^ω^)「!?」

声が発せられた方向に視線を向ける。

そこには、ナイフを手にしたモナーが立っていた。

('A`)「モナー…!?」

( ´∀`)「ありえないモナ…そのDATは僕が得るハズだったモナ。この僕がね…」

モナーはナイフを握り締め、近づいてくる。

夕方の路地、辺りに人気は無い。

( ´∀`)「天才である僕が…君のような凡人に負けるなんて何かの間違いモナ。ふひ、ふひひ」

モナーの目が黒く歪む。

背後にはおぞましい闇のオーラが発せられている。

(主^ω^)「恐ろしい憎悪だお…!」

( ´∀`)「この体は、天才だったはずだ。なぜ、なぜ負けたんだ?え? お前カンニングか?」

モナーは一歩、また近づきながら言う。

10 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:42:29.50 ID:nmJd2yvf0

('A`)「…お前、どうして自分が負けたか気づいてないのか?」

( ´∀`)「それは、どういうな意味だ?」

モナーの足が止まる。

('A`)「俺はさ、最初モナーのことを天才だと思ってた。勉強しなくてもできる奴だって」

( ´∀`)「その通りだモナ。このモナーは文字通り天才なのだからモナ」

('A`)「でも、お前と会った時――俺はあることに気づいたんだ。お前の右手のペンダコにな」

俺がそう言うと、モナーは自分の右手を見る。

そこには、確かにペンダコの後が存在していた。

('A`)「モナーは何もしないで一位をとっていた訳じゃない。それに見合う努力をしてたんだ。
    けど、モナーの体を乗っ取ったお前はそれを怠った」

( ´∀`)「そんな…モナーが努力を? 僕は天才だ。ありえな…う…うぉ」

12 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:44:03.00 ID:nmJd2yvf0

モナーの口調がおかしくなり、頭を抱えて苦しみ始める。

(主^ω^)「モナー君を乗っ取ってる悪の力が分離しかかってるお!」

( ´∀`)「うお…畜生、DATだ、DATをよこせぇぇぇ!」

モナーが地面を蹴り、突進してくる。

だが、突きつけられたナイフに不思議と恐怖心は沸かない。

('A`)「ペンを投げた時点で、お前は負けてたんだよ!」

俺はDATであるペンを握り、空高く掲げる。

すると、ペンが光を発し、七色に輝き始めた。

25 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:47:59.62 ID:nmJd2yvf0

('A`)「勉強において、実力に繋がるのは努力の持続…」


( ´∀`)「おおおおお!!!!」


('A`)「努力を怠り、ペンを投げた者に、裁きを!」


( ´∀`)「――ッ!」

(主^ω^)「ドクオ!」


('A`)「モナーの体から消えろぉぉぉ!!」


ペンの切っ先をモナーへ向ける。

七色に輝いた光線が放たれ、モナーの体を包み込んだ。

( ´∀`)「うう、うあああああああ! ち、畜生ぉぉぉ!」


モナーの中から闇のオーラが消え去っていく。

強烈な閃光。 ・・・やがて、視界が元に戻った時、モナーはその場に倒れこんでいた。

31 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:49:59.97 ID:nmJd2yvf0

――――


――


( ´∀`)「あ、あれ? ここはどこモナ?」

('A`)「モナー…だよな?」

( ´∀`)「えっと、君はドクオ君? なんで僕、こんな所に…」

モナーは起き上がり、首を横に振る。

説明してやりたいが、いかんせん説明しづらい…。

37 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:52:00.50 ID:nmJd2yvf0

('A`)「い、いや。お前急に倒れたんだよ。模試で疲れがたまってたんだろ」

( ´∀`)「そうモナか。うーん、なんか記憶が曖昧だモナ。…まぁいいや」

モナーは自分の鞄を持ち上げる。

('A`)「お、おい。帰るのか?」

( ´∀`)「帰るモナ。早く帰らないと今日のノルマがこなせないモナ」

('A`)「…ちなみに、ノルマってどのくらい?」

( ´∀`)「これくらいモナ」

モナーはポケットからメモを取り出すと、俺に見せた。

('A`)(こりゃ勝てないわ…)

