※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

552 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:28:15.62 ID:nmJd2yvf0

「はい。どうぞ」

先生から、答案をもらう。

大丈夫、あれだけやったんだ。

ぶっちぎりの一位に違いない。

さあ

現実を受け入れよう。



     【VIP塾中学生統一模試】


      塾内順位   2 位

562 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:30:28.99 ID:nmJd2yvf0



        ( ^ω^)ブーンが世界を巡るようです



       【 IN ('A`)ドクオのペンは進まないようです編】




566 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:32:31.84 ID:nmJd2yvf0
「いくぜ、デュクシ!デュクシ!」
「はいバリアー!今の無効~」
「オレ、モンハンやりたいから帰っていい?」


('A`)「…」

夕方の公園。

子供達の楽しそうな声が辺りに響いている。

('A`)「…はぁ」

模試の結果をもう一度、見る。

2位。

('A`)「あーあ…なんでだよ」

勉強時間なら、誰にも負けてない自信があった。

点数だって、5教科9割を越えた。

…けど、頂点には一人、天才がいる。


569 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:34:10.91 ID:nmJd2yvf0

      ( ´∀`)「勉強? 別にそんなにやってないモナ」


塾内順位1位、モナー。

全国でも上位に食い込む、『天才』

('A`)「くそっ…天才は努力が99%で出来ているってのは嘘かよ…」

悔しい。

届きそうで届かない僅差。

次の模試が、中学最後の模試だ。

モナーと決着を付ける、最後のチャンス

('A`)「絶対…越える! 努力が才能を超えるってことを証明してやる…!」


581 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:43:05.20 ID:nmJd2yvf0
「じゃあなー! 明日アレ持って来いよー!」
「ああ、アレなー!アレ!」
「アレってなんだよwwwwバーローwww」

夕日が公園を照らす。

5時半、か。               (((主^ω^)

そろそろ帰ろう。

('A`)「……よし、帰って勉強だ」

一人反省会を終えて、重い腰を上げる。

バッグを持ち上げ、歩き出す。

('A`)「……なんか、バッグが重く感じるな」

腕がだるい。

最近、筋トレしてないから、鈍ったのかもしれない。

帰ったら、勉強前に腕立てでもするか。


587 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:45:06.42 ID:nmJd2yvf0

('A`)「ふん! ふん! ふん!」

腕立ての極意は、鍛える部分に意識を集中することだ。

これによって、より効率的に筋力アップが出来る。

('A`)「じゅ~…っぎお!」

腕がプルプル震えて、そのままうつ伏せに倒れこむ。

('A`)「はぁ…はぁ…15回もできたぞ。新記録だ」

592 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:48:37.85 ID:nmJd2yvf0

鏡の前でポーズを取り、鍛えられた自分の体を憧れのキャラと被らせる。

('A`)「うーん、まだまだだな。腹筋も割らなきゃ…」

そんなことを考えつつ、額に指を当てて力を溜めてみたり

クールキャラを真似して、腕を組んだまま斜め上から見下ろしてみる。

('A`)「俺がこの指輪の適合者だ…ククク」

(主;^ω^)「…」

('A`)「はぁ--アクセス」

(主;^ω^)「……」

('A`)「く…腕の傷が…! 収まれ…!」



(主;^ω^)「………あのぉ」

599 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:51:02.98 ID:nmJd2yvf0

('A`)「僕は君の、道しるべになりたい」

(主;^ω^)「………あのぉ」

('A`)「なんだよ、さっきからうるさいな」

ん?

待て待て待て。

第三者の声→男の声→この方程式から導かれる者は…

('A`)「と、父ちゃん! ごめん、今から勉強始めようと思ってた所…」

(主;^ω^)「…どうもですお」

目の前にいる生物。

どう見ても猫です。本当に(ry

602 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:53:11.99 ID:nmJd2yvf0

('A`)「なーんだ。猫かぁ」

(主^ω^)「この世界ではそういうことになってるみたいだお」

('A`)「ふーん、そうなんだ」

なんだ、猫か。

まったく人騒がせな・・・焦っちまったぜ。

('A`)「さて、勉強勉強」

机に座り、ペンを握る。

ふと、気がついた。

…俺、猫と話してた?


