前方のキノコの暴走に気をつけてください


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

17話 前方のキノコの暴走に気をつけてください

「まったく、何も見つからないとか、困ったもんだぜ」

D-1沼付近、底なし沼の周りには小さな住宅街があり、そこをすべて探索したが何もなかった。
彼女、霧雨魔理沙は探索を終え、沼の前にいた。
知り合いどころか、人にすら合わなかった。

「まったく、ほんとに人が居るんだろうなってほどだな…」

彼女は立ちあがったその時、声が聞こえた。
叫び声のような、そんな声が。

「誰かいるのか?」

その声がだんだん近づいてきた。
そして現れたのは


白いキノコのような妖怪?だった。


「……ぷっ」

思わず吹き出してしまった。
しかし、そんな和やかなムードになるとはならなかった。

ドドドッ

という音とともに、魔理沙の体が地面に落ちた。

「お、お前……まさか……」
「もう、もう嫌なんですよ、」
「何が、だ、、よ」
「マリオさんはいないし、さっきの人はずっと後ろで話しかけてきてるし…」
「バカ…言うな…!」
「……え?」
「何やったか知らないが…お前は…殺そうとするのか?」
「分からない…なしをすればいいのか分からないんですよ…」

「だったら、人を殺すっていうのか!!」

「!!」
「お前には希望がいるんだろう?そいつがいるなら、頑張ってみろよ…」
「……ごめんなさい、ごめんなさい」
「……ああ」

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

(悪いな…霊夢、私はここまでのようだ)
(もし、あの世で会う事があったら……)
(その時も、今までのように楽しいといいな)

【霧雨魔理沙@東方project 死亡】
【残り 32人】

【一日目/黎明/D-1】
【キノピオ@マリオシリーズ】
[状態]幻覚症状あり、精神状態不安定
[装備]H&KG36(13/30)
[所持品]基本支給品 H&KG36のマガジン(3) 不明支給品0~2
[思考・行動]
基本:??????
0:ごめんなさい…
1:??????
[備考]
※マリオサンシャインからの参戦です。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

(面白そうな奴がいますね…)
隠れて見ていた彼女は、セレスティアルーデンベルクだ。
超高校生級のギャンブラーで、この殺し合いでも、ギャンブラーに相当する姿勢で臨んでいた。
(もしあのキノコが、私を守る騎士となれば、大分有利でしょうね)
彼女の考えは、キノピオに自分を護身させ、使えなくなったら殺す。
そう言う風に使うと考えていた。

「苗木誠、彼だけは警戒しないといけませんね」

彼ならすべてを0にしかねない。
私に、敗北という字を突き付けた少年なら。
彼女は、再びキノピオを見つめた。
自分の駒にするタイミングを見極めるために。

【一日目/黎明/D-1】
【セレスティア・ルーデンベルク@ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生】
[状態]健康
[装備]なし
[所持品]基本支給品 不明支給品1~3
[思考・行動]
基本:他人を利用して優勝する。
1:まずはあのキノコを利用する。
[備考]
※Chapter3終了からの参戦です。
青木兄妹の悪夢、そして憂鬱 時系列順 鬼さんこちら、手のなる方へ
青木兄妹の悪夢、そして憂鬱 投下順 鬼さんこちら、手のなる方へ

間違った判断は誤解しか招かない キノピオ 精神崩壊ゲーム
START 霧雨魔理沙 死亡
START セレスティア・ルーデンベルク 精神崩壊ゲーム
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。