※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

429 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:30:21.96 ID:NUUPfFL/0
鋼の肉体を持つ筋に君は、瞬きをする間にその肉体を失っていく。
少しずつ、少しずつ、その姿は幼少期へと戻っていき……。

(;^ω^)「受精卵になっちゃったお……」

そして、受精卵と共に僕の手の上に落ちるDAT。
それは、僕のペニスぐらいの大きさの結晶だった。

□「でも、これで一件落着だお!」

( ^ω^)「お前何にもしてないお」

川 ゚ -゚)「……」

──その時だった。


川o・д・)「ついに見つけたでち!」


ハラサ……そうだ、まだ悪の元凶は消えてはいないんだった。

431 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:31:22.29 ID:NUUPfFL/0
川o・д・)「ふふふふ……。わざわざDATを見つけてくれたこと、感謝するでち!」

川o・д・)「あたちに取られるとも知らずに……。バカな野郎どもでち。
      大体、DAT見つけてはい終わりー、な訳なくなくないでち!
      あたちが既にお前たちに罠を仕掛けているとも知らずに……」

(;'A`) (何か一人舞台始まってる……)

川o・д・)「にやり! さぁ、あたちの下部よ! そいつらを裏切るんでち!」


ハラサが僕たちの方向を指差す。

その先にいた人物は───


1、クー
2、ドクオ
3、ブーン


≫440

432 : 高校生(茨城県) :2007/03/21(水) 00:32:00.63 ID:gDY6DtWc0


433 : 動物愛護団体(神奈川県) :2007/03/21(水) 00:32:04.24 ID:8ozFlbOy0
2


434 : ぬこ(長屋) :2007/03/21(水) 00:32:18.27 ID:Md43YaFU0
ksk


435 : 保母(関西・北陸) :2007/03/21(水) 00:32:21.47 ID:gnyw+13MO


436 : 講師(長屋) :2007/03/21(水) 00:32:33.29 ID:F+0MYIfF0


437 : ご意見番(アラバマ州) :2007/03/21(水) 00:32:36.98 ID:PBxM8jpm0
1


438 : 検非違使(アラビア) :2007/03/21(水) 00:32:41.31 ID:bBxIS1Mg0
3


439 : 動物愛護団体(神奈川県) :2007/03/21(水) 00:32:42.02 ID:8ozFlbOy0


440 : ぬこ(長屋) :2007/03/21(水) 00:32:44.13 ID:Md43YaFU0
1


441 : 外来種(アラバマ州) :2007/03/21(水) 00:32:45.96 ID:lGpXaRsz0


442 : のびた(大阪府) :2007/03/21(水) 00:32:46.71 ID:8Vw2hd3l0
≫431
日本語でおk

安価なら2


443 : 医師(東京都) :2007/03/21(水) 00:32:47.02 ID:tyxCXIlD0
2


444 : 名人(東京都) :2007/03/21(水) 00:32:47.20 ID:A7BS6UP00


445 : 洋菓子のプロ(北海道) :2007/03/21(水) 00:32:52.53 ID:jZ+vfjsR0
あえての3



446 : 銭湯経営(富山県) :2007/03/21(水) 00:33:51.80 ID:lLXNMw4p0
一番厄介な・・・デカパイが・・・


447 : 不動産鑑定士(コネチカット州) :2007/03/21(水) 00:34:02.93 ID:c3FoOaJ0O
( ゚Д゚ )


448 : ゴーストライター(東京都) :2007/03/21(水) 00:34:07.27 ID:tEOZaJi00
BOoooooooooooooooooooon!!!!!!!!!


