※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例えば、平凡な生き方を歩んでいる人がいるとする。
しかしその人には非凡と言えるほど、色々な出会いがあったはずなのだ。
ただ、その人が気づいていないだけで。

出会いは、全ての人に大なり小なりの影響を与えている。
本人が気づいていないとしても……人は毎日、数多くの出会いを作っている。
人、物、環境、状況……対象への定義はない。


己の死を受け入れたとしても、出会いはある。 牢屋の中に閉じ篭っていても、出会いはある。
学校の級友に馴染めなくても、出会いはある。 肉親の復讐に立ち上がっても、出会いはある。
調査のために宇宙から来ても、出会いはある。 組織に絶対の忠誠を誓っても、出会いはある。
不器用な父親と仲が悪くても、出会いはある……


そして今、この瞬間にも出会いは生まれようとしている。
主催者と参加者を紡ぐ『放送時間』という名の『出会い』が……。


喉の調子は、相も変わらず『良好』のようだ。
鼻からこぼれる唄声が、上機嫌ぶりを奏でている。

まるで……玄関にある郵便受けから……朝刊を取りに行くように……日常の何気ない習慣のように……。


―――――――――男は、放送を流す。



 *  *  *


 あーあー……テス、テス。
 えーっと、皆聞こえてるよね? 第二回放送……始めちゃっていいかい?


 ちゃんと放送が流れていないと困るんだけど……まぁいいか。
 今回の放送も前回と同様に話すのでヨロシク。
 まずは、日の出から正午までの6時間で死んだ参加者の名前から……発表するね。

 死亡したのは――――



  イギー
  広瀬康一、虹村億泰、岸部露伴
  ジョルノ・ジョバーナ、トリッシュ・ウナ、リゾット・ネエロ


 ……7人か。ちょっとペースが減ったかな。
 でもこの調子でいけば……日没までには、生存者は全体の半分になるだろうね。
 皆どんどん殺しあって欲しい。


 お次は禁止エリア。今回新しく加えられるエリアは、また『3つ』だよ。
 よーく聞いててね。該当するエリアは――――


   まず13時、つまり午後1時からG-1
   次に15時、つまり午後3時からH-7
   次に17時、つまり午後5時からE-8



 わかったかな? G-1、H-7、E-8の3つ。
 ハイ、もう言わないよ。

 ちなみに。
 首輪は禁止エリアに入ると爆破する仕掛けになってるんだけどさ。
 実は、禁止エリアを参加者に教えてくれる機能もあるんだ。
 ……といっても勘違いしないでね?
 あくまで『今、自分がいる場所が数分後に禁止エリアになる』時のみだからね。
 警告サイレンみたいなもんかな。

 それと。
 君たちは私に一泡吹かせようと色々考えているみたいだけどね……!
 あまり私を怒らせないほうがいいぞ。
 あんまり調子に乗られると、私自身が手を下さなければならなくなるんだ。

 こちらとしても、君たちへ罰を与えたという「報告」は今回限りにしたい。
 『ジョルノ君は僕の元へ辿り着き、果敢に立ち向かった結果、天へ召されました』……なんて「報告」はねッ!


 31人の参加者のみんな、ここまでよく残ってくれた。
 次の放送は6時間後の夜だよ。

 その時に、また私の声が聞けるといいね―――


 *  *  *

『出会い』は終わった。次に出会いは予定通りならば、6時間後。
それまで……彼以外の人物には、一体幾つの出会いが生まれるのだろうか。

男は手を後ろにまわしながら、伸びをしている。
ひとしきり体をほぐすと、彼は視線を『あれ』に向けた。
こざっぱりしたディバッグ。持ち主は、いない。

「DIO君の支給品……出番があるとしたら、次の放送かな? まだ使い時じゃあない気がする」



【教会(?-?)/一日目/昼】
【荒木飛呂彦】
[スタンド]:バトル・ロワイヤル?
[時間軸]:???
[状態]: 健康、ちょっと暇。
[装備]: ???
[道具]: ???
[思考・状況]
1:みんな私に逆らわないで欲しい。困るから。
2:DIOくんの支給品は次の放送でどうにかしよう。
3:参加者を観察し、ゲームを楽しむ
4:優勝者に『プレゼント』の存在を示唆。


【残り 31人】

投下順で読む


時系列順で読む


キャラを追って読む

72:神への挑戦(前編)~早過ぎた対峙~ 荒木飛呂彦 97:神への挑戦2