※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

210 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:20:46.69 ID:YVTfK/7+0
┏━━━━┓ ┃  / ̄\
┃ ←樹海 ┃ ┗━| ^o^ |━┓
┗━┓┏━┛     \_/  ┃
   ┃┃       ┏ ┗━
   ┃┃       ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\(^o^)/「ヘイ!そこのボーイ!もうオワタのかい!?」

(;^ω^)「だ、誰だおお前!」

\(^o^)/「DJオワタだZE!以後よろしくまんちゅ!」

\(^o^)/「見たところ、自殺をしようとしてるらしいが……まだ早い!」

(;^ω^)「お前全然説得力ないお」

\(^o^)/「まぁまぁ、これでも見て落ち着けよ。ttp://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-3660.html」

(;^ω^)「これは……」

218 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:23:13.83 ID:YVTfK/7+0
    | |
    | |          ボッキ隠し!
    | |  / ̄ ̄ヽ
    | |/  /| |      
    (^o^)ニニニニニニニニ⊃
       //  | |
     //    | |
   //      | |
 //        | |
とノ         と ノ


(*^ω^)「これは……」シコシコドピュッ!

\(^o^)/「もう出したのか!早いNA!」

( ^ω^)「……僕は、一体……」

\(^o^)/「自慰の後の喪失感ktkr!!」


( ^ω^)「早く!DATを見つけて世界を救うんだお!」

\(^o^)/「切り替えハヤスwwwwww」

( ^ω^)「ありがとう!DJオワタ!」

\(^o^)/「バイバイべりべりぐっちょん!」

227 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:27:17.95 ID:YVTfK/7+0
僕はクーの元へ急いで戻り、一緒に座り込んだ。
お互いたいした会話はなく、ただ時間だけが過ぎていく。

それから数分後、ドクオがジュースを持って帰ってきた。

('A`) 「ブーン、クーに何かしてねーだろうな?」

( ^ω^)「当然だお!」

三人でジュースを飲み始める。
僕のジュースはカルピスだったが、ここでクイズをひとつ。
「カルピスの絵柄が水玉なのはなぜでしょう?」

川 ゚ -゚)「カルピス発売の時期、七夕だったらしい。そこから天の川をあらわしているそうだ」

( ^ω^)「さすがクーさん……テレビであってた事をそのまんま出しちゃう!」
('A`) 「そこにあこがれるぅ!しびれるぅっっっっ!」

川 ゚ -゚)「ふん……さて、次はどうしようか」

228 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:28:48.46 ID:YVTfK/7+0


1、近くにいる、VIP学園の女子生徒の催眠術を解く
2、クーさんの弟の催眠術を解く
3、ギコを探し出し、事情を説明して協力してもらう
4、「みんな催眠術掛かってるんだし、スカート覗いてもOKじゃね?」
5、オワタだ!オワタを呼ぶんだ!!
6、定規を折ってみる
7、クーさんと打ち合わせをして、ドクオを逆レイプ
8、おちんちんびろびろーん
9、渡辺を探し出し、催眠術を解いて協力してもらう。
10、今ならっ!何でもっ!できるっ!気がするっ!!


≫235

229 : 共産党幹部(千葉県) :2007/03/20(火) 23:29:06.30 ID:KO4QocrY0


230 : 通訳(熊本県) :2007/03/20(火) 23:29:10.40 ID:eq5InQWG0
11、作者召喚


231 : ギター(神奈川県) :2007/03/20(火) 23:29:13.05 ID:Uahe9jvj0
5


232 : 偏屈男(アラバマ州) :2007/03/20(火) 23:29:21.33 ID:syfQuSzb0
3


233 : 元原発勤務(アラバマ州) :2007/03/20(火) 23:29:24.98 ID:bwE2n0kQ0
6


234 : ふぐ調理師(北海道) :2007/03/20(火) 23:29:26.55 ID:YwavNneA0
5!


