※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 17:32:03
('A`)


('A`)「一ヶ月…まだまだ先だな、どうしようすぐ書くか?」

彼、ドクオは合作参加者である


突然始まり、あっという間に集まった夢のキャスト…
そんなアメリカンドリームに心惹かれ参加したのが彼の不幸の始まりであった


('∀`)「いやでも、俺は二日もあれば書けるし…まだいいや!」


締め切りまではまだまだ時間はある…いや有り余るという物だ
早く時間が過ぎないかな~…そんな事を考えつつ彼は合作の板を目に通した

すると、そこには早速たくさんの意見が飛び交っている


10 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 17:42:24

シャキン:DATは存在を知ってないと力発揮できません。

('A`)「なるほど…そうだな、ちゃんと縛らないと後で厄介な事になるよな
   流石シャキンさんだ、目の付け所が違うぜ…」

ドクオは交わされる意見や会話を食い入るように見つめていた
憧れの作者達が一同に会し、語り合っている…これだけでも逝けそうだ

その時…ある発言が目に留まった

 ブーソ:それはちょっとあれじゃないでしょうか?
     DATはみんな使えていいと思うよ!


11 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 17:53:37

(;'A`)「な…? シャキンさんの言う事が間違ってると言いたいのか?」

信じられない…個人の作品なら何でも構わないだろう、だがこれは合作だ
ちゃんと定めなきゃgdgdになるって事くらい分かってるはずなのに


混乱する思考の中、震える手をキーボードに向け……るが


(;'A`)「でも…こんな人達の中に俺が割り込むなんて
    大体ブーソさんは先輩作者じゃないか、失礼なんじゃ…」


生来の臆病さゆえか、異様に高鳴る心臓
ドクオのペンが…止まる


12 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 18:01:47

(;'A`)「………はあ…」

止まっていたペンはどうにか動き出したが
どうにも書きあがった否定文は長ったらしくなり
多少の時間がかかってしまった


(;'A`)「とにかく…書き込もう…」


耳に大きく響いてくる胸の鼓動を抑え
自分にも良く分からない期待を旨に、F5ボタンを押す

画面が一瞬白く染まり、どんどん文字が照らし出されていく


('A`)「さてと、さっきのレスはどこだ…」

31 :('A`):2007/03/03(土) 21:19:45

ドクオは先程のレスを探しマウスホイールを高速回転させる
それに従い、画面も凄い速さでスクロールしていく

目にも留まらぬ速度だが、目はそれをしっかりを追っている

これこそが彼が長い間引き篭もり続けた間
それはもう数ある小説を読み漁り、身に付けた108の技の一つ

速読であった

その速度から生み出されるものはフレアトーネード
船を沈ませ空へと立ち昇りとにかくボールをどこかへ飛ばし合うテニスの最高峰だ

33 :('A`):2007/03/03(土) 21:28:35

と立って脱線している間にどうにか追いついたドクオは見た

('A`)「あ」

クー:>>ブーソ それだと共通前半が矛盾してしまいますよ。

(*'A`)「なんて素直でクールなんだ…」

言うべき事だけを完結に告げ去っていく
そのクールさに気付けばドクオのペンは動き出したりはしなかったが
書き込みをしようと思った時には既に行動は終わっていたんだ!

ドクオ:クーさんに賛成です。

そして現れる賛同者

 ギコ:よし、じゃあ設定はそれでおkだゴラァ!


34 :('A`):2007/03/03(土) 21:29:18
('A`)「うんうん、おkおk」


('A`)「さて…これからまた色々議論はありそうだし
   書くのはそれからにした方がいいな」


(*'A`)「とりあえず明日はユグドラユニオンの続きをやろう
    フヒヒwwww」


こうしてドクオはメモ帳を開く事も無いまま最初の1週間を過ごす事になる


:ドクオ編一回目のオワタへの道・終わるデイバイデイ
:締め切りまで残り4週間
:現在の執筆順位 ??/22 
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――続く