※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

111 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:02:19.98 ID:YVTfK/7+0

川 ゚ -゚)「野球道具を持って来い」

クーさんの一言に、僕は慌てて鞄を取り出した。
鞄をあさくり、中からグローブとバットを取り出す。

(####)(####)「なんでバットとグローブが鞄に入っているんだよ……」
( ^ω^)「僕の鞄はスペアポケットと繋がっているんだお!」

せっかくのギャグも、クーさんには通用しなかった。
クーさんは黙ったまま、僕のバットを手に取る。

川 ゚ -゚)「これがバットと言う物か……」

不思議そうに見つめる彼女。
僕もああやって彼女にジロジロと眺められたい。
股間のバットも、軽く大きくなっていった。

川 ゚ -゚)「ふむ。これならいけそうだ」

いけそうだ?
その意味を理解しようと頭を働かせる僕。

しかし、その答えは考えるよりも先に分かってしまった。

116 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:03:08.76 ID:YVTfK/7+0

(;'A`) 「く、クー?」
(;^ω^)「クー……さん?」

川 ゚ -゚)「ん?どうした?」

僕とドクオが目を見開いて視線に入れたもの。



ギコという男の菊穴の中に、バットのグリップを入れるクーさんだった。




□「なんか面白そうだナー」




128 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:04:18.07 ID:YVTfK/7+0
( ,,゚Д゚)「……」


肛門にバットを挿したまま動かない少年。
やはり、というか当然、これは彼が望んでいることではないのだろう。

しかし、クーさんは微動だにしない。
それどころか、目を覚ますのは今か今かと、目を輝かせている。

早くバットを抜いてくれ。
見ているコッチまで、ケツの穴がしまってしまうじゃないか。

そう思っていた、矢先だった。



( ,,゚Д゚)「……」

(*,,゚Д゚)「……ごるぁ」

135 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:05:21.72 ID:YVTfK/7+0

   ↓ドクオ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 戻っちゃったよ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }        \.
   ヽ     / ̄ ̄\     \
   /   ./   _ノ  \     \
   | .  |    ( ●)(●)
.  .    |  ヽ  (__人__)   戻ったお
.       ヽ,     `⌒ソ
        |      く
.        |       \        .    \
.  .      |     |ヽ、二⌒)          \
           ↑ブーン

143 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:06:42.89 ID:YVTfK/7+0

   ↓ドクオ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 「ごるぁ(はぁと」なんて、少し照れちゃってるよ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }        \.
   ヽ     / ̄ ̄\     \
   /   ./   _ノ  \     \
   | .  |    ( ●)(●)
.  .    |  ヽ  (__人__)   どうしようもない変態だお
.       ヽ,     `⌒ソ
        |      く    □
.        |       \        .    \
.  .      |     |ヽ、二⌒)          \
           ↑ブーン

150 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:08:03.66 ID:YVTfK/7+0
川 ゚ ー゚)「やっぱり戻った」

うれしそうに口元を広げる彼女。
それに対して男は、軽い放心状態でいる。

(*,,゚Д゚)「……」


(;,,゚Д゚)「はっ───」

突然、全てを悟ったように目を見開く。
彼は視線を絶えず動かして、必死に現状を把握しようとした。

(;,,゚Д゚)「だだだだだ誰だぁぁぁあ! 俺のケツにバット突っ込んだ奴はあああああ!!」

川 ゚ -゚)「↓こいつ」
(;'A`)「え?」

(#,,゚Д゚)「ゴゴゴゴゴルァァァァァ!!!!」

男はケツから引っこ抜いたバッドをドクオに向ける。
振り下ろされたバットは、そのままドクオの頭に直撃した。

(#,,゚Д゚)「ななな何が起こったんだゴルァ!」

慌ててパンツとズボンを上げながら叫ぶ男。
驚くのも当然ですよねー。
急に我に返ったと思ったら、お尻にバットですもんねー。

157 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:09:14.73 ID:YVTfK/7+0

(;^ω^)「じ、実は……」

説明しようと思った僕を払いのけ、ギコという男は走り出した。
ちらりと見えたその顔は、青色の涙で覆われていた。

( ,,;Д;)「もうお婿に行けないぞゴルァァァァァァァ」

男の背中はみるみる小さくなり、ついに姿を消した。
僕もつられて、少しだけ泣いた。

(#)'A`)「……」

その場に倒れこんでいたドクオが、ゆっくりと立ち上がる。
涙こそ出ていないが、その顔は見るも無残な姿になっていた。

(#)'A`)「……番外編だからって、キャラ変えんなよクー」
川 ゚ -゚)「私は私だ。いつもと同じだ」
(#)'A`)「俺の知っている……クーは……こんなのじゃない」
川 ゚ -゚)「こんなので悪かったな」


