幸福(プラス)と不幸(マイナス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(人吉くん…球磨川さん…)
江迎怒江はずっと考えていた。
病院に運ばれていたはずの自分が、なぜここに居るのかということも。
その原因となった腹部の傷が跡形もなくなっていることも。
そして、自分が何をすべきなのかも。
(私は、どうしたらいいの…?)
人吉善吉なら、殺し合いを止めるために動くだろう。
球磨川禊なら、殺し合いをめちゃくちゃにするために動くだろう。
それは、どちらも他人のための行動でありながら、まったく逆の行為。
一つは、人の幸せ(プラス)を守るための行為。
もう一つは、人に不幸(マイナス)を知ってもらうための行為。
ならば、自分はどう動く。
過負荷(マイナス)でありながら幸せになることを選んだ自分は、何をすればいいのだろうか。
人吉善吉。自分に、毎日味噌汁を作ってくれと言った男。
球磨川禊。転校から会計戦まで、自分を導いてくれた男。
「私は、なにをすればいいの…?」

「くだらないわね、そんなこと」

気が付いたら、数メートル先に華奢な女性が立っていた。
うすい着物に身を包んだ、二十代くらいの女性。


「何をするのかわからないなら、最初から何もしなければいいのよ」

女は言う。

「それすらできないというのなら」

女がこちらに近づいてくる。

「死になさい」

女の爪が急激に伸び、江迎の体を引き裂いた。


「あら?」
女―鑢七実はきょとんとした。
『忍法爪合わせ』で伸ばした爪は、江迎の肩から腹までを真っ直ぐに引き裂く筈だった。
しかし、実際には爪は肩のところで止まってしまっている。
そして、七実の指のみが、腹の位置に添えられている。
「ふうん、そういうこと」
至極つまらなそうに、七実は言う。
肩で止まったままの爪は、ドロドロに溶解していた。
「いいえ、この匂いは溶解、というより腐敗ね」
「そう…ですよ」
あの時、肩に爪が触れた瞬間に、江迎は爪へと手を伸ばしたのだ。
江迎怒江の持つ過負荷、『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』。
それは、あらゆるものを腐敗、劣化させることができる。
オン・オフが可能になったとはいえ、いまだその威力は健在。
爪を腐らせ、指から引きはがすことなど容易に行えることなのだ。
「腐らせるなんて、なかなかいいわね。いいえ、悪いのかしら」
ふらりと、七実は江迎から一旦距離を置く。腐り落ちた爪が、目に見える速さで伸びていく。
「だから、もう一度『見せて』くれる?」

戦闘が、始まる。


「『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』狂い咲きバージョン!」
江迎が土に手を触れた瞬間、地面から何体もの人型植物が出現する。
『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』狂い咲きバージョン・タイプ『マンドラゴラ』。会計戦で球磨川に教えてもらった技術の応用。
土を腐らせることにより腐葉土を生成し、植物を操り人型に成長させたのだ。
それを、七実はその場から動くことなく破壊していく。
襲いかかる植物を、ただ無作為に破壊していく。
江迎は思う。
この女は、危険だと。
この女は、自分を殺すことを雑草毟りくらいにしか考えていない。
それはきっと、人吉や球磨川と対峙した時も同じであろう。
そんなことは絶対にさせない。
この女は、自分が今ここで殺す。
戦闘が始まってはや二十分ほど。
その間に、江迎は七実の攻撃パターンをある程度見抜いていた。
見抜き、近づけそうで近づけない距離から攻撃を繰り返していた。
しかし、このままではいずれ体力切れで追いつめられるのは確実。
だから、機会をうかがう。
支給品を使う、絶好の機会を。
当たりそうになった攻撃を避けるように、七実が大きく後ろへ飛んだ。
(今!)
そう思った江迎の行動は早かった。
両腕を素早く袋の中に入れると、支給品―トンプソンM1A1を構える。
引き金を引き、全弾を七実へと発射する。
舞い上がる粉塵。倒れる七実。
終わった、と江迎は確信する。
しかし、


「そう、『これ』はそうやって使うのね」

逆再生のように起き上がった七実が、江迎と同じように銃を構える。

そして、

江迎の腹を、弾丸が引き裂いた。

「どう…して…?」
血を吐き地面に倒れながら、江迎は疑問に思っていた。
あの時、確かに銃弾は七実に当たったのではなかったのか。
当たっていないのなら、なぜ倒れたのか。
江迎は知らない。
七実が『忍法足軽』で銃弾が効かなかったことを。
倒れたのは、単に足元の袋へ手を伸ばすためだと。
七実が、江迎へと近づいてくる。
「これの使い方と面白いものを『見せて』くれてありがとう。お礼に」
七実が、江迎の顔へと手を伸ばす。
「あなたから『見せて』もらったもので殺してあげる」
手が触れた瞬間、江迎の顔がぐじゅりと腐敗を始めた。
「ああああああああああああ!!!」
痛みと苦しみが江迎の思考のすべてを塗りつぶす。
確信する。自分は、死ぬのだと。
(それ…でも…!)
自分は生きられない。
ならば、せめて生かすことに腐心しよう。
せめて、他の誰かが彼女に殺されない様にしよう。

七実の左腕を、江迎が握る。
江迎の顔と同じく、七実の腕も腐敗が始まる。
「…やめなさい」
七実が言う。しかし、江迎は離さない。
手を広げ、顔をさらに腐らせる。
それでも、江迎は離さない。
そこで七実は気づいた。
江迎がすでに、死んでいることに。
それでも、江迎は離さない。
「…ふう」
しかたない、とばかりに七実は右手の爪を『爪合わせ』で伸ばす。
そして、ちゅうちょなく左腕を切断した。
江迎の服をやぶり、片手で器用に止血を済ませると、七実は江迎の顔を踏みつぶす。
「草が、草が、草が、草が」
執拗に、完全に原型をとどめなくなるまで踏み続ける。
やがて、興味がなくなったとばかりに江迎から離れると、袋だけを回収し歩き出す。
「はあ、最初から腕一本失うなんて、先が思いやられるわね」
彼女は目指す。弟―七花とその所有者―とがめとの再会を。
それがなされるかどうかは、まだ、誰も知らない。

【江迎怒江@めだかボックス、死亡】
※江迎怒江の死体の足元にトンプソンM1A1(0/20)@現実が落ちています


【H-8・森/一日目・夜中】
【鑢七実@刀語】
[状態]左腕欠損、疲労(大)
[装備]64式小銃(17/20)@現実
[道具]基本支給品×2、トンプソンM1A1用予備マガジン×2、ランダム支給品0~4
[思考]基本:七花ととがめさんを探す
1:それ以外の人間は一応殺しておく
※参戦時期は四話~六話の間
※身稽古で『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』と銃器の使い方を習得しました

【トンプソンM1A!@現実】
江迎怒江に支給。125万丁が生産された機関銃。今回は予備マガジン2個をつけて支給。
【64式小銃@現実】
鑢七実に支給。日本製のライフル銃。予備マガジンは支給されていない。

『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』
江迎怒江の持つ過負荷(マイナス)。あらゆる物体を腐敗、劣化させることが可能。
応用で、植物を操る『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』狂い咲きバージョンがある。
今回は、参戦時期が会計戦後なのでオン・オフが可能。

フィリップのパーフェクト対主催教室 投下順 [[]]
実験開始 江迎怒江 死亡
実験開始 鑢七実 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。