神が下す審判


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

破壊臣と呼ばれた男、阿久根高貴は絶望していた。
理由はただ一つ、この殺し合いに最悪の敵、球磨川禊が参加しているからに他ならない。
「裏の6人」をあっさり倒した男が、殺し合いに乗らないはずがない。

「俺が殺さなきゃならないんだ。球磨川だけは、生かしておけない」
もちろんフィアンマも倒すが、目先は球磨川だ。どんな力かは知らないが、彼の力なら簡単に殺せるだろう。

「よし、そうと決まればーーーーー」
ブワッ、という音がした。次の瞬間、左手に猛烈な熱さを感じる。
見れば、阿久根の左手の肘から先が消失していた。傷口は炭化し、出血を許さない。
がっ、と左手を押さえてうずくまる阿久根。脂汗をかきながら見つめた先には、左目が空洞になり、溶接の光が輝き。右腕からはレーザーのアームを生やした異形の女だった。

「お、前は・・・・・・・・・!何者だ!?」

「つーかさ。いちいち説明すんのも面倒なんだわ。だから何も言わずに死んでくれねえかなぁ三下ァ!」
女の左腕の先から、不健康な白色の光が放出される。
阿久根はとっさに支給品の金属バットを構えて突撃する。経験からぎりぎりで光を避け、女の頭をねらう。

しかし女はレーザーアームでバットを掴み、焼き切る。女はデイバックから一丁のショットガンを取り出し、阿久根に発砲する。弾丸は阿久根の左耳を吹き飛ばすが、反動の硬直中に銃を奪い、距離を取って女に向ける。
そんな時、女の口元が動いた。言葉は発しなかったが、阿久根は口の動きからはっきり理解する。

ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね・。

ほぼ絶叫しながら阿久根は女に発砲する。しかし女は驚異的な身体能力で弾丸を避け、逆に光ーーー『原子崩し』を放つ。
阿久根の右足が吹き飛び、今度こそ絶対的な『チェックメイト』となる。
女はショットガンを取り上げると、阿久根の頭に向けた。侮蔑の視線を放ちながら嘲笑する女。

「つーわけで王手だ、クソが!ギャハハ!」

「そうだな。でも俺の一番の後悔は、愛する人を守れなかったことだ。君に殺されたことじゃない」
ドゴン!という轟音とともに阿久根高貴は絶命した。

【阿久根高貴@めだかボックス】 死亡確認
【残り28/30人】



【一日目/深夜/a-1 学園】
【麦野沈利@とある魔術の禁書目録】
[状態]健康
[装備]ショットガン
[所持品]基本支給品、不明支給品1
[思考・行動]
基本:優勝して浜面仕上に復讐する。
1:一方通行を警戒。
※原作19巻終了後からの参戦です

麦野沈利が立ち去ったあと、鹿目まどかは現れた。

「ごめん・・・なさい。見てたのに、助け、られなくて」
鹿目まどかはフィアンマには会っていない。とある“声”と対話した。
聞き覚えがある声。何だったかもはっきり覚えている。あれが何かは分からないが、あれは確かにーーーー

「キュゥ、べえ?」
【鹿目まどか@魔法少女まどか☆マギカ】
[状態]健康、強い罪悪感、麦野への恐怖
[装備]なし
[所持品]基本支給品、不明支給品1
[思考・行動]
基本:殺し合いには乗らない。
1:ほむらちゃんに会いたい
2:さやかちゃん、マミさん、杏子ちゃん・・・どうして・・・?
※アニメ十話終了後からの参戦です。
※さやか、杏子、マミを偽物だと思っています

※阿久根高貴の死体は校庭脇に放置。

壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム) 投下順 精神崩壊観測
壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム) 時系列順 精神崩壊観測
GAME START 阿久根高貴 GAME OVER
GAME START 麦野沈利 疾走する魔術師のパラベラム
GAME START 鹿目まどか 数多の殺意、奔流。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。