607 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:55:14.63 ID:nmJd2yvf0

('A`)「・・・」

猫のほうへ顔を向ける。

360度、どう見ても猫だ。

(主^ω^)「訳あって、今はこんな姿なんだお。実は…」

呆然としている俺を無視して、淡々と話を進める猫。

なんだ、これ。

とうとう俺はファンタジー世界の住人になっちまったのだろうか?

いや、いくらなんでもそこまで自分を追い詰めた覚えは無い。

じゃあ、これは・・・現実?



      ヽ ('A`)/  「えええ-!?」 
      \(.\ ノ   ズコー


612 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:57:15.66 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「と、いう訳でDATに心当たりがあるなら教えて欲しいにゃん!」

('A`)「・・・」

猫の話によると、事のあらすじはこうだ。

猫の住む世界・・・主軸世界を構成する『DAT』が悪者によって盗まれてしまった。

猫は、主軸世界を救うために、あらゆる世界に散らばったDATを探している。

('A`)「そ、それなんてエロg――」

(主^ω^)「信じられないかもしれないけど、真実なんだお。協力してくれないかお?」

('A`)「あ、あはは…」

思わず笑いがこみ上げる。

DAT? 主軸世界? 世界を護る?

('A`)「おいおい、ファンタジーにもほどがあるぜ。それを信じろって?」

(主^ω^)「信じられないかもしれないけどお・・・本当なんだお」


617 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 19:59:23.30 ID:nmJd2yvf0

('A`)「そうか、これは夢なんだ!」

(主^ω^)「お?」

何かのRPGのストーリーが、深層意識として夢にでたのかもしれない。

('A`)「そっか、夢だったのか。それなら猫が喋ってるのも納得がいくわ」

(主^ω^)「夢じゃないお。ためしてみるかお?」

爪を光らせて迫る猫。

大丈夫、夢だから痛みなんてあるはずが無い。


・・・・・・


・・・


「ギャァァァッァァ!」

(`・ω・´) 「な、なんだ!?」

622 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:02:05.16 ID:nmJd2yvf0

部屋の扉が勢い良く開けられる。

(`・ω・´)「ドクオ! どうした!?」

(メ'A`)「あ、トーチャン・・・」

(`・ω・´)「何があった!? 泥棒か!? 強盗か!?」

(メ'A`)「いや、その・・・」

(`・ω・´)「ん?」

トーチャンが足元を見る。

そこには、俺を引っかいた張本に・・・猫。

(主^ω^)「お邪魔してますお」

624 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:04:05.85 ID:nmJd2yvf0

(`・ω・´)「猫?」

(主^ω^)「色々、訳あってこの世界にきましたお」

猫がトーチャンに話しかけている。

その光景を、ただ呆然と見つめることしかできない。

(`・ω・´)「な、な、な…」

トーチャンの体が震える。

まずい、ショックがでか過ぎて泡吹いて倒れるかも…。

('A`)「と、トーチャン。これは、なんというか、その、夢っていうか…」

説明出来るわけがない。

自分だって、何がなんだか把握できてないし…。

629 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:06:06.99 ID:nmJd2yvf0

(`・ω・´)「な、ななななな…」

(主^ω^)「勝手にお邪魔しちゃってごめんなさいだお」

猫が前足をひょい、と上げる。

トーチャンの体がさらに震え、そして――――




(`・ω・´)「な~んて可愛い猫ちゃんだろ! ヨチヨチ、こっちにおいで~」


言い忘れていたが、トーチャンは他に類を見ないほどの猫好きである。

637 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:08:15.92 ID:nmJd2yvf0

(;'A`)「ええ!?」

トーチャンは猫を抱きかかえると、優しく猫の背を撫でた。

(`・ω・´)「ん~可愛いでちゅね~。ゴロゴロ~」

(主*^ω^)「くすぐったいお」

(;'A`)「…」

何かおかしい。

違和感、そう、違和感だ。

猫が喋ってるの見て、あまりのショックにトーチャンも気がふれてしまったのだろうか?


641 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:10:29.81 ID:nmJd2yvf0

呆然としている俺を他所に、トーチャンは喋る猫と戯れる。

(`・ω・´)「それにしてもよく鳴く子でちゅね~。お腹すいてるんでちゅか?」

(主*^ω^)「お? そういえば少しお腹すきましたお」

(`・ω・´)「ん~、ちょっと待っててね~。キャットフードを用意してあげるから♪
      …ドクオ、お前も手伝いなさい」

('A`)「は、はぁ」

釈然としないまま、猫を抱いたトーチャンの後を追って台所へ行く。

一体、何がどうなってるんだ?

