鎖の少女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ーーーーーどうしよう。

園原杏里は、a-2の路地裏にて、ため息を吐いていた。
鬱陶しかった妖刀“罪歌”の声がしない。つまり、罪歌による支配で味方を増やし、主催者に一矢報いることはできない。
更に、参加者には友人の紀田正臣、アイドルの聖辺ルリ。
そして、


ーーーーーー杏里が知る限り最も信頼できない最悪の男、折原臨也の名があった。


彼は危険すぎる。下手をすればシャーロックよりも。
杏里が罪歌を振りかざしたとしても、臨也はうやむやにはぐらかして逃げてしまうだろう。

折原臨也を殺す。
園原杏里は、デイバックのナイフを握りしめる。
後は不意討ちで簡単に、あの情報屋の息の根を止められる。
こうして、妖刀少女はゆるやかに殺し合いの負荷の渦にのまれ、堕落していく。
先に待つのは光か闇か、それともーーーーー?

【一日目/深夜/a-2】
【園原杏里@デュラララ!!】
[状態]健康
[装備]刻命のナイフ@コープスパーティー
[所持品]基本
[思考・行動]
基本:知り合いを守る。
1:折原臨也を優先的に探し、殺す。
2:殺し合いに乗る者は場合によっては…?
※八巻終了後からの参戦です
※罪歌の声は聞こえていません

投下順 メモリーズ・ラスト
時系列順 メモリーズ・ラスト
GAME START 園原杏里 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。