気付いた時には遅過ぎる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

27:気付いた時には遅過ぎる

「……! な、何だ、これ……」

警察署を訪れていた青年、杉原豊和は凄惨な光景を目の当たりにする。
尻をぐちゃぐちゃに潰された少女の死体が転がっていたのだ。

「うぷっ…」

漂う血の生臭さに思わず鼻を塞ぐ。

「一体、どうやればこんな事になるんだ…!? ……っ……」

妹のため殺し合う決意をし、一人殺害した身だが、それでも悲惨な状態の死体を見ると気分が悪くなる。
楽しみながら嬲り殺したと言うような感じだ。

「……」

手を合わせようかとも思ったが、自分も人殺しである。そんな資格は無いだろう。
とは思いつつ、やはり豊和は少女の死体に手を合わせ目を瞑り黙祷した。
その後、近くに転がっていた少女の物と思しきデイパックの中を覗いてみるが、基本支給品しか入っていない。
この少女を殺害した者が奪って行ってしまったのだろう。予想はしていたが。

「めぐみ…」

凄惨な死体を目にした事により、義妹・めぐみの事が更に心配になる豊和。
どこにいるか全く見当もつかない。果たして今元気でいるのかすら、知る術が無いのだ。


「……」

豊和は考える。自分がやっている事は明らかに間違っている、それは最初から分かってはいた。
これからも続けるべきなのだろうか? 自分が今しなければならないのは、
妹のために他人を殺す事より、まず妹を捜す事なのではないのか?
だが――既に自分は一人を殺害してしまっている。あの黒部直高と言う狼獣人の青年を殺害した時、
自分はもう後戻り出来なくなってしまった。豊和はそうも考える。

「…駄目だ。駄目だ駄目だ駄目だ…迷うな。俺は決めたんだ。めぐみを…あいつを…優勝させるって!
そのために、他の奴らは全員殺さなくちゃいけないんだ…そう、殺さないと……」

後悔し迷いかけた自分の決心を必死に戻そうと、豊和は自分に言い聞かせる。

「……他には誰もいないのか……放送も近いし別の部屋で、待つか……」

壁に掛けられていた時計で時刻を確認し、豊和は死臭漂うオフィスを避け別の部屋で放送を待つ事にした。

「…めぐみ…無事でいてくれよ…」


【朝/D-2警察署二階オフィス】
【杉原豊和】
[状態]良好
[服装]私服
[装備]S&WM686プラス(6/7)
[持物]基本支給品一式、.357マグナム弾(14)
[思考]
1:妹のめぐみを優勝させる。自分は自害するつもり。
2:めぐみ以外は殺す。放送を待つ。
[備考]
※杉原めぐみは義理の妹です。
※自分の行動に迷いを感じています。


特命リサーチ 時系列順 撲殺天使ヒムロちゃん
特命リサーチ 投下順 撲殺天使ヒムロちゃん
I protect a younger sister 杉原豊和 離れていても
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。