痛覚残留


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

b-3廃村の診療所にて、蝶ヶ崎蛾ヶ丸は眉を潜めていた。“過負荷”の人間である蝶ヶ崎が動揺したのは、同胞江迎怒江の死体を見たからであった。死体は胸を刺されていて、即死と思われた。近くには眼鏡の少年の死体も転がっていたが、プラスの人間には興味がなかった。

時を同じくして、相川歩とリルルは診療所にやってきた。しかしただよう死臭から、殺人があったとは理解していた。
まさかそこに居るのが、彼の同居人を殺害した張本人だとは微塵も知らずに。

「うっ…。ひでえな…間に合わなかったか!?」

「………あなたが殺したの?」

「いいえ、私はこの方々には手を出していませんよ。まあ、小さなアホ毛の少女なら、丁重に殺害させていただきましたけど」
蝶ヶ崎の言葉に歩は心当たりがあった。自分の周りの非日常。同居人の魔装少女ハルナのことが。
歩は堅く拳を握りしめ、蝶ヶ崎に問いかける。

「……へえ。お前、それってこの子じゃないよな?」

「ええその方ですよぅ。あなたの名前を言ってましたが、私の過負荷で潰しておきましたが?」

歩はいきなり地面を蹴る。ゾンビの力を使った急加速。拳は前に。蝶ヶ崎に向かった。

「死ね」

蝶ヶ崎は“不慮の事故”を使って歩の力を移動させる。750%の一撃を移された診療所は崩壊する。
蝶ヶ崎はチェーンソーで反撃するが、歩の拳はそれを砕いてしまう。

万事休す。蝶ヶ崎は柄にもなく追いつめられるが、長期戦は必至だ。

「まったくうるさいなあ。…プラスみたいだね?蛾ヶ丸ちゃん、助けてあげるよ」

最悪の救世主、球磨川禊が、そこにいた。

すれ違いの切なさ 投下順 忘却録音/矛盾螺旋
すれ違いの切なさ 時系列順 忘却録音/矛盾螺旋
壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム) リルル 忘却録音/矛盾螺旋
結局世の中不慮の事故 蝶ヶ崎蛾ヶ丸 忘却録音/矛盾螺旋
壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム) 相川歩 忘却録音/矛盾螺旋
少年は世界に一人きり。だから少年は神様だ。 球磨川禊 忘却録音/矛盾螺旋
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。