俺の頭の中はハテナマークで一杯だった。

645 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:12:11.44 ID:nmJd2yvf0


(`・ω・´)「で、この猫はどうしたんだ? ドクオ」

('A`)「えっと、気がついたら家についてきてたっていうか…」

(`・ω・´)「なるほどな。野良猫か」

('A`)(まぁそこらへんの野良猫とは違うけど…)

真剣な顔で、缶詰の蓋を開けているトーチャン。

シュールすぎて、笑いがこみ上げてくる。が、ここで笑うのは馬鹿かマゾかのどっちかだ。

(主^ω^)「いやー、キャットフードを食べるのは初めてだお」

(`・ω・´)「ん、もうすぐだから、もうちょっと待っててね~。
      …よほどお腹が好いてるんだな。さっきからよく鳴いている」


649 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:14:17.83 ID:nmJd2yvf0

('A`)「トーチャン…もしかして、猫の言葉が聞こえてないの!?」

咄嗟に疑問をぶつける。

すると、トーチャンは笑いながら

(`・ω・´)「ははは。面白いことをいうな。猫の言葉がわかったら、それは楽しいことだろう」

(主^ω^)「お? 聞こえてるように見えたけど…聞こえてなかったのかお?」

('A`)「…え?」

さっきまでの、トーチャンの行動を思い浮かべる。

…猫の声は聞こえていなかった?

じゃあ、コイツの声が聞こえてるのは、俺だけ?

(`・ω・´)「ほーら、たんとお食べ~」

(主^ω^)「ハムッ!ハフハフ!ハムッ!」


653 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:16:14.04 ID:nmJd2yvf0

(`・ω・´)「その猫は、お前が拾ってきたんだ。責任もって面倒を見なさい」

('A`)「…」

拾ってきた訳じゃないんだけどね。

というか、責任とかじゃなくて、どう見てもトーチャンが飼いたいだけです。本当に(ry

(`・ω・´)「それじゃ、しっかり勉強するように。またね、カレーちゃん♪」

(主^ω^)「お? 僕のことかお?」

トーチャンが猫の頭を撫でる。

('A`)「トーチャン、カレーって、この猫の名前?」

(`・ω・´)「そうだ」

('A`)「なんでカレー?」

(`・ω・´)「昨日、カレー食べたからだ」

('A`)「…」

(`・ω・´)「勉強しろ」

そう言うと、トーチャンは部屋を出て行った。

657 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:18:26.78 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「あの人、いい人だおw」

('A`)「…」

さて、この喋る猫…カレーと二人きりになった訳だが。

('A`)「とりあえず、夢じゃないのはわかった」

(主^ω^)「お? ドクオ、信じてくれるのかお!」

(;'A`)「な、なんで名前知ってんだよ!?」

(主^ω^)「さっき、お父さんが君の事ドクオって読んでたからだお」

(;'A`)「…猫のくせに鋭いな」

660 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:21:29.79 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「僕は元々猫じゃ無いお。ただ、『この世界』では猫のようだお」

わかるような、わからないような…

とにかく、このカレー(トーチャン命名)の話をもう一度、kwsk聞いてみることにしよう。

('A`)「なあ、最初に話してたDATやら自分の世界やらの話…もう一度聞かせてくれないか?」

(主^ω^)「OKだってのクラッカーだお!」

カレーは、自分がこの世界に来た理由、目的、そして協力して欲しい旨を俺に伝えてきた。

662 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:23:28.62 ID:nmJd2yvf0

--…


('A`)「その、DATってモンは見ればわかるんだな?」

(主^ω^)「そうだお。この世界には異質のものだから雰囲気でわかるお。
      ただ、形状がどうなってるか、どこにあるかはわからないお」

('A`)「なるほど、例えば――


  ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (´∀`*// < DAT拾ってきたぞー
    ⊂二     /    \_____________
     |  )  /
     ●/    ̄)
      ( <⌒<.<
      >/

