※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第六部:ストーンオーシャン】 からの出典


伝書鳩サヴェジ・ガーデン、専用の封筒10枚 残り3枚


空条徐倫が空条承太郎のDISCを刑務所外に送る手段として用意されたもの。
スピードワゴン財団によって教育されており、伝書鳩としては優秀。
原作では大量の蛙の雨(竜巻によって飛ばされた)に全く衝突することなく、DISCを運び出した。

初登場時の説明文はこちら。
※サヴェジ・ガーデンは専用の封筒の宛名欄に書かれた人物に手紙を届けます。
 手紙を届けた後、送り主の所に戻ってくるかも封筒に書くことによって指定可能。
【手紙を届けること】のみに関しては天候やどんな不測の事態でも影響を受けません。
 手紙を送る事ができる人物はこのゲームの参加者のみであり、同時に複数の人物に手紙を送る事はできません。
 郵送時間は場所によりますが、封筒には小物程度ならなんでも入ります。


ちなみにこのロワでは7回使用されている。
①シーザー(ジョセフ宛て)※一期一会
②東方仗助(シーザー・アントニオ・ツェペリ宛て)※相思となり真実を隠す
③シーザー(ジョセフ宛て)※死せる者の為死せる者に縋る希望
④シュトロハイム(シーザー宛て)※ヒトとハトのコンビネーション
⑤東方仗助?(シーザー宛て)※『シーザー孤独の青春』
⑥シーザー(リサリサ宛て)※仇敵(前編)~声~
⑦リサリサ(ウィル・A・ツェペリ宛て)※享受


スタンド『ヨーヨーマッ』(制限つき、よだれはでない)

空条承太郎に支給。
現在の主人はモハメド・アヴドゥル
小太りで、頭はロケットみたいな形をした人型スタンド。
第5部に登場するペッシ(プロシュートの舎弟。ロワでは登場しない)に似てる。
とても従順。でもなんか腹がたつ。なんかいじめたくなる。
敵にも従順。だがしかしそれはカムフラージュ。相手に悟られないようによだれ(溶解液)で攻撃する。
だが真の恐ろしさは「本気なのか天然なのかわからない」ところだろう。
命令を曲解して主人の足を引っ張ることは明白だろう。

このロワではよだれがでないので、単なる執事みたいな存在になっている。
詳しくは第49話承太郎と哀れな下僕の項を。


リキエルのバイク

リキエルに支給。
現在はダイアー達が乗っている。
2011年のものなので、我々にとっても未来のバイクと言えるだろう。
ご存知の方も多いだろうがジョジョのキャラクターはバイク乗りが意外と多く、どの部でも最低1人はいるのだ。
第一部やSBRではバイクは存在しないものの、移動に使われる馬車、馬はよく出ている。
移動手段としては非常に便利な道具。支給されたリキエルが一度も使うことがなかったのが皮肉である。
しかし本人もまさか『自分の愛用していた物が支給品』とは考えまい。主催者なりのサービスだったのか?

放置されているか、処分された支給品。


『ライク・ア・ヴァージン』親機と子機×5 子機×4は破壊。親機も黒コゲで機能停止


イギーに支給。

G.D.st刑務所で使われている拘束具。腕輪みたいな形状で、手首に取り付ける。
原作では看守が親機を自分につけて、子機を囚人に取り付けて言う事を聞かせていた。
別名『見えない鉄格子』。



『ライク・ア・ヴァージン』は、優勝者が身につけていた場合、『荒木』が解除してくれます。
それ以外の方法では事実上解除は不可能に近く、親機から50m以上離れた子機は爆発します。
威力は手首を吹き飛ばすに十分なもの、下手すれば死ぬこともありえます。
また、爆発の前には警報音が鳴り響きます。
現在、唯一残された子機をジョンガリ・Aが付けていたが、事実上の放置。