人として軸がぶれている…ってレベルじゃねーぞ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出会った瞬間、二人の拳はぶつかり合った。
特に因縁があったわけでも、危険人物だと知っていたわけでもない。
答えは一つ、答えは単純。
野生の勘で感じたからだ。
こいつはやばい、と。
ぶつかり合った拳は衝撃波を発生させ、二人の体を吹き飛ばす。
しかし、吹き飛ばされた次の瞬間には、両社とも次の一撃の動作へと移っていた。
それから先は、嵐ともいうべき乱舞だった。
手と手が、足と足が、手と足が、足と手が、ぶつかり合うたびに衝撃を生む。
赤い女と、コートの男。
女はシニカルに、楽しそうに笑っているが、男はあくまで無表情。
それでも両者は拳を、足を、交え続ける。
戦いのボルテージは上がって行き、フィナーレへと達する。
最後の一撃。
それがぶつかり合った瞬間、
彼らは、空高く放り上げられた。


コートについた汚れを軽く払いながら男―大尉は考える。
あの女は一体何なのだろうか。
制限とやらで弱体化したとはいえ、人狼である自分と同等のあの力。
それをくらって尚、立ち上がり続ける肉体。
あきらかに人間の範疇から逸脱している。
しかし、あの女からは吸血鬼の類の気配はしなかった。
もしあれが人間であるというのなら、人間をやめるしかなかった自分が馬鹿らしく思えてくる。
袋から取り出した名簿を見る。
その先頭にあるのは、少佐が殺したかった存在。
少佐が戦争を仕掛けた相手。
この場にそいつがいて、もし自分と同じく制限を受けているのなら、
あるいは、自分でも殺せるかもしれない。
立ち上がり、帽子を目深にかぶりなおす。
探そう。
探して、殺してみせよう。
戦争犬(ウォードッグ)の自分には、これくらいしかできないのだから。
こうして、死にたがりの戦争犬(ウォードッグ)は歩き出す。
伯爵を殺すために。
あるいは、殺され生き返り、もう一度殺されるために。
【B-2・町中/一日目・夜中】
【大尉@HELLSING】
[状態]ダメージ(中)
[装備]なし
[道具]基本支給品、ランダム支給品1~3
[思考]基本:アーカードを探して殺す
1:島を周ってみる
2:アンデルセン、ウォルター、赤い髪の女は警戒
※参戦時期は死亡後
※制限に気づいています

「いってーなおい。思わず吹っ飛ばされちまったよ」
一方、赤い髪の女―哀川潤は頭をかきながら背伸びをしていた。
その姿は、とても生身で飛ばされたなどとは想像できない。
人類最強は伊達ではない、ということだろうか。
「しっかし、アイツはなかなかいい線いってたな。つーか本当に人間かよありゃあ」
自分のことは棚に上げ、先ほどの男を好きかってに言う。
まあ、その男は人間ではないのだが。
「さーてと、じゃあいーたん探しを再開するとすっか」
そして、何事もなかったかのように歩き出した。
人類最強。やはり底が知れず。
【B-3・町中/一日目・夜中】
【哀川潤@戯言シリーズ】
[状態]ダメージ(中)
[装備]なし
[道具]基本支給品、ランダム支給品1~3
[思考]基本:この殺し合いをぶち壊す
1:とりあえずいーたんを探す
2:一姫も探すか
3:コートの男とは再戦したい
4:零崎人識に会ったら今回は半殺しで許してやってもいい
※参戦時期はサイコロジカル~ヒトクイマジカルの間

堕ちる翼 投下順 ドSは続くよ何処までも
実験開始 大尉 [[]]
実験開始 哀川潤 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。