449 : 医師(東京都) :2007/03/21(水) 00:34:11.88 ID:tyxCXIlD0
頼む……嘘だと言ってくれ…

452 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:36:31.60 ID:NUUPfFL/0
川 ゚ -゚)「はい、ハラサ様」

突然クーさんが声を出したかと思うと、いきなり僕の手に持つDATを取った。
そして、DATを手にしたままハラサの元に歩いていく。

川o・д・)「ふふ。コイツには特別な命令を出したんでち! 定規を持つ少年の後を追い、DATを
      獲得後、あたちの元に戻れとな!」

(;^ω^)「クーさんっ──!」

僕はクーさんを追いかけようと、全速力で走り出す。
……走り出そうとした。

(;^ω^)「っ!?」

体が動かないのだ。全く、まるで力が入らない。

川o・д・)「これぞDATの力! レディーの邪魔をする奴は動けなくなるのだ!」

DATは持つものの意思に反映する。
操られているクーさんの心が悪としたら、確かにそれは力を発動させると言うことだ。

彼女の足は止まらない。
もうハラサまで2,3歩のところまでやってきていた。

454 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:39:17.59 ID:NUUPfFL/0
('A`) 「クー」

静かな声だった。
だが、その声は空気を伝わり、クーさんの耳へと届く。

一瞬、クーの足が止まった。

('A`) 「やっぱ……今日のお前は、お前じゃなかったんだな」

しかし、止まった足は一瞬だけで、彼女はまた歩き出した。

('A`) 「なーんかおかしいと思ったんだよ。力強いし、俺の扱い酷いし」

川 ゚ -゚)「……」

彼女とハラサの距離は、もう既に10歩程度。
これ以上近づかれると、本当に危険だ。

('A`) 「俺は、いつものクーが大好きだ」

彼女の足が、完全に停止した。

460 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:43:30.91 ID:NUUPfFL/0
('A`) 「ちょっとセンスおかしいけど……弁当作ってくれて」

('A`) 「リアクション薄いけど……俺の話いっつも聞いてくれて」

('A`) 「俺が学校やめるって言ったときも止めてくれて……半分強引だったけど」

('A`) 「俺がお前を裏切ったときも……お前は俺を裏切らなかった」

クーさんの足はもう動いていない。
代わりに、ドクオの口だけが全体で動いていた。

('A`) 「俺は、クーが大好きだ。クーそのものが」

そして、言葉も止まった──。

川 ゚ -゚)「……」

誰一人としてその場を動かない。
……その沈黙が、破られた。

467 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:46:30.97 ID:NUUPfFL/0
川o・д・)「くっ……早くこっちに来るでち!」

ハラサがクーさんに向けて叫んだのだ。
動けない僕とドクオは、ただその姿を眺めるばかり。

川 ゚ -゚)「……」

川o・д・)「おい!どうしたんでち!!」

ハラサの叫び……それはクーの耳に届いていない。
彼女は言葉を発しないまま、その場に凍り付いていた。

川o・д・)「くそっ!こうなったら──!」

ハラサが走り出そうとする。
ハラサ自身が、クーさんからDATを奪うつもりなのだ。

川;o・д・)「!?」

だが、その動きは止まった。いや、止められた。
まるで見えない壁があるかのように、ハラサの動きが止まった。

469 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:48:52.15 ID:NUUPfFL/0
川 ゚ -゚)「……」

('A`) 「……」

ハラサの方を向き続けていたクーさん。
だが、その彼女が足を動かし、ドクオの方を振り向いた。





川 ゚ ー゚)「私も大好きだ、ドクオ」





その瞬間、彼女が持つDATの結晶が、僕たちを包み込むように光を発した。

474 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:52:34.38 ID:NUUPfFL/0
その光はクーを中心として、僕、ハラサ、そしてドクオを包んでいく。
視界を奪われ、目を瞑る僕。

─────・・・・・・……

……光が収まったと感じ、僕はもう一度目を開いた。


川 ゚ ー゚)「遅い、全く危なかったじゃないか」

僕の隣のドクオ。
さらにその隣に、クーさんの姿があった。

(;'A`) 「う、うっせ!めっちゃ恥ずかしいかったんだぞ!」

川 ゚ ー゚)「その割には、ペラペラと言葉が出たもんだ」

(;'A`) 「うぐ……」

川 ゚ ー゚)「礼を言う。ありがとう」

478 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:55:11.89 ID:NUUPfFL/0
( ^ω^)□「あーしにてー」

