※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もし、夢がかなったとしたら。
人はまず何をするだろうか。

あなたは、感嘆の声をあげるだろうか。
あなたは、拳を握り締めてガッツポーズをするだろうか。
あなたは、他人に気づかれぬよう笑いをこらえるだろうか。
あなたは、体全身で思わずはしゃぐだろうか。

誰もが事の大小に関係なく『喜び』を得たとき、
幾千もの動作の中から人は『喜び』を表現する。

そしてそこには必ず『沈黙』が存在する。


『沈黙』は受け入れる時間をつくる為に存在する。
過程、状況、環境……それらを結果にまとめあげ、現実世界の自身の認識に受け入れさせる。
それは実に最高な気分であり、幸福の『瞬間』でもある。

喉の調子を確認し、腹から息を吐く。 
今、まさに男はその『瞬間』を『沈黙』しながら噛み締めていた。


―――――――――待ちに待った放送の時間である。



 *  *  *


 えー皆聞こえてるかな?それじゃあただいまから一回目の放送を行いま~す。


 う~ん……どうしようかな。
 最初の放送とはいえ実はそんなに話すことなんてないんだ。
 そうだな、まず死んだ参加者から話そうか。
 君たちだっていの一番に知りたいだろう?
 ………誰の『運命』が潰れたのかを。

 死亡者を発表するよ。死亡したのは――――



  ジョナサン・ジョースター、ロバート・E・O・スピードワゴン、黒騎士ブラフォード
  ジョセフ・ジョースター、ストレイツォ、カーズ
  ペット・ショップ、ヴァニラ・アイス
  山岸由花子、吉良吉影
  プロシュート、ギアッチョ
  スポーツ・マックス


 ……13人。およそ四分の一か。
 なかなかどうして頑張るねぇ。この分だと今日中に終るかもしれないな。

 そして、もう一つの重要事項、禁止エリアについて話すよ。
 一度しか言わないからよく聞いて欲しい。該当するエリアは―――


   まず7時からI-3
   次に9時にD-2
   最後に…11時にD-6



 とりあえずこの3箇所にしたよ。


 もちろんその時間までに禁止エリアに留まっていたら、首輪の仕掛けが発動する。
 自分自身のせいで『生命』を奪わないように注意してくれ。


 予想以上の進行具合に私は非常に満足している。 
 これからもゲームを余すことなく楽しんで欲しい。
 とはいえ……妙な考えはあまり関心しないな。例えばそう――――ゲーム台無しにしようとするなんて、ね。
 言い忘れていたけど、このゲームを頑張った人には何かプレゼントを差し上げようと思う。

 何とまでは言えないけど、とても『素晴らしいもの』であることは約束しよう。
 巨万の富?最強の種族になれる処世術?あるいは……ブラフ?なんてね。
 まあいいさ。どう解釈するかは君たち次第だから。




 生き残っている38人の参加者のみんな、おめでとう。やっと夜が明けた。

 最後になるかもしれない『朝日のあたたかさ』を充分に味わっておくといい。
 次の放送は……正午かな。

 じゃあ、おおむねそうゆうことでよろしくね―――


 *  *  *



放送を終えた主催者は『沈黙』する。
今の自分は確かに幸福の『瞬間』であった。
あと何回この機会に出くわすのかを想像しながら、男は胸をおどらせる。

そして、視線の先にある一つの物。
無くとも戦えると吼えたDIOに見捨てられた支給品のバッグであり、吸血鬼の帝王の誇りの証明。


荒木はおもちゃを見つけた子供のように目を輝かせた。

「せっかく用意したんだし。これ、どこかに置くなりしたほうがいいのかもね」


【教会(?-?)/一日目/早朝】

【荒木飛呂彦】

[スタンド]:バトル・ロワイヤル?
[時間軸]:???
[状態]: 健康、ちょっと嬉しい。
[装備]: ???
[道具]: ???
[思考・状況]
1:DIOくんの支給品か。ああ、こんなのあったね(笑) 。どうしようかな。
2:参加者を観察し、ゲームを楽しむ
3:優勝者に『プレゼント』の存在を示唆。


【残り 38人】

投下順で読む


時系列順で読む


キャラを追って読む

00:OP 荒木飛呂彦 72:神への挑戦(前編)~早過ぎた対峙~