※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ヴァニラ・アイス
【出展】 <第三部 スターダストクルセイダース>
【種族】 吸血鬼
【性別・年齢】 男・不明
【外見】 マッチョ。女性のような長髪。額にハートのアクセサリー付のヘアバンド。海パン。
【性格】
DIO様大好きの人 DIOを侮辱するものにはプッツン&蹴り殺し。
「DIOのためなら死ねる」ほどの忠誠心を持つ。ポルナレフは「どす黒い暗黒のクレバス」と例えた。
実際に目の前で首をはねて見せた。(つまりかつては人間だったのだが)その時初めて吸血鬼として生まれ変わった。
まさに執念のかたまりとも言える。
主観だが、お互いの執念が激突したポルナレフとのバトルは第三部の名シーンの一つ。
【口調】
「この落書きを見て後ろに振り向いたものは    死ぬ」
「暗黒空間にばらまいてやる」
「蹴り殺してやるこのド畜生がァーッ!!」
【特異能力】
スタンド能力は「クリーム」(本編では名前は登場せず)
スタンドの口の中が暗黒空間となっており、引きずり込まれたものは粉微塵になって消滅する。
ヴァニラ・アイスとクリーム自身はスタンドの口の中に隠れることが可能であり、
それを利用して自分自身を暗黒空間の中に隠して(袋が裏返しになるイメージ)誰にも気付かれず空間を移動できる。
この状態でクリーム(つまりひっくり返って表側になった、袋の裏側)に触れても粉微塵にされる。

【備考】