※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 一言で表現するなら、やはりバカ。大バカである。
 昔は酒の席でのことだったが、今では日常でもバカ子である。
 「私、脳みそ詰まってない!スカスカだから!」という珍発言からもバカっぷりがうかがえる。
 自らの不明により、確実であったはずの女帝位継承権を見事に失った。
 最早、彼女の過去の栄光を知る者も少ない。

  • ピピピピピという電子音はホットラインの着信音。
 飲み会のとき等、彼女が気づいてなかったら、教えてあげましょう。

  • 実はバカと天才は紙一重を地で行く人物であり、頭の回転数は高い・・・かも。
 直感が強いというか、嗅覚が鋭いというか、時折、ハッとさせられる。
 ただ、やっぱり、それを忘れさせてくれるくらい、日常がバカなので、呼び名は「バカ子」となる。

  • 成分解析によると「100%が塩で出来ている」ようだ。



 ■所有アビリティ
  • 酒呑みLv.7
  • 経営3バカ
  • バカトリオ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|