※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その昔、YNUJCが極度の雀士不足を解消するために新勧期に冗談で立ち上げた麻雀サークル。
代表は高田であり、実際彼に4,5件の連絡が来て戸惑ったことがある。
また、パオ新勧として一食(現、れんが館)のテラスで新入生と麻雀を打った事があるという逸話も残っている。
部室もなく、定期活動もないこの怪しげな団体に新入生はさぞ戸惑いを覚えた事だろう。
なお、JCの間でもこのパオの存在を知るものは意外と少ない。


ちなみにパオとは漢字で『包』と書く麻雀用語。
責任という意味を表し、大三元や大四喜などの役を確定させる三元牌や風牌を鳴かせた人が責任を追うというルール。
ツモの場合は全額、ロンの場合は振り込んだ人と折半である。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|