僕と定規がそんな事を呟いているとき。
光の中からもうひとつの影を発見した。

そう、ハラサだ。

だが、その姿は先ほどまでの園児服ではない。
いや、園児服に代わりは無いのだが、それがボロボロに裂けているのだ。

川メo・д・)「うぅ……」

顔にも傷が付いている。
どうやら、あの光がハラサにダメージを与えたらしい。


483 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:57:02.60 ID:NUUPfFL/0

川メo・д・)「う……うぅ……」

地面に転がり、丸く体を埋める。

そして次の瞬間には、大粒の涙を流し始めた。

川o;д;)「痛ぃ……ヒグッ……ぅぇ……」

(;^ω^)(;'A`)「……」


自然と 体が 動いた


( ^ω^)「よーしよし、ハラサはいい子だから、泣いちゃダメだお」

('∀`)「そうだよ。もう、悪いことしないって約束しようね」

川o;д;)「ごめ……グジュ……なさい……」

(*^ω^)「うんうん、いい子いい子」

(*'∀`) 「お兄ちゃんが守ってあげるね」

486 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:57:53.54 ID:NUUPfFL/0

川o;д;)「ヒッ……」

突然、おびえるように震えだすハラサ。

( ^ω^)「怖くないよー。お兄ちゃんは優しいからねー」

('∀`)「そうだよー。優しいよー」

川o;д;)「す、すいま……お許し…」

指先まで、細かに震えている。
何におびえているんだ?

('∀`)「お兄ちゃんとお医者さんごっこしよーかー」

川o;д;)「え……、それだけは……どうか……お許しお」

( ^ω^)「怖がらなくていいよー。えへへへー」

川o;д;)「も、もう一度だけ……チャンスを!」

('∀`)「あれ?もう一度なでなでしてほしい?」

492 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:59:25.64 ID:NUUPfFL/0

川o;д;)「う、うわああああああああああああ!!!」

突然、今までに聞いたことも無いような音が聞こえる。
音源はハラサだ。後に、それがハラサの叫び声だと気づく。



川o д )「……」

音が、止まった。



(;^ω^)「ハラサ……ちゃん?」

('∀`)「あ、病気の人の役?上手だなー。えへwえへへへへwwww」


川o д....

(;^ω^)「……お?」

ハラサの体が、黒い灰のように、崩れていった。

494 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:00:27.34 ID:NUUPfFL/0

川o ......

('∀`)「えへへへww ハラサちゃんはかくれんぼが好きなのかなーw」

川.....

('∀`)「えへへ………」

.......