( ´∀`)「それじゃ、ばいばいモナ」

マイペースな天才は夕日を浴びながら去っていった。

その姿を、俺は一生忘れないだろう。

41 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:54:01.20 ID:nmJd2yvf0

('A`)「はい、DAT」

(主^ω^)「今度こそちゃんと受け取りましたお」

俺はカレーにDATを手渡す。

さっきまで光り輝いていたのが嘘の様に普通のペン。

('A`)「にしても、さっきの七色光線は一体…」

(主^ω^)「それは、きっとドクオの想いがDATの力を呼び起こしたんだお」

('A`)「想い、か」

何の想いだろう。

考えてみたが、面倒なのでやめた。

結果としてDATも得れたし、モナーも元に戻った。

47 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:56:00.88 ID:nmJd2yvf0

('A`)「で、カレーはこれからどうするんだ?」

(主^ω^)「僕は…」

急に表情が曇る。

何か、言いにくそうな様子だ。



(主´ω`)「僕は、他のDATを集める為に、また別の世界に飛ばなきゃならないお…」

56 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 22:58:01.75 ID:nmJd2yvf0

('A`)「…そっか」

わかりきっていたことだ。

けれど、どこかで期待してたのかもしれない。

もう少し、一緒にいられる、と。

('A`)「そっか、じゃあDATも手に入ったし、早く他の世界に行かないとな!」

(主^ω^)「…ドクオ?」

俺はカレーに背中を見せ、続ける。

('A`)「さっさとDATを集めないと、フォックスとか言う奴に出し抜かれるんだろ?
    だったら、もうこの世界には用は無いだろ」

(主^ω^)「そ、それはそうだけど…」

('A`)「言っとくけど、俺はお前がいなくたって寂しくないんだからな!
    いちいち気を使ってグズグズ遅らせんなよ。俺だってお前に構ってる暇はないんだし」

早口で、そう言った。

早口じゃないと、その意味を自分が理解して、涙が出てしまうから。

('A`)「俺は…受験もあるし、これから告白しなきゃいけないしな!」

61 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 23:00:01.19 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「ドクオ…」

背後から聞こえるカレーの声が、俺の目頭を熱くさせる。

…馬鹿、早くいけよ。

これ以上は、やばいって。

('A`)「ほら、早く行けって。俺はもう行く――

言葉が途切れた。

カレーが俺の前に回りこみ、そのニコニコした顔を見せる。

(主;ω;)「ドクオ。僕、僕…!!」

あーあ、泣いてやんの。

猫が涙を流すなんて見たことないよ。

('A`)「ばっか…なんで、顔見せるんだよ…」



(;A;)「涙が、涙が出ちまうだろーが!!」

66 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 23:02:02.10 ID:nmJd2yvf0

(主;ω;)「ドクオー!!」

カレーをしっかりと抱きしめる。

涙が頬をつたい、ポロポロと地面に落ちていた。

(;A;)「お前のこと、忘れないからな! またどっかで会おうな!」

(主;ω;)「僕も忘れないお! ドクオは、僕の友達なんだお!」

人気のない路地。

夕日に照らされ、俺たちは最後のひと時を過ごす。

やがて、カレーの首輪に引っ掛けられていたDATが光を発し、カレーの体を光が包み始めた。

('A`)「カレー!」

(主^ω^)「ドクオ…本当にありがとうだお」

71 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 23:04:00.65 ID:nmJd2yvf0

DATの光はどんどん強くなり、やがて視界が真っ白になる。

光の中で、カレーの声が再び聞こえた。


       (主^ω^)「さようならだお。ドクオのこと忘れないお」



……




('A`)「あいつ、最後までお礼ばっか言いやがって…」

俺は軽くなったバッグを抱え、立ち上がる。

残った涙を袖で拭い、顔を整える。

('A`)「4時50分か、やべ、急がなきゃ!」

もう一つの、大切な約束を思い出す。

('A`)「カレー…お前のおかげで気づいたんだ。俺はもう、一人じゃないんだよな」

俺は、最後にそう呟くと、土手へ向かって走り始めた。

3