アウラの成長物語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふわふわと浮かぶように佇む少女。
アウラ。
彼女は今、隠されし 禁断の 聖域にて自らと同じ姿で模ろれた像を眺めていた。

「………………………」

その瞳に映るは、鎖に縛られた自らと同じ姿の像。
このアウラが『究極のAI』と呼ばれる理由。
それは「学習機能」をもっていること。
そうこの少女は「学習機能」をもつ。
先の数カ月の戦いで少女は色々学んだ。
その代表的なものは

〈自己犠牲〉。

それは真に人間らしい感情といわれる。
先の現実(リアル)にも影響を及ぼした戦いを終焉に持ち込めたのは
少女の自己犠牲という感情があったからだろう。
この少女は成長過程にある。
このゲームにおいて自己犠牲が正と動くか負と動くか、
はたまた新たに成長して、
この物語をハッピーエンドで完結してくれるかもしれない。
しかし場所が場所。このゲームは殺し合い。
負の感情を抱き徹底的にバッドエンドで終わらすかもしれない。
それはこれからの彼女の動向次第で、
その先々で出会う参加者、いやこの場合は親というべきか。
その影響を多大に受けることになるだろう。
アウラは学び、
参加者は教え、
主催者は消去を目論む。

「……この世界を守る…」

今は正として動く少女。
まだどう転じるかはまだ分からない。

ピンポンパンポーン

と。
間抜けな音が鳴り、放送が始まった。

「私は…」

そういって少女は空へと消えていった。


【アウラ@.hack】
「The World」の女神とも言えるAI。
究極のAIといわれ学習機能をもっている。

裏側にて 投下順 第一回放送(カオスな自己満足ロワ)
GAME START アウラ 成長過程(杏編)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。