('A`)「と、いうこともありえるのか?」

(主;^ω^)「ま、まあそういう事に成ってないとは言えないお」

665 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:27:08.01 ID:nmJd2yvf0

('A`)「つっても、何処にあるのか検討すらつかないし…」

(主^ω^)「とりあえず、見つかるまでドクオと一緒に行動させて欲しいお」

(;'A`)「ええ? お前猫じゃん。それに俺、明日塾あるし模試も近いし」

(主^ω^)「そこは、ほら。隠すなりしてごまかして欲しいお」

ぶっちゃけ、面倒だ。

受験も近いし、バッグに猫隠してるのがばれたら俺のイメージ台無しじゃないか。

せっかく、塾内ではクールで頭のいい天才を気取っているというのに…。

('A`)「一人で探せばいいじゃん。俺だって暇じゃないんだけど」

(主^ω^)「僕、この世界のことはよくわからないんだお…」

カレーは急にしゅん、とした顔になる。

669 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:29:20.81 ID:nmJd2yvf0

(主´ω`)「身勝手な頼みですまないお…でも、僕がやらないと僕の世界が滅びちゃうんだお。
      どうしても駄目かお?」

世界が滅びるなんて嘘だろ?

――なんて、喋る猫の前で突っ込んでも説得力が無いよな。

時間掛かりそうだし、こちらとしては何の見返りも無い。

('A`)「…はぁ」

じゃあ断るかって?

('A`)「ま、少しぐらいなら協力してあげてもいいけど?」

好奇心。

それは、まだ俺の中に存在する、少年の冒険心かもしれない。

『こいつの助けになりたい』っていうのも少しだけ。

(主^ω^)「…ッ! 本当かお!? ありがとうだお!!」

カレーが笑顔を俺に向ける。

('A`)「ま、そのDATが見つかるかどうかわからんけど、協力してやるよ」

――ハッ、俺はいい人である自分に酔ってるのかもな


672 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:31:19.05 ID:nmJd2yvf0

「ここの方程式はこうか?」
「は、違うだろ。こっちのが簡単に解けるだろ」
「あ、そっか。じゃあここは…」


(主^ω^)「これが、ジュクかお? なんだか殺気だってるお」

('A`)「最後の模擬試験が近いからな。俺も勉強しないと…」

ふと、塾の掲示板を見る。

『頑張れ受験生!』

『最後の模試、塾内1位の方には豪華なプレゼントが!』

('A`)「プレゼント?」

そこには、何の変哲も無いペンが映っていた。

塾のオリジナルデザインだろうか。

何故か…不自然、というか妙な印象を受ける。


677 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:33:11.33 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「ドクオ、何見て…」

