※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C-4についたダイアー達を迎えたのは、耳が痛いほどの静寂と、1体の死体だった。
「ジョナサン…」
死体の素性を知るダイアーが呟く。
「お前の知り合いか?」
「ああ。ツェペリさんの弟子で、共にディオ打倒に向かった仲間だ」
「そうか…」
「ポルナレフ。ジョナサンを地へ還してやりたいのだが」
「分かった。でも、病院内の探索を先にしよう。
仲間か敵か、誰かが居るかもしれないからな」
「分かった」
そして二人は病院内を調べはじめた。
「誰かいないか!?」
広い病院の廊下を歩き回るが、発せられる音といえば二人の足音と呼び掛け声のみ。
ポルナレフたちに反応する声や物音は、何一つなかった。
暫く院内を歩き回り、得られた結論は、この病院には誰もいないということだった。
「じゃあ、休憩も兼ねて、しばらくここで仲間が来るのを待つか」
「ああ。それにジョナサンとかいう人間の埋葬もするんだろう?手伝うぜ」
「助かる」
そして二人は、ジョナサンを埋葬するために病院の外に出た。
その時だった。
「おい。ありゃ何だ?」
ポルナレフが指差す先には、病院へ向かって一直線に向かってくる一匹の馬。
暴れ馬のように気性が荒く見え、まるで暴走しているかのようだ。
「あの馬、見覚えがあるような気がする」
「駅にいたな。タルカスと対決している時、奥にいた」
「ってことは、あの馬がこっちへ向かってくる理由もなんとなく読めたな」
そう。馬がこっちへ向かってくる理由。
それは一つしか考えられない。
駅にいたもう一人の敵、ワムウが襲撃してきたのだ。
しかし、ワムウの姿は見えない。
ダイアーたちは二人とも、『あの馬が囮である』ことには気付いていた。
が、肝心のワムウと思しき姿が見えない。
「ポルナレフ。頼みがある。
今すぐこの玄関前に水溜りを作ってくれ。
あの馬、何かある。
あれの接近を阻むため、水をまいて欲しい」
「何をするんだ?」
「辺りに水をまき、俺の波紋を流す」
「分かった」
ポルナレフはダイアーの指示通り、ホースを持ち出して蛇口を全開にする。
一方、ダイアーは馬に向かって叫んでいた。
「そこの馬!俺達に攻撃する意思が無いのならそこで止まれ!
それ以上近付けば、俺達に敵意があると見なす!」
馬は止まる気配を見せない。
「できたぜっ」
ポルナレフがダイアーに呼び掛ける。
「とまる気配がないな。仕方ない。あの馬は危険と考えよう」
「おう」
二人は病院内へ退避した。
馬はダイアーたちを追って病院内へ入り込もうとする。
しかし、
「波紋疾走!」
馬が水溜まりに足を踏み入れた瞬間、ダイアーが水溜まりに波紋を流して馬の足を押さえつけた。
しかも、波紋の効果はそれに留まらない。
「ブルルルル!!!」
馬はひどく暴れ出したかと思うと、中から一人の巨人が現れた。
「MWOOOOOOOO!」
*1
ダイアーとポルナレフは、ワムウが何を狙っていたのかに気付いた。