(;'A`) 「えへへへへへ!!!????」


完全に灰となって、風に飛ばされていく。

(;^ω^)「……」


そして、僕の胸ポケットの定規が声を出した。

□「ハラサは元々、悪の化身。役に立たない奴は、消されてしまうんだお……」

497 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:01:57.02 ID:NUUPfFL/0

( ^ω^)「ハラサ……」

僕は空を見上げる。
先ほどまでの黒い雲はなくなり、ただただ青い空が広がっているだけだった。

( ^ω^)「定規、ひとつお願いがあるお」

□「お?」

( ^ω^)「絶対に……絶対に、悪の元凶を倒してくれお」

□「もちろんだお」

( ^ω^)「この世界のため、君の世界のため。そして、ハラサのために」

□「……ブーン」

( ^ω^)「僕はひょっとしたら、催眠術なんか関係なく……」


( ^ω^)「ハラサのことが……好きだったのかもしれないお」

502 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:02:31.90 ID:NUUPfFL/0

─┼─┐─┼─  /  ,.           `゙''‐、_\ | / /
  │  │─┼─/| _,.イ,,.ィ'    ─────‐‐‐  *  ←>>ブーン
  │  |ツ │    |  |  | イン /´⌒`ヽ    // | \
                     {,    リ)  / ./ |  \
               __ /}从、 リ( /  /  |
      ,. ,. -‐===‐- `つ/ ,.イ ’^ソハノリ   / ∵|:・.
    〃〃〃〃      //ミノ__  /´   /∴・|∵’
 _____      ノ_/ /    ヽミ、、   .∵.;|∵’:;
(        二二二ニ) ノΘ(__   )  ゙ 、∵.;|∵’,
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .^^^'   \ !  ̄フ    ゙ 、 |∴
                   ソ  /      `
                  ノ⌒ヽ')
                / ノ/ /
      ツン→     /\/ ∧/   /       ',
              / /  ノ./   ./        ',
             ノ/   ヘ__、  ./ / ̄ ̄ ̄ヽ .',
            ヘ_'_,       /  \   /  ',
                     /    \/    ',
            ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙             ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙


ξ#゚⊿゚)ξ 「死ね!氏ねじゃなくて死ね!!!」

505 : 動物愛護団体(神奈川県) :2007/03/21(水) 01:03:22.28 ID:8ozFlbOy0
ええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇwwwwwwwwwwwツンwwwww


506 : 名人(東京都) :2007/03/21(水) 01:03:23.68 ID:A7BS6UP00
ちょwwwww
508 : 保母(関西・北陸) :2007/03/21(水) 01:03:38.64 ID:gnyw+13MO
ここでツンwwwwwwwww


509 : 美容師見習い(東海) :2007/03/21(水) 01:04:05.71 ID:5kfS8odWO
そういや忘れてた


510 : コレクター(コネチカット州) :2007/03/21(水) 01:04:36.08 ID:Z/qSCCkZO
ちょWWWツンWWW

512 : 元祖広告荒らし(東京都) :2007/03/21(水) 01:05:17.60 ID:k63tbJHq0
そりゃそうだwwwwwwwwwwwwww

514 : 留学生(群馬県) :2007/03/21(水) 01:05:56.06 ID:Bd2acp4i0
あれ、このバットってもしかして…


515 : 元祖広告荒らし(東京都) :2007/03/21(水) 01:06:28.66 ID:k63tbJHq0
≫514
        • アッーーーー!!!


516 : 美容師見習い(北海道) :2007/03/21(水) 01:06:44.38 ID:tg8adEta0
≫514
!!!!!!


517 : ぬこ(長屋) :2007/03/21(水) 01:06:44.43 ID:Md43YaFU0
≫514
アッー!!!11wwwwwwwwwwwwww


518 : のびた(大阪府) :2007/03/21(水) 01:07:10.87 ID:8Vw2hd3l0
≫514

あーッ!!!


519 : 通訳(東日本) :2007/03/21(水) 01:07:21.57 ID:Tz4DfZwt0
≫514
!!!!!!!!!


520 : 動物愛護団体(神奈川県) :2007/03/21(水) 01:07:32.36 ID:8ozFlbOy0
≫514
アッー!

522 : 巫女(アラビア) :2007/03/21(水) 01:08:02.68 ID:M1qZTWd20
≫514 おまwwwwいうなよwwwwwww


523 : ピッチャー(佐賀県) :2007/03/21(水) 01:08:10.75 ID:EtePeypT0
≫514
なんという鬼才…


524 : 講師(長屋) :2007/03/21(水) 01:08:43.06 ID:F+0MYIfF0
≫514
忘れてたのにwww


513 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:05:40.86 ID:NUUPfFL/0
(*^ω^)「ツン!」

僕は急いで起き上がり、ツンの元へ駆け寄る。
しかし、彼女の顔はそれはもう恐ろしいものだった。

ξ#゚⊿゚)ξ 「なんか急に目が覚めたと思ったら何よこれ!」

(;^ω^)「お……」

ξ#゚⊿゚)ξ 「誰!?ハラサって!どこの女の子?」

何を言っているんだ?ハラサが転入したときは、ツンはまだ意識があったじゃないか。

□「催眠術が無理矢理解けたから、たぶん記憶があいまいなんだお……」

定規が小さく呟いた。

ξ#゚⊿゚)ξ 「あー!クー!何か言ってよ!」

521 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:07:47.50 ID:NUUPfFL/0
川*゚ -゚)「全く……君はもう少し私を安心させれないのか?」

