たったひとつの希望


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

救えなかった。幻想殺しの少年に課せられた現実はあまりにも重かった。
理樹とさやかを助けられたのに。自らの力量が足らなかった、と上条当麻は痛感した。

「ちくしょうッ!理樹、すまねえ…救えなかった!」

フィアンマを止めると意気込むヒーローなどどこにもいなかった。ただ、運命を悲観した少年。上条当麻は堕落しかけていた。

『ねえ』

突然メモ用紙が差し出される。銀のガントレット筆談少女ユーの方を見た瞬間。
平手打ちが、上条の頬を打った。ユーは毅然として上条を見据え、“声”として言う。

「あなたは堕落しちゃ駄目。あの少年が正しいと言ったあなたが、絶望したら本当に世界が終わってしまう」

ユーは若干涙ぐんでいた。ネクロマンサーとはいえ、彼女もつらかっただろう。
上条は自分の顔を殴り、立ち上がる。

「ありがとう。危うく、フィアンマに屈しちまうとこだったよ。俺は上条当麻。一度フィアンマを倒したことがある」

『ユークリウッド・ヘルサイズ ユーでいい 親しい人はそう呼ぶから』

【一日目/夜明け/b-3】
【上条当麻@とある魔術の禁書目録】
[状態]決意
[装備]なし
[所持品]基本一式
[思考・行動]
基本:このゲームを潰す
1.ユーを守る。もう誰も死なせない。

【ユークリウッド・ヘルサイズ@これはゾンビですか?】
[状態]疲労(大)
[装備]なし
[所持品]基本一式、筆談セット
[思考・行動]
基本:殺し合いには乗らない。

鮮血の結末(マイブーム) 投下順 「普通に戦うだけさ」
鮮血の結末(マイブーム) 時系列順 「普通に戦うだけさ」
遙か彼方-僕らのstory- 上条当麻 これから始まる希望という名の未来を
遙か彼方-僕らのstory- ユークリウッド・ヘルサイズ これから始まる希望という名の未来を
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。