ワムウは馬の中に潜み、不用意に近付く人間に不意打ちを仕掛けようとしていたのだ。
ワムウは馬の中から抜け出して、水溜まりの外へと飛び出していた。
「不意打ちを仕掛けようとは…」
「戦士の風上にも置けねえぜ」
ワムウに対し、誇り高き二人の戦士は同じ感想を抱いたようだ。
「こいつ相手には、タルカスのように名乗り上げる必要はねえ。
ダイアー、さっさとぶち殺そうぜ」
「ああ」
ダイアーは馬に波紋を叩き込み消滅させ、ポルナレフはシルバー・チャリオッツを発現させてワムウに飛び掛る。
しかし、ワムウも既に持ち直していた。
シルバー・チャリオッツの攻撃を、後ろへ跳んでかわす。
「そうか。お前達は勝利よりも戦士としての誇りを重んじる者たちか。
ならば俺も、正々堂々と戦おう。
来い!誇り高き戦士たち!
我が名はワムウ!柱の男にして、このゲームを楽しみ戦い続ける参加者よ!」
「不意打ちしようと仕掛けておきながら、今更そんなこと言っても襲えんだよ!」
ワムウの高らかな声を受け、返事の代わりに突撃するダイアーとポルナレフ。
だが、身体能力、経験、すべてにおいてワムウが二人をはるかに凌駕していた。
(相手はスタンド使いと波紋戦士か。
危険なのは波紋戦士だが、スタンド使いのほうも予想外の能力を使って攻撃してくる可能性がある。
さて、スタンド使いの能力を見極めるために様子見するか、それとも一気に倒してしまうか…)
「波紋疾走!」
「フッ」
ダイアーの攻撃をかわすワムウに、シルバー・チャリオッツが攻撃を仕掛ける。
「食らえ!」
その攻撃に対し、ワムウは、何と真正面から攻撃を浴びに向かった!
ドスドスと突き刺さるシルバー・チャリオッツの剣。
相手が人間ならば、確実に死んでいる。
だが、ポルナレフは油断しなかった。
タルカスの時と同様、奴はこんな攻撃で怯む相手じゃない。
それが分かっていたからこそ、ワムウの反撃がくることは予測していた。
いつ反撃が来ても迎撃できるようにしながら、ワムウに攻撃を加える。
ポルナレフは油断をしなかった。
ただ、柱の男に対する知識が足りなかっただけなのだ。
ワムウの反撃はシルバー・チャリオッツへの攻撃だろうと思っていたポルナレフは、
「WRYYYYY!」
「なっ!」
ポルナレフ本人にワムウが攻撃を仕掛けてきたことに、完全に虚を突かれた。
ポルナレフに向かって薙ぐワムウの左腕。
その攻撃は、ポルナレフの左足をもぎ取った。
「ぐわあああ!」
叫ぶポルナレフに、ワムウは淡々と喋る。
「やはりスタンド使いは波紋をまとっていない。
ならば俺に触れただけで、その部分が俺に食われる」
「稲妻十次烈波!」
「おっと」
後方からの攻撃を難なくかわすワムウ。
「それがお前の必殺技か。
そういうのはとどめの一撃に使うものだ。
そんな大技、いきなり当たるはずがないだろう」
「バカな。死角からの攻撃を…!」
「我が流法は『風』。俺は風を感じ取ることで全方位の状態を感じ取ることができる。
俺に死角はない」
「くっ」
「では、今度はこちらから行くぞ」
ワムウは何か構え始める。