235 : 踊り子(群馬県) :2007/03/20(火) 23:29:29.49 ID:qpjqM/+O0


236 : ふぐ調理師(九州) :2007/03/20(火) 23:29:31.97 ID:0X4QdTNNO


237 : 美容師見習い(石川県) :2007/03/20(火) 23:29:33.91 ID:XXfumU2Y0


238 : 通訳(熊本県) :2007/03/20(火) 23:29:30.35 ID:eq5InQWG0
11、作者召喚


239 : 公務員(関西・北陸) :2007/03/20(火) 23:29:30.48 ID:QWPNsAq8O


240 : 芸人(関西地方) :2007/03/20(火) 23:29:36.14 ID:X24oSQiU0


241 : 歌手(千葉県) :2007/03/20(火) 23:29:42.38 ID:EwNqj/m30
7+8で

あっよいしょーっ!


242 : おたく(神奈川県) :2007/03/20(火) 23:29:46.96 ID:SwZW0wwe0


243 : とき(長屋) :2007/03/20(火) 23:31:13.73 ID:eGpHDndp0
≫210
やべえwww読みふけっちまったwwww


244 : 相場師(九州) :2007/03/20(火) 23:31:26.51 ID:hVYMrLFFO
選択肢多いなwww


245 : おたく(静岡県) :2007/03/20(火) 23:32:26.00 ID:mIsu61mv0
≫210
俺もだwwwwwwwwwwwwwやっちまった\(^o^)/


246 : 社会科教諭(東京都) :2007/03/20(火) 23:33:48.27 ID:JFXyZi+n0
≫243
俺漏れもwwwwwwwwwwwwww
クソッ…これが合作マジックかっ……


選択肢多すぎワロタ

250 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:36:04.44 ID:YVTfK/7+0
川 ゚ -゚)「あれは、VIP学園の制服……一応助けてみるか」

僕達はその女の子の元へ歩いていく。
そして、顔を見た瞬間、僕は驚きに打ち震えた。

(*^ω^)「しぃちゃんだお!しぃちゃん!」

(*゚ー゚)「……」

しぃちゃんと言えば、VIP学園2年のアイドル的存在。
ロリ顔巨乳身長低い。もう最高の女性なのだ。

川 ゚ -゚)「それで、こいつが望んでいるものは何か分かるのか?」

(*^ω^)「……」



( ^ω^)「……」



(^ω^)

257 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:39:17.03 ID:YVTfK/7+0
('A`) 「ダメじゃん、次行こう、次」

(;^ω^)「ダ、ダメだお!」

ここで彼女を助けて、印象をUPさせておかなければ……。
僕は必死に彼女の望んでいるものを考えた。

吹奏楽部だから……フルートか?

鞄からフルートを取り出して触らせるも、全く変化は無い。
じゃあ、男に飢えているのか?

ちんこを触らせてみたが、全く変化は無い。

(;^ω^)「くっ……」

□「お前さっき出したばっかりなんじゃなかったかお?」

川 ゚ -゚)「出した?何をだ?」

(;^ω^)「な、何でもないお!!」

263 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:42:27.87 ID:YVTfK/7+0
さすがに、僕には何か分からない──。
そう思い、先に進もうと思っているときだった。

( ,,゚Д゚)「しぃ!!」

先ほど助けたギコが、走って現れる。
僕たちの前に立ちはだかり、拳を握り締めた。

( ,,゚Д゚)「テメェ!しぃに何しやがった!!」

(;^ω^)「何もしてないお!むしろ助けようとしただけだお!!」

( ,,゚Д゚)「本当か!それ以外は何もしてないな!?」

□「ちんこ触らせたお」


(#゚Д゚) 「ゴルァァァアァァァァァァァァァ!!!!!!」

274 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:44:49.24 ID:YVTfK/7+0
( ,,゚Д゚)「はぁ……はぁ……」