カレーがバッグから顔を覗かせた。

そして、その目が輝きだす。

(主^ω^)「ど、ドクオ! ここに映ってるの、DATだお!」

(;'A`)「なんだって!?」

もう一度、掲示板を見る。

('A`)「そう言われれば…」

理屈じゃない。感覚的に…それがこの世界に不自然、ということがわかる。

('A`)「こんなに早く見つかるなんて…」


682 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:35:13.07 ID:nmJd2yvf0


「なーに一人でぶつぶつ言ってるの」


('A`)「うおっ!」

突然、背後から肩を叩かれた。

ミセ*゚ー゚)リ「おっす。元気してる?」

('A`)「ミセリ…い、いつからそこに?」

ミセ*゚ー゚)リ「さっきからずっとー。 ドクオこそ何を見て…お、模擬試験のお知らせかぁ」

ミセリは、俺の肩に手をおいたまま後ろの掲示板を見る。

俺の体との距離が限りなくゼロに近くなる。

('A`)「ば、バカ! そんな引っ付くな!」

ミセ*゚ー゚)リ「あれれ? もしかして、照れてるぅ?」

687 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:37:06.72 ID:nmJd2yvf0

('A`)「ち、ちげーよ! 暑苦しいだけだっての!」

ミセ*゚ー゚)リ「顔真っ赤だよwあはは、タコみたいw」

('A`)「タコって…」

ミセリは俺の顔を見て、笑う。

やばい、この笑顔はやっぱ可愛い…。

って、いかん。俺よ、落ち着け。

ミセ*゚ー゚)リ「ま、ドクオも最後の模試、頑張りなよ! また2位だったら罰ゲームね!」

(;'A`)「な、そりゃねーよ…。まあ、それなりに頑張るけど」

と、塾の予鈴が鳴った。

廊下にいた生徒達はザワザワとそれぞれの教室へ移動を始める。

ミセ*゚ー゚)リ「それじゃ、ボクは社会の授業だから。またね♪」

692 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:39:04.58 ID:nmJd2yvf0

(*'A`)「…ふう」

ミセリの後姿を見送る。

学校は違うが、塾の講座で席が近かったりで自然と仲良くなった子だ。

(主*^ω^)「ふひひwドクオ。可愛い彼女持ってるじゃないかお」

('A`)「ゲッ! 忘れてた…」

カレーが、バッグからこっそり顔を出す。

(主*^ω^)「で、どこまで手を出したんだお?Aかお?Bかお? おじさんに言ってごらんお」

(;'A`)「ば、バカじゃねーの!? 猫の癖に何言ってやがる! それに、ミセリはまだ恋人じゃ…」

(主*^ω^)「まだ、なのかお。ふーん…」

やられた。

こいつ、実は結構頭いいんじゃないだろうか?

('A`)「猫にカマかけられるなんて…欝だ」

698 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:41:02.61 ID:nmJd2yvf0

(’e’)「授業を始めるぞー」

理科の名教師、セントジョーンズ先生の授業を受ける。

この先生の授業は、とてもわかりやすいと塾内でも評判だ。

(’e’)「ここは、ハ~~~ロ~~~~ゲンッ!! 覚えとけー。大学入試ででるぞー」

('A`)「ハロゲン、と」

さすが名講師。

高校入試のレベルを超えている。

701 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:43:03.34 ID:nmJd2yvf0

キーンコーンカーンコーン…

(’e’)「はい、今日はここまで」

その一言と共に教室が塾生達の声で溢れた。

('A`)「さてと…」

俺はバッグにテキストを押し込む。


(主;^ω^)「痛い! 痛いお!」

(;'A`)「あ、ごめん。忘れてた」

バッグの中からカレーが顔を覗かせる。

705 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:45:06.29 ID:nmJd2yvf0

(主#^ω^)「気をつけてほしいお。それより、あのDATはどうやったら手に入るんだお?」

('A`)「DAT・・・あのペンか」

模擬試験の校内1位に送られる記念品がDATだ。

…たいした物じゃないし、もしかしたらお願いすれば貰えるかもしれない。

('A`)「よし、ちょっと待ってろ」

(主^ω^)「おっお!」


707 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:47:08.62 ID:nmJd2yvf0

……


('A`)「ダメだって」

(主^ω^)「そうかお…」

('A`)「あのペンが欲しいなら模試で1位になれってさ」

(主^ω^)「じゃあ僕もその模試を受けるお! そして1位になってDATを回収するお!」

カレーはバッグの中で暴れる。

('A`)「おまwwバッグ壊すなww  それに、お前猫じゃん」

(主^ω^)「猫は模試を受けられないのかお?」

('A`)「うん」

(主´ω`)「そうかお…」

カレーはがっくりとうな垂れる。

709 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:49:03.02 ID:nmJd2yvf0

('A`)「必死、なんだな…」

ポツリ、と呟く。

自然と口から出た言葉。

(主^ω^)「僕は、自分のいた世界が大好きだったんだお」

カレーは、その小さな瞳をこちらへ向けた。

(主^ω^)「暖かくて、みんな優しくて…けど、今は無いんだお」

('A`)「お前…」

(主^ω^)「でも、絶対取り返すんだお! 僕にしかできないんだお!」

('A`)「――ッ」


712 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:51:02.65 ID:nmJd2yvf0

こいつ…すごい。

本気でそう思った。

俺だったら、他人の為にこんなに必死になれるか?

今やってる勉強だって、結局は自分のため。

他人に対して無償でやっているわけじゃない。

('A`)「お前、強いんだな」

(主^ω^)「お?」

('A`)「決めた!」

俺は、こいつの助けになりたい。

好奇心や遊び心じゃなく、本気で、ただ助けになりたい。

('A`)「俺が模試で1位になって、DATを回収してやる」

719 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:53:08.12 ID:nmJd2yvf0

(主;ω;)「ドクオ・・・うわぁぁん! ありがとうだにゃお!」

カレーがバッグから飛び出し、俺に抱きつく。

('A`)「ちょwwwばか、出てくるなwww」

(主;^ω^)「あ、アイムソーリーヒゲソーリーだお!」

俺が小声で囁くと、カレーはすぐにバッグに戻った。

(;'A`)(誰にも見られて…ないよな?)