ダイアーとワムウの距離は5mほど離れているというのに、ワムウは深く腰を落とし、接近する気配を見せない。
ダイアーは、長年の波紋戦士としての勘が、この状態が危険だと告げていた。
(マズイ。奴はこの間合いでも俺に攻撃する手段を持っている!)
それに気付いたダイアーは、ワムウに技を出させないため、一気に間合いを詰め、接近戦を挑んだ。
「むう」
この行動はワムウにとって想定外だったらしい。
(なるほど。奴もそれなりの修羅場を潜り抜けているようだ。
神砂嵐の破壊力に直感的に気づき、技を出させぬよう突進して来たか)
ワムウにとって最も警戒すべきは波紋疾走。
スタンド使い相手と異なり、波紋使い相手にポルナレフの時のような“肉を切らせて骨を断つ”作戦は危険すぎる。
ワムウは構えをといてダイアーを迎え撃つ。
「うおおお!!!」
ダイアーの攻撃をひらりとかわし、
「フン!」
頭についていたアクセサリーが回転し、繰り出したダイアーの右腕を切り落とした。
「ぐわあああ!!!」
「片腕を失えばさっきのような大技はもう使えまい。
これで終わりだ」
そして、とどめの一撃を放つワムウ。
しかし、その攻撃はダイアーに届く事はなかった。
「シルバー・チャリオッツ!」
ポルナレフが攻撃を食い止めていたからである。
左足の膝から下を失い、スピードが半減しながらも、シルバーチャリオッツはワムウに立ち向かうだけの力を残していた。
どうやら奴に触れられると、その部分が食われてしまうらしい。
ただし、波紋使い、そしてスタンドについては例外。
それに気付いたポルナレフは、シルバーチャリオッツによる怒涛の攻めを開始した。
片足を奪われ、シルバーチャリオッツの強みであるスピードは失われた。
だが、足が動かない分、手を動かせばいい。
シルバー・チャリオッツは、信じられないほどの手数でワムウに攻撃を加える。
「SYAAAAA!!!」
さすがのワムウも、この攻撃には怯まざるをえなかった。
先程と同じ攻撃でありながら先程と全く違う攻撃量に、全身を穴だらけにされながら後方へよろめく。
そこへ、ダイアーが拳を放った。
「波紋疾走!」
「くっ!」
何とかそれをかわし、ダイアーを蹴り飛ばす。
ダイアーは吹き飛んだ。
が、そこへポルナレフがワムウの頭目がけてとどめの一撃を振り下ろす。
「うおりゃあああ!」
ポルナレフの斬撃を真剣白羽取りをするかのように腕を持ち上げるワムウ。
しかし、ことスピードに関しては他を圧倒するシルバー・チャリオッツの攻撃を防ぐ事はできない。
かろうじて首を横に傾けて頭を斬られる事は回避したものの、
シルバー・チャリオッツの剣はワムウのほおと首を掠め、肩に深く食い込んだ。
だが…
それは、『ポルナレフにとって最悪の状況を作り上げてしまった』。
ワムウに攻撃を仕掛けた瞬間、シルバー・チャリオッツとポルナレフは一瞬停止した。
ワムウに深手を与えたことで、ポルナレフに硬直が生じてしまったのだ。
ワムウが腕を突き出した理由。
それは剣を防ぐためのものではなかったというのに。
本当の狙いは、別にあったというのに。