(####)(####)「お……」

ボコボコに殴られ、捨てられたブーン。
ギコは呼吸を整える前に、しぃの元へ走り出した。

( ,,゚Д゚)「しぃ!大丈夫か!?」

しかし、返事は無い。
当然だ、彼女は催眠術にかかっているのだから。

( ,,゚Д゚)「しぃ!!」

ギコがしぃの手を強く握り締める。
その瞬間、彼女の目はまるで生気を取り戻したかのように輝いた。

(*゚ー゚)「ギコ……君?」

( ,,゚Д゚)「しぃ!!」

278 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:46:57.39 ID:YVTfK/7+0
(*゚ー゚)「ギコ君……助けてくれたんだ」

( ,,゚Д゚)「当然だゴルァァ!!」

(*゚ー゚)「……へへっw」

( ,,゚Д゚)「ど、どうした!?」

(*゚ー゚)「手、握ってるねww」

(*,,゚Д゚)「ご……ごるぁ!」

(*゚ー゚)「あははw 今日、学校サボっちゃう?」

(*,,゚Д゚)「俺はいつでもサボってるぞ!」

(*゚ー゚)「そだねww 遊びにいこっか」

(*,,゚Д゚)「ゴルァァ!」



( ^ω^)('A`)□「あーあー。しにてー」

286 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:48:45.57 ID:YVTfK/7+0
しぃちゃんとギコが手をつないで歩いていく後姿。
僕達は指をくわえてそれを見ていた。

川 ゚ -゚)「早く行くぞ、次だ」

□「そうだお!早くDATを見つけるんだお!」


290 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:50:31.12 ID:YVTfK/7+0

('A`) 「あ、ジョルジュ」

民家の庭を掘り続けている少年。
僕達と同じ制服に身を包まれた、バスケ部主将、ジョルジュだった。

('A`) 「あいつの欲しいものっておっぱいじゃね?」
( ^ω^)「僕もそう思うお」

僕とドクオの目線が、クーさんに注がれる。
そして、冷たい返事。

川 ゚ -゚)「絶対に触らせん」

先ほどのギコの件が響いたのだろう。
クーさんは胸を隠し、僕たちをにらみつけた。

('A`) 「でもよ、アイツ力も強いし、催眠術といておいたら何か役に立ちそうじゃね?」
川 ゚ -゚)「断固拒否する」

293 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:52:29.60 ID:YVTfK/7+0
('A`) 「おっぱい!おっぱい!」

リズムに合わせながら手をたたくドクオ。
それにしてもこのドクオ、ノリノリである。

( ^ω^)「おっぱい!おっぱい!」

僕も便乗して手をたたき始めた。

('A`) 「おっぱいおっぱいおっぱい」

( ^ω^)「おっぱいおっぱいおっぱい」

川;゚ -゚)「だから、さっきので無理ということが分かっただろう!」

('A`) 「それとこれとは人が違う!おっぱいおっぱい!」

( ^ω^)「おっぱいおっぱい!」

295 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:53:36.98 ID:YVTfK/7+0

        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / お  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  お ヽ
 l   っ  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| / っ  /
 |  ぱ  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// | ぱ |
 |  い   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl い |
 |  !!   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  !!  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄

301 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:55:02.05 ID:YVTfK/7+0
僕たちの声に押されたのか、クーさんは制服を脱ぎ始めた。
そして現れる
下着。

(;'∀`)「ほ、本当に脱いじゃったよ」
(;^ω^)「ほ、本当に脱いじゃったお」

川;゚ -゚)「……これで、ジョルジュに触らせればいいのか?」

僕達は黙って頷く。
あまりの刺激の強さに、気絶しそうなくらいだ。

川;゚ -゚)「……」

クーがジョルジュに近づき、その手を取る。
そして、勢いよく自分の胸を掴ませた。

( ゚∀゚)「DATDATダッ………」

DATを探し続けるジョルジュの言葉が止まる。
……どうやら、成こ───


( ゚∀゚)「…………DATDATDAT」