※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

311 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:56:44.78 ID:YVTfK/7+0
(;'A`) 「催眠術が……」
(;^ω^)「解け……ない?」

川 - )「…………」


胸を掴んでいたジョルジュの手。
それはすぐに、DAT探しの仕事へと戻った。


川 - )「私は……一体……何のために……」

(;'A`) 「い、いや! あれだよ! うん! むっちゃ綺麗だった!」
(;^ω^)「そうだお! 豊乳だったお!」

川 - )「……黙れ」

下を向いたまま、脱ぎ捨てた制服を拾い上げる。
それを、これまた黙ったまま着た。

川 - )「次行くぞ、次」

(;^ω^)「じょ、ジョルジュはどうするんだお……?」

川 - )「死ねばいい」

315 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:58:11.54 ID:YVTfK/7+0
完全に機嫌を損ねたクーさん。
その後ろに、今度は僕とドクオが付いていく形で進んでいった。

(;^ω^)(ドクオッ!クーさん怒ってるお!)
(;'A`) (しらねーよ!お前なんとかしろよ!)
(;^ω^)(いやいや、ドクオはクーさんに気があるんじゃないのかお!?)
(;'A`) (それとこれとは関係ねーよ!)

クーさんの後ろ、小声で僕達は話し合っていた。
クーさんが怒ると言うのは本当に怖い。
なんていうか、雰囲気。雰囲気が怖いのだ。

□「……っ!」

□「おーい!おーい!!」

僕の胸ポケットの定規が揺れ始める。
僕はそれをポケットから取り出した。

□「この近くにDATがあるお! 感じるんだお!」

( ^ω^)「おっ!探すお!」

クーを含めた僕たち三人は、DATを探そうと辺りを見渡す。
草むらの中か?それとも民家の中か?

319 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:59:41.71 ID:YVTfK/7+0
(;^ω^)「定規! DATの形はわかんないのかお!?」

□「分からないお……」

それじゃ、見つけれるはずがないじゃないか!
僕にあきらめの気持ちが生まれ、手を止めた。

しかし、その時だった。

□「……!!近いお! もの凄く近いお!!」

どうやら本当に近いらしい。
僕は目の前の草むらを適当に浅くってみた。

そして、何かに触れる感触。


(*^ω^)「見つけたお!!!!!」

324 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:01:51.20 ID:NUUPfFL/0
                      |i\
                        | i  \
                       ___|__i__\
                      /        ` 、
                     /    DAT     ヽ
                  .′ /`ヽ  __      ',
               i  | ・ | /  ヽ     i
               l   丶 / l ’ /       |/|
               |   /   |ー‐'         l ノ
               |  〈`゚ー゚‐く          「
               ヽ  >--ー )       /
                 >、`ー--´        . ′
                  ノ::::\______/
                   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ノ::::::ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              (:::::::( ::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::|
                ):::::::ヽ ::::::::::::::::::::::::ヽ::::::|
               ヽ::::::::ノ::::::::::::::::::::::::_ノ::::::|
             r‐、  ̄/::::::::::::::::::::::(:::::::::::::|
             |:::::`ー:':::::/ ̄ >::::::`¨):::::ノ
             {::::::) ̄ ̄  /:::::::::/  ̄
               ̄      \::::::::ヽ
                      /::::::::/
                         `ー一′

327 : ピッチャー(佐賀県) :2007/03/21(水) 00:02:16.89 ID:EtePeypT0
ちょwwwwwwww


328 : 動物愛護団体(神奈川県) :2007/03/21(水) 00:02:23.45 ID:8ozFlbOy0
それはねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

329 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:02:26.54 ID:NUUPfFL/0



. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 なんだよこれ……. . .: : : :::::: ::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


334 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:03:51.41 ID:NUUPfFL/0
(;^ω^)「ちょwwwwこれがDATかおwwwwwww」

□「よく見るんだお!」

定規が胸ポケットでかたかたと揺れる。
乳首がこすれて思わず吐息を出した。

□「これはただの赤ん坊で……DATの本体は額に埋め込まれているんだお!」

( ^ω^)「あるあr……ねーよwwwwwwwww」

□「さぁ、早く赤ん坊の額からDATを抜き取るんだお!!」

世界を救うヒーローっていうのも、中々酷いやつだ。
だが、友達を救うため、僕は赤ん坊の額に手を当てた。

──その瞬間、赤ん坊の体が少しずつ変化していった。
体は大きくなり、腹筋が割れた。
その姿は見る見る成長して───。

337 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:04:33.74 ID:NUUPfFL/0

                          ,、
                          / |\
                         / |  \
                      / ̄`ー' ̄`ー、
                      /    DAT    |
                     / 、-。、_,。-‐、  |
                     |  ヽ_ノ ヽ、_ノ   l/|  
                        |   >ー く   / |
                       \ ( ー- ) ./|_|
                  _-‐' ̄|\ >― く//  `ー―-、__
             /~⌒~ ̄|  , -‐'\ ` - ー '/  \    '     ̄\
           /      | `ー―-、ヽ   ノ -―'~ ̄ 、       \
          /       /      `ーV -‐' ̄      ヽ         |
          /                ||          \           |
          |                ||                   |`、
        /`-、   /          ヽ||/          ヽ   ー、_ノ \
       /       、           ||/           |/      \ \
       /        V        \. ||            /         ヽ ヽ
      |         ヽ        ヽ/ヽ、          人          |  |
      |        / \、_     /  \       /  ヽ         |  |
      /       ノ /    ̄`ーー'   l  、 ̄`ーー-ー'    ∧        l   |
     (       / /\  入   /   |   |     / )  /  \      人  ヽ
    /    \ ,/    \     l、_ 人_ _,|    -‐',/l /    `ー、_>-‐'~    |
    //      〈       | \   /   |   ヽ   /  |        |        |
   | |         |        |     |   |    |      /          |        |
    | |       |         |    l、_ 人_ _ _ ,|     _/         |       |
   | |       /       /‐--、______, --‐'~ __〈         |      |
   | |,_     /       / ̄`ー-、____|__|____, --‐'~~ ヽ         |     |
   |~  `ー、/       /                    ヽ        |_, --‐‐/