辺りを見回し、誰もいないことを確認した。

('A`)「んじゃ、家に帰って早速、勉強するか!」

(主^ω^)「おっお! 僕もできるだけお手伝いするお!」

('A`)「お、おう。頼もしいぜ」

俺はそう言うと、帰路に着いた。

722 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:55:02.64 ID:nmJd2yvf0

('A`)「えーっと、ここがこうなって…」

家に帰ると、俺はペンを進め始めた。

とりあえず、今日は基礎固めをしっかりやる。

焦って応用に手を出すのは素人のやる事だ。

('A`)「この計算は…」

カリカリ

(((主^ω^)「…」

('A`)「間違えた、じゃあここは…」

カリカリ

(主^ω^)))「…」

('A`)「……」

カリカリ

((((((主^ω^))))))


725 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:57:01.83 ID:nmJd2yvf0

('A`)「あの、カレー?」

(主^ω^)「おっお! 何か手伝える事があるかお!?」

声をかけると、物凄いスピードで足元まで走ってきた。

('A`)「トーチャンがもうすぐ帰ってくるから、相手をしてあげてくれないか?」

(主^ω^)「お?」

('A`)「ほら、俺は勉強してるからトーチャンも寂しいと思うんだ。…頼めるかな?」

(主^ω^)「まかせるお! 僕は僕なりにできる事をやるお!」

そう言うと、カレーは凄いスピードで階段を降りて行った。

('A`)「あ…」

いっちゃった。

なんか、追い出したみたいで罪悪感。

729 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 20:59:05.69 ID:nmJd2yvf0

('A`)(勉強って一人でするものだしな…)

気を取り直し、俺は再びペンを動かし始める。

しだいに集中力が高まり、周りの音が聞こえなくなる。

玄関のドアが開いた音も、当然、俺の耳には入ってこなかった。



―――――


(主^ω^)「おかえりなさいだおー!!」

(`・ω・´)「か、カレーちゃぁぁぁぁん!!待っててくれたのぉぉ!!」

(主;^ω^)(ヒゲが、ヒゲが痛いにゃおぉぉ…!)

733 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:01:06.25 ID:nmJd2yvf0

('A`)「…ふう、やっと基礎がオワタ」

ペンを置き、大きく息を吸いながら体を伸ばす。

ふと、時計を見ると11時30分を指していた。

('A`)「4時間か…さすがに疲れたぜ」

机を離れ、ベットに倒れこむ。

毛布のやわらかい感触が眠気を誘う。

('A`)「ねむ…」


まぶたが少しづつ重くなり、目を閉じる。

…瞬間、頬を撫でられる感触。

(主^ω^)「ドクオー、大丈夫かお?」

('A`)「ん、ああカレーか…」

俺は体を起こし、ベットの上に座る。

カレーもその隣にちょこんと座った。

738 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:03:02.06 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「お父さんといっぱい遊んできたお! ドクオのお父さん面白い人だおww」

