※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ナルシソ・アナスイ
【出展】ジョジョの奇妙な冒険第六部・ストーンオーシャン
【種族】人間  正真正銘「男」である。 囚人番号はMA28050
【性別・年齢】男性・25歳
【外見】
長髪美形?かなり逞しい体付きをしているので喧嘩は強そう。
全身アミアミタイツ  猫耳?のついた帽子をかぶっている。
初登場した時は女性キャラクターのような体つきだったが、再登場した時に実は男性であった事が明らかとなり読者を驚かせた。
その時はセリフがなかったのでこの誤解が生まれたのだが、
再登場時の風貌はどうみても男性です本当に荒木飛呂彦テイスト全開でした。
【性格】
殺人鬼。新聞でも結構話題になったらしい。
見たものを分解したくなる性癖をもつ。それが例え人間でも。
10歳の時にポルシェを細かく分解し病院に入れられたことがある。
大学時代に付き合っていた彼女の浮気を目撃。よろしくやっていた彼女と浮気相手をその場で「分解」する。
精神鑑定はなんと正常。後悔や贖罪といった念は無いらしい。
彼に下った罪状は殺人で12年。懲役刑を受けてG.D.st刑務所に入ることとなった。

刑務所で巡り逢った空条徐倫を愛し、彼女を愛する事で罪を犯した自分の魂が救済されると信じていた。
だがこのゲームに巻き込まれ、徐倫の命を守るために再び殺人鬼と化す。
【口調】

「祝福しろ」
「用意をするんだ。テメーがこの世に生まれてきたことを後悔する用意をだ!」
「祝福しろ。結婚にはそれが必要だ」
「何もオレは最初から…徐倫と結婚できるなんて思っちゃあいない…
オレの殺人罪は事実だし、徐倫がオレの事を好きになってくれる訳がない事も知っている…。
だが、徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意志と心は…
オレの心の闇を光で照らしてくれている…崩壊しそうなオレの心の底をッ!
今のオレには必要なんだ…!一言でいい…『許す』と。
ここを生き延びたなら結婚の『許可』を与えると!」
【特異能力】
スタンド能力はダイバー・ダウン。
物体の内部に潜行し、パワーを貯めて一気に解き放ったり、物体の構造自体を変えてしまう。
人間の内部に潜行してその人が受けるダメージを代わりに引き受け、守る事も出来る。
【備考】
岸辺露伴のヘヴンズ・ドアーで「殺人できない」と命令されている。




            777'‐‐‐ァ‐‐ 、 ヽ          ヽ
             ,///   / ,, 、 ヽ、`'''ー─一'''⌒ヽil
           ///   / ,/    `'''‐‐‐‐‐rrr‐ 、_!j
            /       /、ヽ、  ,,     !|i   | ところで…
          ,/      ノッテ'、`、i'   /  il|l    |      おれは全力であなたのお嬢さんを守ります。
         / /     /メ='‐゙ `''  ' zニニニ||l   | すでに、のっぴきならない事態に陥ったようだが、
         / /     ,/    ''   /マッテ、! l|i    |      この闘いは生き抜く…
         / /   ,/ /     ,、  ,,::: `''キ'y'1l    | だからお嬢さんとの結婚をお許しください。
       ,/ /   ,/ /  _,, ``ニ'':::   /ィ |!   l |
      / /    / /  ー‐=、`' -、    /ノ ,li   l |
      ,/    ,/ ,/    `ー 、`''' v    〃_,/.l|  ,! l|
     /     ,/ /ヽ      `'''´  /'"l |,j|  ,/i |l
     / /   / /`、 ゙ 、       ,//|. | ,リ/ ,〃 l l|l
   / /   ,/ /   ` 、  ゙゙̄''--ァ'''´::/ |  l// //  l l|l
   / /   / /     ! ̄ ̄ ̄::::::::::{、. | // ,//  l |l l
  ,/ /   ,/ ,イ       !::::::::::::l:::::::::::::!::`y'/ //   l l| l
 / /    / /::l      !::::::::/::::::::::::::レ' / //    l l| l


           _,,:::-::::::::::::::i'      ::::::ミ:、
         ,/ー-:::=:::;;:::::::i'      /::::::::::i
        ,/::::::\ 、  ~^'"     /;;::::::::;;;i
       〈::::::::::::::::\ 、        ''"~  ,ヘ
        ,}:::::::::::::::::::〃         ,::=''":/
     .  i::::::::::::::::::〃   , /ヾ  ヽヽ:::::i'
          i::::::::::::::〃;;::-‐…ー‐‐----::::::,,,;;i
       i::::::::::;=-''",::::::--、 --+;;:::::::.:...._ ~''-、
       _|:::::::( ,ヾ:;;;::..,,_ ,.〉 | 《   __,:::::::ヽ ヽ
        / 、ヾ:::::;i. 、_;;三ヾ!、 i._/,:::::;;;;;ゞ''7:::::ソ ,/   「……言ってる事がわからない…
      〉 ,) ':/ ,:,<l: j'>' )  ソ;'ィ-r、={;;/^'Y´
      ( ::;ゝ 《   `~´ ''"i, ,:;i.ヾ'ー'=' ,l/.ィ/             ……イカれてるのか?
      ゙ー=;;i  l;     /  '、    ,イ::;;i'
       !::;::;:l; :! ,;    '、  〉   ;' !;;;ノ              …この状況で。」
    _,,,:::=!;:::!:i.   l'   _ 」' ´_  ヽ i'/
  <''::::::://:|;::!''ヽ  i  (:-‐=w=‐-;,  |,//
  ヾ::::::::i :i:::::;' .〈\i   'ー-- :'  ,!'::/:;_
   l:::::::;;ヽヽ\ i; \       /:::/ \''-、_
   /i:::::::::;:;;ヽヽ\,   \   ,,  ,/:::::/   \ ~'-、_
  /::ノ:::::::::::::::;;;;:ヽヽ\   "'''┴‐'::::::::/     \  `'::、_