超電磁砲、緑の弟の最悪の状況


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10話 超電磁砲、緑の弟の最悪の状況

「ねぇ、弟君」
「なんですか?御坂さん」
「攻撃してきたってことは、私達はどうするべきなのかな?」
「さあ、どうしましょうね」
「……」
「まったく、心ここにあらずって感じね」

ちなみに簡単な状況説明

協力することになった御坂美琴とルイージをジル・バレンタインが襲った。

説明終了。
「とりあえず、逃げる事を優先した方がよさそうね」
「そうですね」
「……」
H&KUMPを構えるジル。
それに対して何も持っていない二人。
どう見ても二人が逃げ切れる可能性はない。

(……電撃でどうにかなりそうな相手じゃないわね)

そう、勘ではあるが相手には絶対に勝てない。
御坂美琴は思う。
単純な戦闘能力なら学園都市の中でも勝てる人間はいないだろう。
しかしこちらには超電磁砲という隠し玉がある。
今は惜しんでいる暇はないが、生憎砲弾の代わりになるものがなかった。
(……ただの電撃じゃあ切り抜けられる可能性が高い)
考えているところでルイージがジルに向かって走り出した。
「お、弟君!?」
「御坂さんは逃げてください!」
「え?」
「この先に住宅街があるはずだ!そこまで逃げてください!」
「で、でも貴方が!」
「僕は大丈夫ですよ!」

「マリオブラザーズには、不可能はないんです!」

「……分かったわ」
「絶対に戻ってきなさいよ!」
「了解です!」
御坂は後ろも振り向かず走り出した。
そして、見えなくなったところでジルが襲ってきた。
「わざわざ待ってくれるなんて、優しいですね」
ジルがH&KUMPを乱射する。
一面に乱射され、どこに避けても体を銃弾が撃ちぬく。
しかし、常識を外すのがマリオブラザーズだ。
左、右、どっちに避けてもダメなら。

上に避ければいいのだ。

高く跳びあがり避ける。
そして急降下してジルに攻撃する。
が、ジルもそれをよける。
「……」
「これは逃げた方がいいな…」
ルイージも逃げる。
しかしジルは追わなかった。
理由は分からないが、追わなかった。
そして、ジルはゆっくりと歩き出した。
【一日目/深夜/F-2西部】
【ジル・バレンタイン@BIO HAZARDシリーズ】
[状態]健康、胸に投薬装置
[装備]H&KUMP(0/30)
[所持品]基本支給品 H&KUSPのマガジン(1)
[思考・行動]
基本:皆殺し。
1:先ほどの敵を危険人物と認識。
以下は本来の人格
?:?????
[備考]
※胸に投薬装置をつけられているどこかからの参戦です。
※クリスがこの場にいる事を知りました。

☆ ☆ ☆

「早く御坂さんに合流しないと……」
でも、大丈夫か…?
嫌な予感しかしない。
でも、行くしかないな。
ルイージは、足を速めた。
【一日目/深夜/F-2東部】
【ルイージ@マリオシリーズ】
[状態]健康
[装備]なし
[所持品]基本支給品 不明支給品(1~3)
[思考・行動]
基本:主催への対抗をする。
1:御坂さんと合流する。
2:兄さんとも合流したい
[備考]
※Newスーパーマリオブラザーズからの参戦です。
【一日目/深夜/F-3住宅街内部】
【御坂美琴@とある魔術の禁書目録】
[状態]健康
[装備]なし
[所持品]基本支給品 不明支給品(1~3)
[思考・行動]
1:弟君を待つ。
2;上条当麻、白井黒子との合流。
[備考]
※少なくとも上条当麻に恋心を抱いているところからの参戦です。

間違った約束は押し付けでしかない 時系列順 それは幸運か不運か
間違った約束は押し付けでしかない 投下順 それは幸運か不運か

START 御坂美琴 探し人オーバーラン!
START ルイージ 探し人オーバーラン!
START ジル・バレンタイン 鬼さんこちら、手のなる方へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。