”彼””彼女”の望む永遠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一回定時放送が響いた。死者はなんと参加者の半分に達した。

「嘘だろ……?阿久根先輩、江迎…畜生ォォおおおおお!!」

「のび太くん…スネ夫…うぅっ」

「杏子…あなたまで…。」

皆一様に死を嘆き悲しむ中。恋人、直枝理樹を失った来ヶ谷は、ふらり、と揺らいだ後、鋭くほむら達を睨みつける。

「理樹君を……返せぇぇえええええええええッ!」

デイバックの中身を取り出す。中身はC4爆弾。とある都市によって開発された小型手投げモデルのそれを持ち、来ヶ谷は牽制する。

「駄目だよ、唯湖さん!そんなことしたら…」

来ヶ谷の耳にはドラえもんの言葉など届かない。C4は投げられた。ほむらに向かったそれは、ドラえもんがほむらを突き飛ばして回避できた。
が、直後C4は起爆して、ドラえもんを木っ端みじんに吹き飛ばした。
来ヶ谷はもう一つの武器、コルトバイソンを取り出すが、ほむらも同時にデイバックのIMIウージーを取り出す。捨て身の賭けだったが、命は惜しくなかった。

「私は死なんて恐れない。まどかのためなら、何千回だって死ぬ覚悟はできてるのよ。あなたこそ覚悟はいい?」

「殺す」

「おいおい待てって!殺し合いなんか…」

もう、誰にも声は届かない。
始まる殺し合いは止められなかった。そして、無機質な終わりは間もなく訪れる。ほむらのウージー弾は来ヶ谷の胸に吸い込まれた。
殺った。が、来ヶ谷はまだ倒れていない。

「すまない、理樹君。やはり私は悪役には向かないな」

ダァン!と銃声が響き、ほむらの腹から血が噴出した。来ヶ谷はもう事切れており、ほむらも倒れた。

「ま…どか……ぁ。ごめんね、約束、守れなーーーー。」

ほむらが息絶えたとき、善吉は呆然としていた。
終わってしまった、そう思ったとき

「何してるのかなあ、善吉ちゃん」

これから始まる希望という名の未来を 投下順 正義の行方
これから始まる希望という名の未来を 時系列順 正義の行方
「普通に戦うだけさ」 来ヶ谷唯湖 GAME OVER
「普通に戦うだけさ」 ドラえもん GAME OVER
「普通に戦うだけさ」 暁美ほむら GAME OVER
「普通に戦うだけさ」 人吉善吉 正義の行方
どこまでも過負荷に振り切れて 球磨川禊 正義の行方
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。