とある世界の中心で――――――――。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やっと目が覚めたか?幻想殺し」
暗闇の中、少年上条当麻の前に、見覚えのある男が立っていた。
赤髪をなびかせて、不敵な笑みを浮かべるのは、上条当麻最大の敵、フィアンマ。

「何しやがる気だ、てめえ………。まだ世界を変えようなんて思って」

「いや、残念だが私は君に倒される前の時間軸の”フィアンマ”だ。つまり君は未来から来たというわけだ」

そして、フィアンマはゆっくりと語った。
フィアンマの描く世界救済――――――、殺し合いにより発生する負の感情を集め、世界をリセットする。
だから」こそ、たった一つの願いをかなえる条件付きで殺しあいをすること。
首輪が爆発すれば、いかなる人間さえも即死すること。

「イカれてんじゃねえのかお前!殺し合いだと!?」

「まあ落ち着けよ、ヒーロー。お前の首輪を起爆したっていいんだぜ。まあ、そういうことだ。これでやっと傍観者になれる」

次の瞬間、上条の視界を眩い光が遮り、そして世界は暗転した。

【マイブームバトルロワイアル 開幕】

                    【残り30/30人】
GAME START 投下順 結局世の中不慮の事故
GAME START 時系列順 結局世の中不慮の事故
GAME START 上条当麻 ふたりのヒーロー
GAME START フィアンマ 遙か彼方-僕らのstory-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。