遙か彼方-僕らのstory-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パァァアアアアアァァアアアン!!という音と同時に、ユーの頭を砕くはずの闇が消失した。
さやかは光の無い瞳をゆらり、と動かし、面倒くさそうに乱入者ーーー上条当麻を見つめた。

「何者だ、てめえ。魔術師か!?」

「あはは。当ったりー。あたしは魔法少女……魔女を殺し尽くす兵器♪」
理樹がユーの前に立ち、彼の支給品の電子制御シールドを構えてさやかを待つ。
さやかは再び狂ったように笑い始めると、再び闇の翼を広げ、理樹ごとユーを殺そうとする。
理樹は攻撃からユーを守り、叫ぶ。

「何でこの子を狙うんだよ!?ただの女の子じゃないか!」

「ただの女の子ぉ?あははは!傑作だよね!その子は人間じゃないよー。私は魔法少女だから雰囲気で分かるの。化け物は殺さなきゃダメでしょ?」
ユーの瞳が揺らぐ。彼女自身が忌まわしいと感じるネクロマンサーの力。
ここでも足を引っ張るのか。というやり場のない虚無感にユーはおそわれていた。

「ふっざけんじゃ…ねえぞ……!何が化け物だ!人間じゃなかったら生きてちゃいけねえのかよ!?違うだろうが!」
突然上条が激高した。彼の友人に、ひとりの少女がいる。

「黙れ!おまえにあたしの何が分かる!……ふ、ぐぅッ!?がァァァあああああっ!?」

激しい憤怒による魔女化。こんなことをするのは一人しかいない。フィアンマが操作をしているのだ。
とっさに上条はさやかの闇を殴りとばし、魔女化を解除する。追撃の左ストレートがさやかの顔を捉え、そのままはねとばした。
しかしすでに、何もかも遅すぎた。ユーめがけて、一本の闇の長剣が飛来したのだ。速度はほとんど音速。
ザシュウッ、という音と同時に、紅い鮮やかな血が飛び散った。

「理、樹。理樹ィィいいいいいいいっ!」
理樹はユーの盾になって串刺しにされていた。すでに肉体は闇に消えはじめ、消失しだしている。

「理樹…畜生ッ!俺がちゃんとしたヒーローだったら!くそォォおおおおおッ!」

理樹は、消え逝きながらも微笑んで言った。

「当麻はもう十分なヒーローだよ。これは…僕もヒーローになりたかったから、かな。でもいいよ。当麻は心配しちゃいけない。」

一拍の間を置いて。

「当麻が正しいことは、ほかの誰でもないこの僕が証明してあげるからさ」

完全に直枝理樹は消滅した。最後まで他人の為に戦い、他人のために彼は死んだ。

「あはは、は。あはははははははははははははははははははははっ!」
魔女化の解けたさやかにとって、人殺しという事実は受け入れられなかったのだろう。
奇声を上げながら、自らの奥歯で自らのソウルジェムを噛み砕いて、そのまま二度と起き上がりはしなかった。

【直枝理樹@リトルバスターズ!エクスタシー】
【美樹さやか@魔法少女まどか☆マギカ】    死亡確認
【残り23/30人】

【一日目/夜明け/b-3廃村】
【上条当麻@とある魔術の禁書目録】
[状態]健康
[装備]なし
[所持品]基本一式、不明2
[思考・行動]
基本:このゲームを潰す

【ユークリウッド・ヘルサイズ@これはゾンビですか?】
[状態]罪悪感
[装備]なし
[所持品]基本一式、筆談セット
[思考・行動]
基本:殺し合いには乗らない。


スネ夫、大長編になるとすぐへたれる。 投下順 数多の殺意、奔流。
スネ夫、大長編になるとすぐへたれる。 時系列順 数多の殺意、奔流。
ふたりのヒーロー 直枝理樹 GAME OVER
悲哀の螺旋/怪物ふたり 美樹さやか GAME OVER
ふたりのヒーロー 上条当麻 たったひとつの希望
悲哀の螺旋/怪物ふたり ユークリウッド・ヘルサイズ たったひとつの希望
とある世界の中心で――――――――。 フィアンマ 第一回定時放送
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。