343 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:06:12.20 ID:NUUPfFL/0

DAT筋肉「……」

鋼の肉体、アイアンマッスル、鋼鉄の体、はちきれそうな筋肉。
赤ん坊は、一瞬にして最強の戦士へと成長した。

(;^ω^)「お……」

□「くっ……ブーン!倒してDATを奪ってくれお!」

(;^ω^)「いやいやいやいやいや」

DAT筋肉──めんどくさいので以後「筋に君」と表記──は、僕たちの前に黙ったまま立っている。
その姿はなんとも不気味で、存在するだけで犯罪だと思った。

こんな巨大な奴を、僕が倒せるはずが無い。
DATを奪えるはずが無い。

346 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:07:10.19 ID:NUUPfFL/0
しかし、だ。
こいつを倒さなければ、この世界からハラサは消えない。
こいつを倒さなければ、友達の催眠術は解けない。

( ^ω^)「……やるお……」

僕の前には相変わらず筋に君が立ち尽くしていた。
僕は携帯電話を使い、クーとドクオを呼び出す。

………
……

(;'A`)「コイツの頭にあるのがDATか……」
川 ゚ -゚)「腹筋が、2つ3つ5つ7つ11つ13つ17つ19つ23つ29つ……」

( ^ω^)「行くお!みんな!筋に君を倒して、この世界を救うんだお!!」

僕たち三人は、立ちはだかる筋に君に向かった。


349 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:08:24.26 ID:NUUPfFL/0
( ゚ω゚)「ブーンアタァァァァァァァックウウウ!!!」

僕は両手をクロスさせ、鋼の肉体を持つ筋に君へと突っ込む。
加速度は最高だ。
脚、手、大地の力。
全てが重なり、大きな衝撃が筋肉へと伝わった。


(#'A`) 「ドクオキィィィィィィィッッッック!!」

僕の後ろからドクオがやってきて、斜めにジャンプした。
そのまま筋に君に目掛けて、飛び蹴りを食らわせる。
このワザで、僕は何度も死にそうになったことがある。


川 ゚ -゚)「ぱーんち」

最後はクーだ。
彼女の渾身の力を込めた拳が、筋に君の胸元へ直撃する。
ああっ!僕にもしてほしい!もっと僕を痛めつけてほしい!


3人の必殺技が、全て筋に君へと直撃した。

353 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:09:57.79 ID:NUUPfFL/0

                      _
                    _∧ `\
                   /   ̄ ̄\ゝ
                   /   .DAT   \
                 | (・ )  (・ )  |
                 |   ⊂      |
                  \ (Ο)     ノ
                   \_   _/
           .__/ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄)__
         〃  .// ̄ ̄ ̄/    / ̄ ̄ ̄/ /    〃⌒i
         |  ./ /     /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|  .しU /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i
  [__]___|    / /-、 .\_.  /      Uし'[_]     |
   | ||     |    / /i  i    /           .| ||      |
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ ______. | ||      |
   |(_____ノ /_.| | _________ | ||      |
   | LLLLLL/ __)LL | |LLLLLLLLLLLLLLLLL| ||_____|
   | ||    (_/    ./ i      .      .  | ||    | ||
   |_||         / .ノ.                |_||    |_||
             (_/

359 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:11:39.00 ID:NUUPfFL/0
(;^ω^)(;'A`)川;゚ -゚)「……ばかな」

僕たちの攻撃を受け、筋に君は倒れるどころか余裕を見せ始めた。
その顔には、余裕という二文字がぎっちりと詰め込まれている。

筋に君「……」

反撃が来るか、とも思ったが、筋に君は動かなかった。
知能は赤ん坊レベルのままなのだろうか。

(;^ω^)「強い……」

□「お前が弱いだけだお」

( ^ω^)「お前もう黙ってていいお。クー、ドクオ、作戦を練るお!」



360 : 果汁(鹿児島県) :2007/03/21(水) 00:13:05.64 ID:NUUPfFL/0

僕たちが作戦を練ろうと固まったとき──。
僕たち三人の前に、一人の少女が現れる。
よく見たことのある、いや、僕を一番知ってくれている人物。

ξ⊿)ξ 「……DAT  発見」
(*^ω^)「ツン!!!」

何やら呟きながら、僕たちから離れようとするツン。

ξ⊿)ξ 「ハラサ様 報告 報告」

だめだ──。
彼女の催眠術は解けていない。
……どちらにせよ、彼女をこの場から逃がしてはいけない。

(;^ω^)「ツン、待つんだお!」

僕はツンの肩を掴む。
催眠術に掛かっていると言えど、力は変わらないようだ。
彼女の足は止まった。

ξ⊿)ξ 「DAT 見つけた 報告 」

まずは彼女の催眠術をとかなければ──。
僕は必死に思考をめぐらせる。彼女の望んでいるものはなんだ?


───次の瞬間、僕の体は宙に浮いた。