なんか.hackには色眼鏡をしてしまう…


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お、おいさすがにいいかげんに――――」

《重剣》のアガットこと――というよりそのままアガットなのだが。
その彼は今たいへん困惑していた。
その原因は―――

「キサラギ―――、ユコ―――、先生―――」

現在絶賛感傷中の相棒、アリスが原因だった。
基本ロリコ…ではなく、子ども思いな彼はたじたじとなっていた。
しかし今回はそんな彼の性格が仇となってしまったらしい。

「――――もう許せないのっ!」
「あぁ?」
「痛いのっ!!!」
「お、おいお前!」

アガットが退くがもう遅い。
アリスの魔法がアガットを捕らえる!

「出る!出る!出るっ!!」

魔法がアガットの身体を次々と抉る。

そしてSPが尽きた時、攻撃をやっと止めた。

「――はぁはぁ、なの。私は…もう」

狂いだした彼女は止まらないっ!

 ◇

「っていうとこ悪いんだけどさ。やっぱこうしておかなきゃ」

そういうのはブラックローズ。
彼女はアガットに攻撃を加えたアリスを発見し、
それを止めようとアリスにかかったのだ。
それもアイテムによるSPを回復させないほど素早く、的確に。

「全く、もうこういうことはやめてほしいんだけどねぇ」

アリスは気絶している。
ブラックローズはアリスを殺すことはしなかった。

「さてと、カイトのとこにでも戻りましょうか」

彼女は知らない。
まだこのエリアには、
注意すべき人間が2人いることを。



【アガット・クロスナー@空の軌跡:ログアウト(死亡)】
【残り17人】

【1日目/朝/隠されし 禁断の 虚無】
【アリス@クリミナルガールズ】
[状態]気絶中
[ステータス]
LV:12 HP:178/212 SP:2/170
ATK:26 DEF:17 SPD:20
[装備]本
[道具]支給品一式、気魂×2、いやしの水×2
[所持金]384
[思考]
基本:殺し合いに乗る
1:…………………………………

【ブラックローズ@.hack】
[状態]健康、快速のタスマリン使用中
[ステータス]
LV:20 HP:253/277 SP:60/60
ATK:35 DEF:19 SPD:28(+5)
[装備]大剣、闘魂ハチマキ@空の軌跡
[道具]支給品一式
[所持金]672
[思考]
基本:打倒主催者
1:カイトと合流
2:この子をどうするか考える


【闘魂ハチマキ@空の軌跡】
攻撃するたびSPが溜まる。

呆気ない最後に唐突な登場 投下順 混濁する気持ち
どこにいってもロリコンダイブ アガット・クロスナー GAME OVER
どこにいってもロリコンダイブ アリス 剣帝VS黒き薔薇
赤い勇者と黒い薔薇 ブラックローズ 剣帝VS黒き薔薇
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。