Eivll Bustars!

放送から数時間経過していた。源静香の容態は安定し、意識も取り戻した。
一方通行は上条の名が呼ばれずどこか安堵していた。
しかし、一方通行はおもむろに電極のスイッチを入れる。チッ、と舌打ちすると、風向きから他の参加者がすべて一エリアに集まっていると知る。静香を掴みあげると、

「上条って奴に会え。確実に信用できるからなァ」

「え…ちょっ…!?」

かなりの速度で静香を飛ばす。行き先はb-2だ。気流操作の演算は完璧。

「一方通行!?なにを…」

「あれを見ろよばァか。……あンなのからガキを守りながら戦えンのか」

拳を血塗れにし、木を薙ぎ倒す狂戦士。
京子もすぐに魔装少女になり、かつての宿敵、相川歩を見つめる。

「やンぞ京子。血みどろのパーティーだ」

ベクトル変換した拳。歩の拳と激突すると、衝撃波が生まれた。
京子は竜巻を歩に向けて放つが、拳の前には効果はない。
しかし想定内だ。一方通行はその間に接近し、左腕を勢いよく引きちぎる。
次の瞬間、拳が一方通行の腹部に叩き込まれた。反射するが、強い衝撃が襲う。
がっ、と呻き、追撃をモロに浴び、吹っ飛ぶ。
そして、電極が破壊された。

殺意の権化の黒翼が噴射される。速度はないが、翼は歩に迫っていく。
歩はそれを避けながら、付近に落ちていた釘をおもむろに拾い上げ、時速数百kmで投擲した。
京子の胴体に穴が開き、ゆらっ、と倒れ込んだ。
そのとき、一方通行の纏う殺意が、何か違うものになって。


背中の翼が割れ、純白の翼が現れた。

あまりに酷な過負荷の暴虐 投下順 Eivll Bustars!(後編)
あまりに酷な過負荷の暴虐 時系列順 Eivll Bustars!(後編)
はじめてのぜん 一方通行 Eivll Bustars!(後編)
まどかアーチャー(後編) 相川歩 Eivll Bustars!(後編)
はじめてのぜん 京子 Eivll Bustars!(後編)
はじめてのぜん 源静香 bad or happy?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。