最大限注意して


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「スネークさん、やっぱり道を間違えたんじゃないですか?」
「そうか?ちゃんと地図通りに進んだんだがな」

食料を求め、街に向かったはずの2人は、何故かG-5駅についていた。

「だって、ここ駅ですよ、どう見ても」
「確かに…まあ、探せば少しは何かあるかもしれん。」

スネークが先に進み、誰もいない事を確認して進む。
その後ろに、恭也が付いて行く。

(…殺気か…!?)

どこからか殺気のようなものを感じる。だがそれがどこから来るかはイマイチ掴めない。

「…誰かがいるようだ…気を付けろ」

とは言え、時刻はもう6時半。先程に比べるとかなり明るい。
こちらも敵を見つけやすいが、あちらもこっちの事がよく見える。

「スネークさん…上、見て下さい」
「ん?電灯が壊れている。誰かが壊したのか?」

今が真っ暗な夜だったなら、有効な戦法であっただろう、しかし今は…

「…罠ではないようだ。気にしなくてもいいだろう」

チャッ…。
「!」

銃の音が微かに聞こえた。
反射的に音がした方向に銃を構える。


「そこにいるのは分かっている。殺しあう気があるかないか答えろ!」
「…一緒に行こうぜ」

駅員室からゆっくりと出てくる三沢。

「…何だこいつは…まるで…ゾンビのようだ」

ふとパラメディックの話を思い出す。

「まさか、本当に存在するとは…ッ!」

瞬間、三沢の64式小銃が火を吹く。
何とか銃弾の雨をかわし、2人とも別々に隠れる。

「逃げ回っても意味はないぞ」

低い声で2人に呼びかける。

「スネークさん、どうしますか!?交戦しますか?」
「…俺が戦う。お前は隠れていろ」


さっきの銃撃で弾倉の弾全てを使い切り、リロード中の無防備な頭に狙いを一瞬で定める。
ドォン、と轟音が響き、三沢の頭を貫通する…はずだった。
弾はそれて、奴の左腕を吹き飛ばした。

「…諦めが肝心だよ。何事もね。」

左腕を吹き飛ばされたにも関わらず、何も無かったかのようにこちらを見る三沢。
だが、今ので腕ごと銃が飛ばされてしまった。
飛ばされた64式小銃を拾いにホームへ向かうが…

「!!うげぇぇぇ…」

――ホームには、太陽の光が差し込んでいた。
夜見島とは違って、太陽光が直に降り注ぐ。
落とした64式小銃も拾わずに、もの凄い速さで走り去っていった。

「逃げて行く…もしかして、光が苦手なのか?だから、ここの電灯も壊していたのか」

日光にあたり、落ちている左腕が消滅していく。
灰になった炭が、崩れていくように。

「…どうする恭也、この銃使うか?スコープが、さっきの衝撃で壊れてしまったが」
「念のために、貰っておきます」

【一日目・朝/G-5】
【ネイキッド・スネーク@メタルギアソリッドシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:M500@現実(4/6)
[所持品]:支給品一式、不明支給品(確認済み)
[思考・行動]
基本:ゲームには乗る気は無い。だが攻撃を仕掛けられたら応戦する。
1:今度こそ街の方へ向かう。そして仲間を探す。
2:ついでに食料も探したい。

【須田恭也@SIREN】
[状態]:健康
[装備]:64式小銃(20/20)@SIREN2
[所持品]:支給品一式、不明支給品(確認済み)、手裏剣セット(30個)@現実
[思考・行動]
基本:ゲームには乗る気は無い。
1:今度こそ街の方へ向かう。


日影を求め、森の中に駆け込む。
左腕を失い、なおかつ武器も失った。
しかし、新しい武器を探すにも、日中は殆ど動けない。
仕方無く、森の中で夜を待つことにした…

【一日目/朝/F-6:森】
【三沢岳明@SIREN2】
[状態]:闇人化、首輪無し、左腕欠損
[装備]:なし
[所持品]:なし
[思考・行動]:
1:一緒に遊びましょー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。