('A`) 「悪い悪い。ブーンの言葉に悪ノリしちまってさw」

川*゚ -゚)「むぅ……これからはしっかり頼むぞ」

(*'A`) 「おうよ」




ξ゚⊿゚)ξ 「……」



ξ#゚⊿゚)ξ 「何!?何が起こったの!?」

(;^ω^)「それはもう色々と……覚えてないのかお?」

ξ#゚⊿゚)ξ 「何を私に隠しているの!?もーーーーー!!」

526 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:10:56.97 ID:NUUPfFL/0
(;^ω^)「落ち着くお!ツン!」

ξ#゚⊿゚)ξ 「みんなで私に隠し事して……」

ξ゚⊿゚)ξ 「酷いよ……」


ツンの顔が見る見る落ち着いていく。
さすがに疲れてきたのだろう。

( ^ω^)「後でゆっくり話すお。とりあえず落ち着くお」

ξ゚⊿゚)ξ 「……そうする」

僕はツンを近くのベンチに座らせ、もう一度クーさんとドクオのところにやってきた。
二人のラブラブぶりを壊すのは楽しくて、ブーンしながらつっこんだのだ。

( ^ω^)「さて……定規。DATは取り戻したお」

528 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:11:31.00 ID:NUUPfFL/0

( ^ω^)「そういえば、どうやってDATを持って帰るんだお?」

僕は定規に向かって話しかける。
いくらなんでも、この状態のまま世界を救うのは無理だろう。

□「そのDATに、『僕を元の姿に戻す』よう想いをこめてくれお!」

( ^ω^)「把握だお!」

僕は結晶となったDATを握り締める。


──この世界を救いたい

──全ての世界を救いたい

──彼を、元の姿に戻してあげたい


心の中で声を出す、その瞬間、僕の視界は白に包まれた。


529 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:12:22.86 ID:NUUPfFL/0

……そして、閉ざされる光。
先ほどまで僕の胸にあった定規はなく、代わりに一人の人物が目の前に現れていた。

(主^ω^)「……戻ったお……」

(;^ω^)「僕……?」

目の前に現れた人物は、僕自身。
顔のつくりから身長まで、全てが重なっていた。

川 ゚ -゚)「むぅ……見分けが付かないな」

(;'A`) 「本当だぜ……おい、ブーン。どっちだ?」

(;^ω^)「こっちだお」

昔から親友でさえ、見分けが付かないほどだ。
僕は、もう一度『定規』の方を振り向いた。

535 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:13:50.96 ID:NUUPfFL/0

(主^ω^)「みんな、ありがとうだお……!」

彼が一歩僕に近づく。僕も引かれるように、一歩進んだ。

交わされる言葉は無い。
変わりに、僕はDATを掴んだ右手を差し出した。

( ^ω^)「……」

(主^ω^)「……」

彼はそれを受け取り、空いた手で僕の手を掴んだ。
お互いの顔を見つめる。まるで、鏡を見るかのように。

(主^ω^)「それじゃ、僕はいくお」

( ^ω^)「……頑張ってくれお」

(主^ω^)「お」


その瞬間だった──。
彼の周りを光が包み、次に彼の姿を確認したときには、もうその姿はなかった。

537 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:15:09.27 ID:NUUPfFL/0

( ^ω^)「……いっちゃったお」

(;'A`)「なんか……夢見てたみたいだな」

川 ゚ -゚)「学校をサボってしまった」

ξ゚⊿゚)ξ 「私は何が何だか全然分からないんだけど」


( ^ω^)「僕たちも、帰るかお?」

('A`) 「だな」

川 ゚ -゚)「ギコ可愛そうに」

ξ゚⊿゚)ξ 「ねえねえ、さっきブーンが二人いなかった?」

蒼井そら、僕はそれを見上げて大きく背伸びをした。
もう数学の授業は終わっている時間だ、と呟いた。

ξ゚⊿゚)ξ 「ねえ!何で私たち授業受けてないの!?」


~終わり~


555 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:17:57.30 ID:NUUPfFL/0


  (^o^)
  ̄( (7 私オワタが
  <⌒ヽ




  (^o^)
  <( (7 お送りします
  <⌒ヽ




  ノ
  (^o^)
  ( (7 次回予告!
  <⌒ヽ

566 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:19:32.36 ID:NUUPfFL/0
