※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日中 (12:01~14:00)

D-4	空条承太郎とウィル・A・ツェペリがヨーヨーマッに放送で喋らせる内容を決める。この時2人の様子をダイアーが隠れて見ていたが、ツェペリにあっさり気づかれ押し問答の末戦闘開始。 
D-4	ヨーヨーマッを承太郎に任せ、ツェペリはダイアーを一人で食い止めることを決意。最終的にツェペリはダイアーに波紋戦士としての何たるかを叩き込む。
D-4	拡声器でヨーヨーマッに一度放送を流させる承太郎は、再びツェペリの下へ戻る。そこにはすでに改心したダイアーも一緒におり、3人は行動を共にすることになる。
H-6	ブローノ・ブチャラティと虹村形兆がそれぞれ親人の死を悲しむ。この時、ブチャラティがとある決意をし、形兆にケンカを吹っかける。
H-6	形兆VSブチャラティ開始。几帳面な形兆の性格を逆手にとったブチャラティが勝利したが……?
F-3	ウェザー・リポートは顔写真名簿を参照にしながらエルメェスと会議、検証。仗助が埋葬した男はジョセフだと結論づける。
F-3	ナルシソ・アナスイがウェザーと接触。自暴自棄なアナスイから自分は未来の世界で死ぬ運命を知らされてショックを受ける。この時放送で仲間の死を知った東方仗助が家を勝手に飛び出し行方不明に。
E-3	東方仗助が杜王駅の倒壊を修復し、駅の内部でワムウ&タルカスと遭遇。戦闘開始。機転をきかせた仗助が勝利するが、最後の最後でプッチ神父&リキエルが乱入。仗助はDISCを抜き取られ気絶。
E-3	仗助が最後にワムウの傷を治療していたので、ワムウは全力でプッチ神父達と戦うことを決意。鎖に化けていたミキタカも正体がバレたのでドサクサでワムウ&タルカス&ミキタカVSプッチ&リキエルの変則マッチが開始。
G-1	首輪探知機の効果を勘違いしていたシュトロハイムは偶然発見した伝書鳩を追いかけて霊園に到着。そこでシーザーの手紙とジョセフの遺体をGET。
G-2	ジョセフの遺体をかついで禁止エリアを脱出したシュトロハイムは伝書鳩をシーザーに送り、彼がここにくるまで待機することにする。

日中~午後 (12:01~16:00)

E-7	第二回放送を聴き終えたジョージ一行がホテルを出発する。彼らは入り口付近で遭遇した噴上を追っ払った後、アヴドゥルと遭遇する。
E-6	アヴドゥルの裏切りにあい、ナランチャが失明。ジョージ達は2手に分かれて行動することに。
E-6	花京院、F・F、アヴドゥル、ジョンガリ・A、ナランチャ、ホル・ホース、ジョージによる大混戦。その結果、花京院とF・Fが犠牲になる。
D-7	噴上祐也が恐怖のあまり、北へ逃亡する。
E-3	リキエル&プッチ神父組がワムウ&タルカス組に敗北し死亡。興がそがれたという理由でワムウはミキタカと仗助を開放する。
E-4	駅を後にする仗助たち。再戦したいというワムウの意志を無視し、もう関わりたくないと誓ったあと2人はミキタカが作った血痕の道しるべをたどることにする。

午後 (14:01~16:00)

H-6	ブローノ・ブチャラティと虹村形兆が親しい人物の死に衝撃を受ける。そしてブチャラティが形兆"勝負”を持ちかける。形兆はそれに応じ、2人は戦闘開始。ブチャラティが“勝利”する。
E-4	空条承太郎&ツェペリ&ダイアー組がポルナレフと合流。3人が駅へ様子を見に行っている間に、ポルナレフはヨーヨーマッが発見した美奈子の手首を始末する。
A-1	己の未来について吹っ切ったウェザー・リポートとセッコが荒木飛呂彦の謎に気づくも、本人から粛清されて死亡。
F-3	ウェザーの計らいで、荒木の会話から得た情報をエルメェスがGET。荒木の居場所を知る。
D-4	ストレイツォの支給品であった恐竜がプロシュートのバッグから偶然にも出現。暴走状態に。
E-3	ワムウがタルカスと縁を切る。タルカスは最後までワムウに尽くすことを決意し、駅の門番をする。

