Eivll Bustars!(後編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白翼。発動するのは二度目だが、歩からすれば得体の知れない違和感の塊でしかなかった。

ーーーーー早く潰そう

すでに音に近い速度で接近する歩。反射のない彼が喰らえば即死だろう。

「無gty駄だloikっhyttrfつってンxngeだろォsgyhjが」

ノイズのような言語で、ただ白翼を盾にした。
衝突した拳は弾け飛び、受けきると歩の胸ぐらを掴みあげて、白翼のはためきを浴びせる。
音速の数十倍の速度で空を裂き、歩は焼失する。
最後の最後に。

「ごめgggggんなjuijj、ユー」

相川歩は確実に焼失し、死亡した。

「一方通行…おわっ、たの?」

「あァ、綺麗に終わらせたさ。………てめェももう駄目みてェだなァ」

傷は小さいが、内臓を貫通している。死はまぬがれないだろう。

「ええ。もう駄目ですね。……聞いてくれますか、私連続殺人鬼なんですよ」

「きっと犠牲者を百倍しても俺には届かねェよ」

京子は無視して続ける。

「なのに、そんな私が………死ぬのが怖い、死にたくないって言ったら、やっぱり許されないですよね………?」

いつしか京子はぼろぼろと涙をこぼしはじめていた。
一方通行は黙って見つめる。



「あなたといられて…何となく落ち着いたんですよ?なのに…、どうしてお別れしなきゃならないんですか…っ!」

「別れじゃねェさ。ーーーー俺はもう死ぬ。攻撃をもらいすぎたみてェだ。」

確かにそれは事実だった。正確には白翼を使ったときの代償。
ほどなくしてバタリ、と倒れ込む。

「こォともなりゃァ地獄だろォが何だろォが凱旋してやンよ」

「良かった……わた…し…もう………寂しく…ないよ…………ずっ……と…いっしょ……あくせら…れーた…やくそく…」

「ーーーーーあァ、そォだな」

数分後。二人の男女が安らかに眠った。

【相川歩@これはゾンビですか?】
【京子@これはゾンビですか?】
【一方通行@とある魔術の禁書目録】
【残り5/30人】

Eivll Bustars! 投下順 bad or happy?
Eivll Bustars! 時系列順 bad or happy?
Eivll Bustars! 相川歩 GAME OVER
Eivll Bustars! 一方通行 GAME OVER
Eivll Bustars! 京子 GAME OVER
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。