崖の上のきつねとおおかみ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6話 崖の上のきつねとおおかみ

日宮高延は妖狐である。
その風貌は狐のカラーリングをした狼のようで、尻尾は二つあった。

「……まどか」

この殺し合いにはいない、自分の主人であり、最愛の女性の名前を呟く。

「……何で、殺し合いなんか……」

昨夜の記憶を手繰り寄せる。
いつものようにまどかと行為をした後、眠りについたはずだった。
なのに何故、首輪をはめられ殺し合いをさせられているのだろうか。
いくら考えても分からない、分かるのは――――殺し合いをしなければ死ぬと言う事。

「……俺は」

「……おーい、高延!」
「!」

自分を呼ぶ青年の声に振り向くと、見知った顔の魔狼が自分に向かって走ってきていた。
主人、まどかの友人、浅井きららのパートナー、浅井政喜だ。
そして高延の友人でもある。

「良かったぁ、最初に会ったのがお前で」
「……ああ」
「大変な事になっちまったよなぁ、殺し合いなんてさ……」
「……」

政喜は高延の事を全く警戒していなかった。
不良っぽい言動の妖狐ではあったが根は悪い奴では無い、こんな殺し合いに乗る事は無いだろうと、
楽観的に考えていたのだ。

「俺はこんな殺し合い絶対しねぇ! 高延! お前だってそうd」

ガリッ

「……?」

まさか、自分の喉笛に本気で食らいついてくるなんて思っていなかった。
鋭い牙が容赦無く政喜の喉に食い込み血が溢れ地面に落ちる。

「…えあ? た、高延? な、何してるんだ、よ?」
「……」
「…ガ、ア! い、痛、やめろ! ヤめ、ア゛ッ、ぐ、るじい!!」

ギリギリと、政喜の喉を噛む顎に力を込める高延。
政喜は何故高延がこのような事をするのか分からず、涙を流してもがく。
しかし顎は外れる様子は無く、呼吸困難に陥った政喜は泡を拭き痙攣を始める。

「ッ……ア……イ……キ……ガ」

(何でだよ、高延……お前は……確かに……口が悪かったりするけど……こんな事する……奴じゃ……)

しばらくして、政喜は動かなくなった。
身体中から力が抜け、股間からアンモニア臭のする水が溢れる。
泡を拭いた口からは舌が垂れ下がり、開かれたままの目からは涙が流れていた。
その涙は死に対しての恐怖だったのかそれとも友に裏切られた事への悲しみからだったのか、
本人が息絶えた今となっては知る術は無い。

高延は政喜の身体からデイパックを引き剥がし、その遺体を近くの崖まで引き摺る。
崖の遥か下は白波打ち寄せる海。そこに政喜の死体を放り、落とした。
濃淡の灰色の狼の死体は海に落ちるとそのまま沈んでいってしまった。

「……馬鹿の奴だな……俺の友達だったつもりかよ?
今は殺し合いなんだぜ……ちっとは警戒しときゃあ良かったのに」

無警戒で自分に近付いてきた魔狼を蔑むように言う妖狐。


……良かったぁ、最初に会ったのがお前で……


「……」

最初の時の、政喜の本当に嬉しそうな、安心したような笑顔が高延の脳裏に過る。

「……チッ……忘れろ。俺は……まどかの所に……帰るんだ」

崖から離れ、未練を振り払うように高延は首を振った。


【浅井政喜    死亡】
【残り    44人】


【早朝/A-4崖上】
【日宮高延】
[状態]健康、口が血塗れ
[装備]???
[持物]基本支給品一式、???(1~2)、浅井政喜のデイパック
[思考]
1:まどかの元に帰るために優勝する。
2:政喜のデイパックを調べる。
[備考]
※特に無し。


※浅井政喜の死体は海に捨てられました。


≪キャラ紹介≫
【日宮高延(ひみや たかのぶ)】
26歳の雄の妖狐。狼にも似た風貌で引き締まった筋肉質な体つき。経緯は不明だが、
かなり昔から売春婦日宮まどかと一緒に暮らしている。まどかを溺愛しており依存している。
射精の量をコントロールすると言う無駄な技術の持ち主。軽くDQNな性格でもある。
俺オリロワ2nd初出、設定も準拠。まどかの友人浅井きららのパートナーの魔狼、浅井政喜とは交友関係。

【浅井政喜(あざい まさよし)】
18歳の雄の魔狼。濃淡の灰色の毛皮を持った引き締まった身体の巨躯の狼。
売春婦浅井きららと同居しているがどういう経緯でそうなったのかは不明。自宅警備員を自称している。
それなりに強い。早漏だがテクニックでカバーしている。きららの友人日宮まどかのパートナーの妖狐、
日宮高延とは交友関係。8歳年上だがタメ口を聞き「お前」呼ばわりしている(高延はちょっと不満らしい)。
俺オリロワ2nd初出、設定も準拠。


海は広いな大きいな 目次順 美味しいミルクは如何

GAME START 日宮高延
GAME START 浅井政喜 死亡
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。