('A`)「悪いな。トーチャンの世話、頼んじゃって」

(主^ω^)「全然おkだお! ドクオは僕のために頑張ってくれてるんだお。
      僕もドクオの為に何かしなくちゃだめなんだお!」

('A`)「…そっか」

カレーは満面の笑みを顔に浮かべる。

そして、俺の膝の上に乗ってきた。

('A`)「お前、ほんとに猫みたいだな。・・・いや猫だけど」

(主^ω^)「お? うーん、体が勝手に動いちゃうんだお。本能だおw」

カレーのふさふさした毛ざわりが気持ちいい。

軽く撫でてみた。

742 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:05:05.94 ID:nmJd2yvf0

(主^ω^)「にゃ、にゃお…」

('A`)「気持ちいい?」

(主^ω^)「う、うんだお」

('A`)「へえ…じゃあこうしたらどうかな?」

(主//ω//)「にゃ、にゃんお…くすぐったぁいお…」

ハァハァ…

ハァハァ……






「ふぎゃお――――!!!!!!」


(`・ω・´)「な、なんだ!?」


749 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:07:02.59 ID:nmJd2yvf0

(主#^ω^)「やりすぎだお」

(メ'A`)「ご、ごめんなさい」

つい肉球に手が出てしまった。

でも、やっぱ見た目通り柔らかかったなぁ…

(メ'A`)「フヒヒww」

(主#^ω^)「さすがの僕も引くお。せめて人間に発情しろお!」

カレーはそっぽを向きながら言った。

('A`)「すまんすまん。無意識のうちに手が出てしまった」

(主#^ω^)「以後、こんなこと起こさないでほしいお! 僕はもう寝るお!」

カレーは毛を逆立てたままドアへ向かう。

751 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:09:06.54 ID:nmJd2yvf0

('A`)「お、おい。どこ行くんだ?」

(主#^ω^)「ドクオの部屋で寝たら色々奪われちゃいそうだから、お父さんの部屋で寝るお!」

…そう叫ぶと、カレーは部屋を出て行ってしまった。

('A`)「トーチャンの部屋はやめといたほうがいいと思うんだがなぁ」

まぁいいや。

('A`)「寝よっと」

俺は電気を消して、眠りについた。

――その夜、カレーの悲痛な叫びが響いたのは言うまでもないだろう。




「にゃお――――!!」


755 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:10:53.75 ID:nmJd2yvf0

/ ,' 3「ここの不定詞はこっちにかかるんじゃ。だから訳はこうじゃ」

英語の担当、荒巻先生の声が教室に響く。

昨日予習した分、授業はわかりやすくてすぐに理解できた。

('A`)「おし、順調だぜ」

訳もOK、と。

ミセ*゚ー゚)リ「ずいぶん気合入ってるね、ドクオ」

問題を一通り解いた時、隣の席にいたミセリが話しかけてきた。

('A`)「まあね。次の模試こそは塾内一位になりたいし」

ミセ*゚ー゚)リ「ふーん…。でも、僕も負けないからねw僕、前回は5位まで上がったんだよ」

(;'A`)「5位? げげ、ずいぶん伸びてるなあ・・・」

ミセリの前回順位は16位くらいだったのに。


758 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:13:38.29 ID:nmJd2yvf0

ミセ*゚ー゚)リ「へへ、苦手な数学も克服したしね。負けないよー?」

ミセリはいたずらっ子のような笑顔を向ける。

…だから、この心臓のドキドキは収まれって。

落ち着け俺、be coolに、だ。

(;'A`)「お、俺だって負けないからな」

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ、賭けようか?」

ミセリはペンを回しながら言う。


('A`)「賭けって、何を賭けるんだよ。金?」

ミセ*゚ー゚)リ「んー、そうだなぁ。私が勝ったらパンッとはじけるガム20個奢ってw」

( A )「20個…120円×20=2400円?」

毎月のお小遣い1000円の俺に2400円はきつい。

キツイってレベルじゃねーぞ!!

ミセ*゚ー゚)リ「うんw じゃあよろしくっ!」

('A`)「え、ちょwwお前勝手に決めるなよ! それに、俺が勝ったら何くれるんだ?」



769 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:16:03.71 ID:nmJd2yvf0

ミセ*゚ー゚)リ「ドクオが勝ったら?」

ミセリはうーん、と少し考える。

そして、小さな声で



ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ、ドクオのお願いを一回だけきいてあげるよ…」



心臓の鼓動速度が3倍になった。

お願い、何でも?

('A`)「え、え? でもそれって…」

ミセ*゚ー゚)リ「はい、決定! ほら、次の和訳始まるよ?」

そう言うとミセリは有無を言う間もなく、前を向いてしまった。


775 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:18:00.46 ID:nmJd2yvf0

俺も前を向くが、頭の中をさっきの言葉が木霊する。

――――まじで?

(*'A`)(フラグきたぁぁぁっぁぁぁおおおっほ!!!!)

お願い何でもOKきましたよ?

やりたい放題ですか、そうですか。


※(脳内)


('A`)「ミセリ、激しいよ…俺、もう疲れちゃったよ」

ミセ*゚ー゚)リ「そんなこと言って、下のほうは元気だよ? えへへ…ん」

(*'A`)「らめぇwwwwなめちゃらめぇwwwwはにゃーーーんwww」

ミセ*゚ー゚)リ「今夜は、眠らせないよ。覚悟してね…ドクオ」

782 名前: 手話通訳士(神奈川県) 投稿日: 2007/03/13(火) 21:20:01.54 ID:nmJd2yvf0

(*'A`)「んふ、んふふんうふう」

/ ,' 3「…ドクオ君」

(*'A`)「はい! もちろん次もいけます!」

/ ,' 3「い、いや。もう授業終わったんだが・・・」







('A`)「え?」

2