「秘技、神砂嵐」

「ゲブウウウ!!!」
至近距離での神砂嵐の直撃!!!
まともに食らってしまったポルナレフは、ボロ雑巾のように地面へ落ちる。
「ポルナレフううう!!!」
叫ぶダイアーに、ワムウは冷徹な事実を突きつける。
「無駄だ。この戦士は助からない。
全身の筋肉がずたずたに切断され、骨が砕かれたのだ」
「!」
「残るはお前か。
この戦士との戦いは、シーザーやジョセフと同じく、満足のゆくものだった。
この戦士は敬意を払うに値する戦士だった。
お前は、この戦士と同じく尊敬できる敵か、この俺と戦うことで証明して見せろ」
「貴様!」
ワムウに向かって突進するダイアー。
この敵が放った『神砂嵐』という技が、こいつの決め技だ。
あの技を出されたら間違いなくダイアーは死ぬ。
だが、接近戦なら自分に分があるとダイアーは読んだ。
こちらの波紋攻撃は、ダイアーにとって防御不能。
更に、ダイアーに攻撃しようにも、波紋を身にまとうダイアーには迂闊に触れないのだ。
さっきのように風を操る攻撃さえ注意すれば勝ち目はあると、ダイアーは考えていた。
しかし、結論から言って、このダイアーの読みは外れた。
「フン!」
ダイアーの拳に、ワムウはカウンターの拳を入れる。
「さっきの攻撃で、お前のスピードは覚えた。
あの程度の速度なら、反撃など造作もないことよ」
拳を食らったダイアーは地面へ崩れ落ちる。
波紋を全身にまとい防御してたとはいえ、ダイアーが攻撃を仕掛ける瞬間波紋エネルギーのほとんどは拳に集約されるため、
その程度の波紋ではワムウの全身に行き届かせるのは不可能。
つまり、ワムウにはたいしたダメージにはならない。
ワムウはそれを読んでいた。
直接攻撃を仕掛けても大きな波紋ダメージを受ける事はないと。
そして、正にその通りだった。
倒れたダイアーを、ワムウはつかみあげる。
「満足な戦いとはいえぬが、貴様の戦い方もまた、立派に戦士だった。
決闘を侮辱せず、俺の最大の奥義で葬るのがお前への敬意。
さらばだ」
ワムウはダイアーを空中に放り投げ、両腕を構え、
「神砂嵐」
奥義を放つ。
「なっ!!!」
が、できなかった。
「ぐっ!腕が!」
ワムウの左腕が、切り落とされていたのだ!
「ま、まさか!」
ワムウはあわてて右を振り向く。
そこには、
「シルバー……チャリ…オッツ」
死に際のポルナレフが、ワムウに攻撃を仕掛けていた。
放り投げられたダイアーはそのまま地面に落ちる。
「貴様、まだ生きて…!」
その事実に、驚きの声を上げるワムウ。
「片腕を…うしな……えば、大技を…使えない。
お前の…言ってたことは…お前…自身にも……あてはまるよう…だったから……な」
息も絶え絶えに喋るポルナレフに、ダイアーは顔を上げる。
「ポ、ポルナレフ…」
「や…れよ、ダイアー。
俺は…さっきので…精一杯……だ。
せめて……俺が死ぬ…前に…奴を…倒して、心おき…無く…死なせて……くれ」
「っ!!!」
ポルナレフの声が胸に突き刺さる。
あの攻撃は、正にポルナレフの命を賭した一撃であることを思い知った。
(ポルナレフ…)
涙を拭い、立ち上がったダイアーは、ワムウを見据えた。
ポルナレフの命懸けの行動をくんでやらねば、それこそポルナレフを裏切ることになる。
ダイアーは、最後の勝負に出た。
「行くぞ!ワムウ!」
ワムウに向かって突進するダイアー。
「フン。又同じ攻撃か。学習能力の無い奴よ」
そしてワムウはダイアーから繰り出される左拳をかわそうとして

ドスッ

ダイアーの右腕が、ワムウの喉元に突き刺さっていた。
「なっ」
予想外の、心理的死角からの攻撃に怯むワムウ。
ダイアーは、ワムウの足元に落ちていた自分の腕を、波紋を込めて蹴り上げたのだ。
ダイアーの足から波紋が伝播した右腕はそのままワムウの喉元へ突き刺さり、ワムウの体内へ波紋を流した。
そして――!

「稲妻烈波!」
繰り出される手刀。
喉元に突き刺さる右腕に気をとられていたワムウは、その手刀をまともに食らう。
右腕とあわせれば波紋の二連撃!
「GYAAAAAAAAAA!!!」
手刀はワムウの頭に深く食い込み、文句なしの致命傷を与え、ワムウは倒れた。