(#)'A`) 「クーはもtt 川 ゚ -゚)「さぁ、次行こうか」

162 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:10:32.50 ID:YVTfK/7+0

───僕たち三人が歩き始めて、もう大分時間がたった。
DATはおろか、馴染みの顔すら見かけない。

(;^ω^)「この町ってこんなに広かったかお……?」
(#)'A`) 「広かったんじゃねーの?」

三人が歩く中、先頭はドクオ。
その後ろに僕がいて、最後尾にクーさんだ。

川;゚ -゚)「はぁ……はぁ……少し……休まないか?」

何の部活動にも所属していない彼女。
さすがに、疲労が見えてきていた。

□「そんな事言ってる時間はないんだお!」

ポケットの中の定規。
カタカタと揺れながら、大声で叫んでいる。

□「DATがハラサに渡ったら、本当に大変なんだお!」
川;゚ -゚)「しかし……さすがに限界だ……」

164 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:11:47.00 ID:YVTfK/7+0

そしていよいよ足を止めるクーさん。
やっぱり、胸がでかいと色々と困るのだろう。

('A`) 「しゃーねーな。俺がジュース買ってくるからよ」

そう言いながら歩き出すドクオ。
すぐ帰ってくるからなーと言うその背中を見て、僕は口元を上げた。

(*^ω^)(フヒヒwww この近くに自動販売機はないんだお!)

これで、ドクオが帰ってくるのには時間が掛かるだろう。
───そして、今の現状。

川;゚ -゚)「ふぅー……」

完全に疲れた、いとうつくしゅう女性。
そして、僕の二人だけ。
辺りの人間は、ハラサに操られて自我がない。


僕は───


※『自由記入』
ブーンが起こす行動を自由に書いてください。


≫172

165 : 通訳(熊本県) :2007/03/20(火) 23:12:31.45 ID:eq5InQWG0
自慰をしながらオナニー


166 : 芸人(関西地方) :2007/03/20(火) 23:12:46.85 ID:X24oSQiU0
クーを無理やり犯す。


167 : おたく(静岡県) :2007/03/20(火) 23:12:54.01 ID:mIsu61mv0
君が泣くまでっ僕は体をもむのをやめないっ!!


168 : とき(長屋) :2007/03/20(火) 23:12:59.52 ID:eGpHDndp0
びっくりするほどユートピア


169 : (茨城県) :2007/03/20(火) 23:13:13.88 ID:h0kLUYeS0
クーを背負って先を急ぐ


170 : おたく(静岡県) :2007/03/20(火) 23:13:17.72 ID:mIsu61mv0
君が泣くまでっ僕は体を触る事をやめないっ!!


171 : 造反組(北海道) :2007/03/20(火) 23:13:18.35 ID:L2Vt9fk50
自分の体で胸のサイズを測る


172 : 元原発勤務(アラバマ州) :2007/03/20(火) 23:13:20.27 ID:bwE2n0kQ0
自殺


173 : 踊り子(群馬県) :2007/03/20(火) 23:13:21.51 ID:qpjqM/+O0
クーに膝枕を頼んだ


174 : 芸人(関西地方) :2007/03/20(火) 23:13:21.56 ID:X24oSQiU0
クーを無理やり犯す。


175 : 通訳(熊本県) :2007/03/20(火) 23:13:24.70 ID:eq5InQWG0
チンコ出してしまうのを繰り返す


176 : ギター(神奈川県) :2007/03/20(火) 23:13:32.02 ID:Uahe9jvj0
やっぱやめた


177 : 今年も留年(三重県) :2007/03/20(火) 23:13:32.40 ID:BgQUbeI00
≫172
ちょwwwwwwwwwwwwwwww

200 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 23:17:38.99 ID:YVTfK/7+0
(*^ω^)「わーい!自殺するおー!」

前にもこんな安価あったな。
わーいわーい!

僕は鞄の中からナイフを取り出して、それを握り締めた。
銃刀法違反だー。ガモウだー。

(*^ω^)「手首きっちゃえー!」

僕が手首にナイフを当てようとした、そのときだった。

□「待つお!何早まってるんだお!」

(#^ω^)「定規の分際で僕に口出しすんなお!」

□「君が死んだら……世界は!どうなるんだお!!」

\(^ω^)/「バッドエンドー!」

僕は、もう一度手首にナイフを突きつける。
その瞬間だった───!

「まてっっ!!!」