悲哀の螺旋/怪物ふたり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

b-3廃村。野比のび太と江迎怒江が球磨川禊に殺害され、空も白みかけたころ。時間にして午前4時。
皮肉にも自らの大切な人、相川歩に倒された少女美樹さやかを、ユークリウッド・ヘルサイズは介抱していた。
ユーはネクロマンサーである。言葉を現実にする力を持つ地獄の使者。
だが、「回復して」という言葉は通じなかった。ネクロマンサーの力は完全に封印され、ユーは今や筆談するただの個性的な甲冑少女である。フィアンマはユーの筆談用にメモ用紙とペンを用意するという計らいを見せた。
そして美樹さやかの纏う闇が一気に戻る。パァァァアアアアン!とユーが吹き飛ばされ、さやかがゆらり、と立ち上がる。

ユーの驚異的な筆談速度も意味を成さない。一撃でユーをたたき伏せる。とどめの闇の翼がユーの頭に、迫る。

【一日目/夜明け/b-3廃村】
【ユークリウッド・ヘルサイズ@これはゾンビですか?】
[状態]全身にダメージ(中)
[装備]なし
[所持品]基本一式、筆談セット、不明1
[思考・行動]
基本:打倒主催を目指す
※ネクロマンサーの能力はすべて封印されています

【美樹さやか@魔法少女まどか☆マギカ】
[状態]魔女化
[装備]なし
[所持品]基本一式、不明2
[思考・行動]
基本:すべて滅ぼす


少年は世界に一人きり。だから少年は神様だ。 投下順 疾走する魔術師のパラベラム
少年は世界に一人きり。だから少年は神様だ。 時系列順 疾走する魔術師のパラベラム
GAME START ユークリウッド・ヘルサイズ 遙か彼方-僕らのstory-
壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム) 美樹さやか 遙か彼方-僕らのstory-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。