午後~夕方 (14:01~18:00)

E-6	ジョージ・ジョースター1世を担いでいたホル・ホースが誤って禁止エリアに侵入。ホル・ホースは捨て身でジョージを禁止エリアの外に出した後に爆死。
E-6	空条承太郎がジョージを発見し、更にナランチャ&ジョンガリ・A組とも合流。ナランチャたちを東に向かわせ、自身はジョンガリ・Aと共にC-8へ行くことを決意。
F-3	道中で空条徐倫&ドッピオ&ミドラー組と遭遇したアナスイを含む4人がウェザー達の様子を監視していたリサリサと遭遇。協力体勢になるはずが、3人はドッピオと組もうとしていたミドラーの裏切りに合う。
F-3	アナスイの機転で生き長らえる徐倫。しかしアナスイは死亡。同時刻、ミドラーの始末をしたディアボロはドッピオが自分の正体に疑問を持ったので焦る。
G-3	なんとか生き延びていたリサリサが単独行動を開始。警戒心を強める。
G-2	シーザーがシュトロハイムが担いできたジョセフの死体と対面。シーザーは伝書鳩サヴェジ・ガーデンの手紙を偽造し、シュトロハイムに東方仗助を危険人物だと錯覚させることに成功。

夕方 (16:01~18:00)

C-8	噴上祐也がDIOと遭遇し、第三回放送まで護衛する任を引き受ける。
C-7	アヴドゥルが承太郎と戦闘開始。承太郎はアヴドゥルを気絶させると、そのまま放置してジョンガリ・Aと共に北上。
C-7	噴上が承太郎たちを襲撃し、ジョンガリ・Aを殺害。そのまま承太郎も始末しようと企むが、ノーマークだったアヴドゥルの襲撃に合い死亡。アヴドゥルは改心しており、承太郎に謝罪、そしてDIO討伐の誓いを立てる。
C-8	日没と同時に、承太郎とアヴドゥルがついにDIOと遭遇。戦闘開始。
F-3⇒E-3⇒D-3⇒E-5エルメェス進行ルート。
E-5	エルメェスがジョージ&ナランチャ組と遭遇。ナランチャの目、ジョージの腹部の治療のために東方仗助を捜索することに。
H-3	ディアボロが空条徐倫と戦闘開始。なすすべもなく徐倫は死亡。霊魂?となりアナスイ達と共に果てる。
H-3	トリッシュ蘇生の方法をリサリサに仰ぐためにサヴェジ・ガーデンを使用。その後、叫び声の聞こえる家に侵入し、中にいたディアボロと対峙する。
G-3	リサリサが、シュトロハイムが担いできたジョセフの死体とシーザーからの手紙でそれぞれ思いを馳せる。その後、首輪探知機の反応先からシーザーの咆哮が聞こえてきたので、向かうことに。
E-4	杜王駅を目指すツェペリ組に支給品だった恐竜が襲来、ツェペリが死亡。窮地のダイアー達はリサリサが送った伝書鳩サヴェジ・ガーデンと協力し、恐竜を撃破する。
E-3	ポルナレフ&ダイアー組が杜王駅内部にいたタルカスと戦闘し勝利する。2人は「ワムウ」という人物の情報を集めるために、いったん引き返してC-4の病院に向かうことに。
E-4	ブチャラティと東方仗助&ミキタカ組が合流。ブチャラティの首輪に対する考察を2人に筆談で伝えた後、ジョセフ捜索の為に一行は北へ向かう。
A-1	荒木が第三回放送を流し、六時間後に参加者を兼任すると宣言する。