           ┌
           >
          /
     (^o^)/   <( ^ω^)ブーンはギアスを手に入れたようです
    /\ ̄\
   /   \  \
  <      |   |
   \   / ̄ ̄\
    ゝ /       \
     /          >
    /        /
     ̄        ̄
\(^o^)/「ヘイ!ヘイ!DJオワタだZE!以後よろしくターミネーター!」
\(^o^)/「本編に『予定外』で出てしまった!友情出演と言うことで参加だZE!」

\(^o^)/「さぁ、次回のギアスなんだが……そもそもギアスってなんなんDA!」

ξ゚⊿゚)ξ 「耳につけるアレじゃないの?」

\(^o^)/「それはピアス!オワタ!」

( ´∀`)「僕の大好きな千葉ロッテマリーンズに、前いた選手のことモナ?」

\(^o^)/「それは『ギャオス』!一般人には分からないネタだから気をつけNA!」

川 ゚ -゚)「とりあえずググッってみた。ttp://www.geass.jp/」

\(^o^)/「全く関係NE-!オワオワオワタ!!!」

\(^o^)/「さて、本当のギアスとは何か……気になる方は……」

573 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 01:22:00.10 ID:NUUPfFL/0



           . //\\ .\          \
            /. \/\.\ .\         . \
          . //\ \/  \  \         .. ____________ アーレー
          /. \/\  /\ \  \         | (^o^)ノ | < 次回、( ^ω^)ブーンはギアスを手に入れたようですを見ろYO!
         . //\ \/  \/\ \  \       |\⌒⌒⌒ \
         / .\/\  /\  \/  .\  \      \|⌒⌒⌒⌒|
        .//\ .\/  \/\   /\ \ .\       ̄ ̄ ̄ ̄   
       / .\/\  /\ \/   \/\ \ \        //
      .//\ .\/  \/\  /\  \/  \ \     /:::/
     ../ .\/\  /\ .\/  \/\    /\ .\ \ /:::::::/
     //\ .\/ . \/\   /\ \/    \/\ .\/::::::::::::/
    ./ \/\  /\ \/   \/\   /\ .\/ /::::::::::::::::/
    //\ .\/  \/\  /\  \/   \/\  /::::::::::::::::/
  . / \/\   /\. \/  \/\   /\  \/ /::::::::::::::::/
  //\ \/   \/\  /\ \/   \/\  /:::::::::::::::::/
  / \/\   /\. \/  \/\  /\  \/ /:::::::::::::::::/
. //\ .\/   \/\  /\ \/  \/\   /:::::::::::::::::/
/ \/\   /\ .\/  \/\  /\ \/  /:::::::::::::::::/
   (⌒ヽ、_,ノ⌒Y´ ⌒) ノ''"⌒ヽ,_ノ⌒ゝ'⌒ヘノ⌒)  /
:::(⌒::::::::::::(⌒ヽー゙ ....::(  ..::....... __人.....::::::::::::::::::::.⌒)、
:::_ノ⌒ヽ::::`Y⌒ヽ;;:::::"':::::::::::::::::::::::::::::(::⌒::⌒::)::::::::::::::::::`⌒)⌒つ
(´   ....:::.....:::::::::::::Y"´⌒ゝ、ノ⌒)::::::::::::::::,ノ⌒:::ヘ:::::::::::く::⌒´:::`)::::::`)
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....  γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::(⌒)::::::::彡⌒::::ミ::`)::::::::`):::::::::`つ、 ,,,,,
:::::::::::::人::::::::::::::::`Y´::::::::::::::::::::r'⌒⌒Y´::::⌒::`ヽ、:::::人:::::::(´`)::::::ィ´:::::⌒:::::`゙:::::`)