「…満足なる戦いだった。見事だ。
俺を倒した波紋戦士よ、名を教えてくれ」
「…ダイアー」
相手はポルナレフを倒した憎き敵なはずなのに、ダイアーは自然と口をついて名乗りあげていた。
敵とはいえ、正々堂々の戦いに、何故か礼をつくしたくなってしまったのだ。
ワムウと戦う相手は、いつも最後にそのように接してしまう。
ワムウの、純粋すぎるくらい純粋なまでの戦士としての姿は、誰もが敬意を払わずにはいられないのだ。
ワムウはこのゲームに巻き込まれてから、ジョセフのように汚い手段を使ってでも戦いを楽しむ予定だった。
が、これまでの戦いを振り返れば、結局ワムウの戦闘は戦士としての戦いばかりだった。
名乗りあげずに不意打ちを仕掛けたこともある。
爆弾を放り込んで、戦いの邪魔をしたこともある。
だが、ワムウが敵と面と向かって対峙した時、やはりワムウは戦士としての戦いを挑んでいた。
ワムウは根っからの戦士だったのだ。
「さらばだ、ダイアー。
このゲームで、幾度も満足な戦いを行なえた喜びを胸に、俺は消え去ろう…」
その言葉を最後に、ワムウは灰となった。
「!ポルナレフ!」
ワムウの死を見届けた後、ポルナレフの元に駆け寄るダイアー。
地面にうつぶせたままのポルナレフを片腕で抱き上げる。
「ポルナレフ。ワムウは倒…し……」
ポルナレフへの呼びかけを、ダイアーは最後まで言い切ることができなかった。
ポルナレフは………死んでいた。
「ウソ…だろう?」
ダイアーの声が震える。
「目を覚ませ!ポルナレフ!
死ぬな!すぐに病院で手当してやる!
お前の傷を治す仲間もすぐに来る!
だから死ぬな!
死ぬなああああ!!!」
叫ぶダイアー。
しかし、その声はポルナレフには届かない。
もう既に息絶えているポルナレフには。
ポルナレフの死に顔は安らかだった。
ダイアーとワムウの勝負を見届けてから逝くことができた、満足な笑みを浮かべていた。
「ポルナレフううううう!!!」
ダイアーの悲痛な叫び声が、辺り一帯にこだましていた。



【病院(C-4)/1日目/夜】

【ダイアー】
[能力]:波紋法
[時間軸]:ジョナサンと会い、ディオの所へ行く直前
[状態]:右腕損失、全身打撲、服が焦げ付いている
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考・状況]:
1)ポルナレフを失った悲しみ
2)C-4で仲間を待つ
3)波紋戦士としての使命を果たす(吸血鬼の殲滅)。
4)自らの過ちにより2名の命を奪ってしまった事への贖罪。
5)1)~4)の為に、此の身を盾にする事に躊躇いが無い。

【現在ココ・ジャンボの中に入っている物の一覧】
黒騎士ブラフォードの首輪、大型スレッジ・ハンマー、
ポルナレフの支給品一式×2(バッグは自分とジョルノの)、缶詰等の追加食料品、
ツェペリの支給品一式×2(バッグは吉良とツェペリの)、薬草少々(リサリサと分けました)、岸辺露伴の手紙、
ダイアーの支給品一式×2(但し、水は無し)(バッグは自分と億泰の)
露伴の支給品一式、露伴の書いた落書き
康一の支給品一式、シャボン液
サヴェジ・ガーデン

【サヴェジ・ガーデン(支給品)】
サヴェジ・ガーデンは専用の封筒の宛名欄に書かれた人物に手紙を届けます。
手紙を届けた後送り主の下に戻ってくるかどうかも封筒に書く事によって指定可能です。
“手紙を届ける事”のみに関しては、天候その他どんな不測の事態にも影響を受けません。
手紙を送る事が出来る人物は此のゲームの参加者のみであり、同時に複数の人物に手紙を送る事は出来ません。
郵送時間は場所に因りますが封筒には小物程度なら何でも入ります。
首輪を探知し相手の下へ向かう為、届け先の相手が死んでいても手紙を届けます。
首輪が爆発している場合は、手紙を届けません(届け主の下から飛び立とうとしません)。

【ワムウ 死亡】
【J・P・ポルナレフ 死亡】
【波紋の達人と幽波紋の達人 A班 解散】

投下順で読む


時系列順で読む


キャラを追って読む

110:その一撃は緋の色 ダイアー 121:『箱庭の開放』(前編)~絶大は絶対の前には無力~
110:その一撃は緋の色 J・P・ポルナレフ
119:全力疾走 ワムウ