愚奔舞狐

7:愚奔舞狐

「まどか…どこにいるんだ…まどか」

B-4市街地にて、巨躯の雄妖狐、日宮高延は同棲相手の銀髪売春婦日宮まどかの姿を捜し歩いていた。

「早くお前のマ○コに俺の極太肉キャンデーを突っ込みたい…」
「ね、ねぇ、そこの狐さん」
「ん」

いやらしい事を想像する妖狐に、スーツ姿の狐獣人の若い女性が声を掛けた。

「…何だよ?」
「あの、殺し合いに…乗ってる?」

恐る恐る、狐女性、千葉望は高延に尋ねた。

「…乗ってねぇよ(今の所はな)」
「そ、そう、良かった…私もよ」
「お前、俺が『乗ってる』って答えてたらどうした訳? 俺の事殺す気だったの?」
「まさか! そんな事出来ないよ…に、逃げるつもりだった」
「ふぅん…」

バッ

「きゃっ…!?」

いきなり高延が望に飛び掛かり押し倒し、鋭い牙を喉元に当てた。
少しでも動けば無事では済まない、望は冷や汗が流れるのを感じた。

「言っておくけどよ…本気になった俺から逃げられるとか思うなよ。死ぬぜ? マジで」
「……! ……ッ」
「…安心しろよちょっと脅かしただけだ。悪かったな」
「……っ」

牙が望の喉元から離される。とりあえず命は助かったと、望は安堵した、が、
もしかしたら自分は離し掛ける相手を間違えたのかもしれないと後悔し始めていた。

「俺は日宮高延。日宮まどかって女と暮らしてる。お前、銀髪のエロい女に会わなかったか?」
「い、いや…会ってないよ…私は、千葉望」
「そう、か…望。俺と一緒にまどかを捜してくれ」
「う、うん。良いよ。宜しくね、高延」
「ああ」

出来る事なら今からでも妖狐と別れたかった望だったがその話を切り出す勇気はとても無かった。
その後、適当な建物の中に入りお互いの支給品を確認し合う。

「俺は…コンバットナイフだ」
「私は…銃だ…ベレッタM92FS…うあ…本物…」

生まれて初めて手にする実銃に息を飲む狐女性。
黒光りするそれを持っていると不思議と力が湧くような錯覚に見舞われた。

「さて…と…」

高延は自分のデイパックから地図とエリア表示機能付懐中時計、コンパスを取り出す。

「……ここら辺はエリアB-4か……西に行くとショッピングモール、
東北に行くと……健康センター…ねぇ……どうするかな…」
「ま、任せる」
「そうだな…取り敢えず…うん、近いショッピングモールから攻めていこう」

行き先をショッピングモールに決定し、荷物を纏めた高延は望を引き連れ、
ふさふさの尻尾を揺らしながら愛する銀髪の女を捜しに向かう。

だが、彼は知る由も無い。愛する女性はもうこの世にいない事を。


【早朝/B-4市街地】
【日宮高延】
[状態]良好
[服装]無し
[装備]コンバットナイフ
[持物]基本支給品一式
[思考]
1:まどかを捜す。殺し合いをする気は今の所は無い。襲われたら戦う。
2:望を連れて行く。
[備考]
※日宮まどかの死を知りません。

【千葉望】
[状態]良好
[服装]仕事用のスーツ
[装備]ベレッタM92FS(15/15)
[持物]基本支給品一式、ベレッタM92FS予備マガジン(15×3)
[思考]
1:殺し合いはしたく無い。脱出したい。
2:高延と行動。でも、大丈夫だろうか……。
[備考]
※特に無し。


≪オリキャラ紹介≫
【日宮高延(ひみや たかのぶ)】
26歳の雄の妖狐。狼にも似た風貌で引き締まった筋肉質な体つき。経緯は不明だが、
かなり昔から売春婦日宮まどかと一緒に暮らしている。まどかを溺愛しており依存している。
射精の量をコントロールすると言う無駄な技術の持ち主。軽くDQNな性格でもある。

【千葉望(ちば のぞみ)】
24歳の狐獣人の女性。ムチムチ巨乳ボディな以外はごく普通の会社員。
エロゲやギャルゲー、そっち方面の同人誌同人ゲームが好きで給料は多くをそれに次ぎ込む。
いわゆる「藻女」に近い状態で彼氏はおらず処女。興味のある事に対する行動力は凄い。


コンプレックスと親近感 時系列順 I protect a younger sister
コンプレックスと親近感 投下順 I protect a younger sister
GAME START 日宮高延 今そこにある危機
GAME START 千葉望 今そこにある危機
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。